fbpx

CBDを試す前に知っておくべきこと

Pocket

CBDを試す前に知っておくべきこと

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。

 

CBDは大麻成分なのに「hi」になりません 意外に感じる方が多いと思いますが精神高揚になる成分は多くありません 大麻は地域により成分変化が起きる酵素量が変わり、それによって成分量に変化が起きます。

 

大本の成分はCBGと言います CBDはCBGと酵素が化学反応を起こして変化します。

 

・大麻成分は同じ成分が酵素により変化します
CBGA→CBDa→CBD

CBGA→THCa→THC        
CBGA→CBG   ↑
                 ↑  ・光(紫外線)、熱、酵素により
        脱炭酸化(CO2が抜ける)により変化します。

・同じ成分から違う酵素で変化しています  
大麻もマリファナも呼び方が違うだけで基本、同じ植物です。
CBGaが変化する酵素が地域で違いがあるそうです。(日本が昔から繊維用途として育てているのはCBDaに変化する酵素の系統みたいです)
同じ植物と言っても品種がありますから一概に言えませんが大きく言うと同じ植物、地域差、品種で変化する酵素が違うみたいです。

 

マリファナは大麻(麻)です 地域の違いでTHCに変化を起こす酵素量が多い大麻を言います。
THCは精神高揚しますがアルコール程度だと考えて良いみたいです。
THCは精神高揚成分ですが体にとって害ではなく有益な成分です海外では薬として扱われている成分です。
麻薬扱いされていますがそれは、戦後すぐに大麻を研究せずに作られた法律が変わらずに使われているためです。
薬としても利用可能、アルコールに近い高揚成分ですがアルコールと比べると害は少ない成分なのです。

 

今まで一部の精神高揚成分が注目され続けましたが最近になって大麻成分CBDが注目され始めました。
カナダでは大麻を完全開放しました その影響もあってアメリカでは法改正を行い工業用大麻(CBD成分が多く生成する麻)を違法植物から通常の農作物にしました。
アメリカ連邦はまだ、完全に全ての成分を認めていませんが州法律では認めている州もあり、今後更に大麻が開放される流れができていることは確かです。
法改正のおかげでアメリカではCBD成分が大流行しています 食品として認可はされていないにも関わらず私のショップで取り扱っている健康食品の大麻抽出成分オイルやCBD入りインスタントコーヒー、CBD入りチョコレート、CBD入りグミ・・・・街中ではCBD入りコーヒーを販売するカフェ 
雨後のタケノコのように製品化されています その中には表示濃度よりCBD濃度が低いものや入っていない物など乱立しているそうです。

 

 

 

これは中小企業のお話でした。
しかし、大企業がCBD成分に注目しているのです。
最初に名乗りを上げたのはコカ・コーラボトリングです。
CBD入りドリンクを近年発売予定だとか

 

コカ・コーラがCBD入りドリンクを販売予定報道から2ヶ月後にビール飲料のバドワイザーがCBD入りビールを販売予定との発表がありました。
CBDは人体に相性の良い副作用の少なく、精神高揚成分ではない大麻の成分です。
病気の症状改善に関しては研究中ですが個人で利用して家庭治療として利用されている方の報告が多く安全に利用できる事も魅力です。

 

マリファナ(精神高揚成分THC濃度の高い大麻)に関しては開放される流れが遅いと思いますが、健康に貢献できるCBDは日本でも浸透して欲しい成分です。
アメリカのように大麻(CBD濃度の高くTHCが少ない麻)を開放して欲しいものです食用として自宅で育ててみたいです。
とにかく、大麻規制は時代遅れです 今後の国の対応に期待しています

 

 

 

 

 


 

 

 

 

CBDを試す前に知っておくべきこと

あなたが米国に住んでいるところはどこでも、あなたはおそらくCBD、またはカンナビジオールがどこにでも、そしてすべてのものに – 最近ではあることに気づいたでしょう。
この分子は大麻に常に存在していましたが、それは最近文化的な注目を浴びていて、チンキ剤からエンパマダに至るまですべてのものに現れています。

 

ただし、CBDを含む製品の突然の選択は、新しい消費者にとっては圧倒的なものになる可能性があります。
CBDが以前に考えたことではないのであれば、大麻を使ったのが初めてなのかどうかにかかわらず、CBDをどのように自分の生活に取り入れるかについて多くの質問があるのは当然のことです。

 

幸いなことに、棚やオンラインで見つかったたくさんの新製品は、すべての小売業者がこれで新しいというわけではありません。
CBDPureは、2016年以来、消費者が質の高い麻由来のCBD製品を見つけるのを手助けしてきました。彼らは、30年もの間毎日何百もの質問に答えてきたので業界。

 

以下に、このカンナビノイドについてのよくある質問と、あなたにぴったりのCBD製品の見つけ方について、CBD業界のベテランチームからの意見をまとめました。

 

 

CBDは私を「高く」しますか?
あなたが大麻を「高い」と考えるとき、あなたはおそらくTHCの効果、頭痛の幸福感に関連する精神活性物質、そして不安や記憶障害のようなあまり望ましくない効果を考えています。
一方、CBDは、痛みの緩和や弛緩など、植物のいくつかのプラスの効果と関連している間、消費者を率直にしたままにします。

 

CBDはあなたを高くするわけではありませんが、CBDが適切に分離されていないと、微量のTHCが最終製品に残ることがあります。
だからこそ、彼らが販売している製品を定期的かつ徹底的にテストするCBDサプライヤーを探すことが重要です。

 

 

 

 

人々がCBDを探す一般的な理由は何ですか?
CBDが非常に人気がある1つの理由は、その有用性のためです。
CBDPureの職員は、炎症との闘いから不安を和らげるためのあらゆるもののためにCBD製品を求めている多くの異なる種類の人々を見てきました。
人々は子供の頃の行動問題、月経の緩和、ADHD、疼痛管理、さらにはペットを落ち着かせるためにさえもCBDを使用します。

 

多くの患者がCBDが彼らを助けると逸話的に理解している間、新たな研究はCBDがてんかん、不安、PTSD、不眠症、慢性疼痛および炎症を含む状態からの軽減と関連しているかもしれないことを示します。
でもお楽しみに!CBDの利点についてこれまで以上に多くの研究が行われており、Farm BillはCBDの潜在的な利点に関してより具体的な回答を提供することを約束するさらなるテストへの扉を開いた。

 

 

CBDの適切な投与量は?
これは、今後のCBDについてのさらなる研究から恩恵を受けるもう1つの分野です。
今のところ、彼らのために働く線量を見つけるのはすべての患者次第です。
特定の体調に対処しようとしている人のために、CBDPureチームは一般的に一日あたり10から15ミリグラムの範囲から始めて、消費者が彼らが探している効果を達成するまで徐々にその用量を増やすことをお勧めします。
始めたばかりのお客様にとって、CBDPureの600 mg CBDオイルまたは750 mgソフトジェルは、適切な用量を見つけ始めるための素晴らしい方法です。

 

 

CBDを服用するための最良の方法は何ですか?
あなたのCBDを取得する方法はたくさんあります。
CBDPureの最も人気のある製品は、CBDオイルとオイル入りソフトジェルです。
両方のオイルは同じ方法で製造されているので、消費者のライフスタイルに最も適した消費方法を試すことを提案します。
味に敏感な人のために、CBDオイルの素朴で、わずかにナッツのような自然の風味を隠すソフトゲルは、始めるのに良い場所かもしれません。

 

 

CBD製品が良いかどうかはどうすればわかりますか?
CBDPureがこの面で探すことを示唆していることがいくつかあります。
まず、消費者は成分を熟読し、使用している製品に十分に高い濃度のCBDがあることを確認する必要があります。

 

 

CBDPureチームはまた、製品中のカンナビジオールがどのように抽出されたのかを監視することを推奨します。
CBDPureは、過酷な化学溶媒を含まず、環境にやさしく、無毒であるため、加圧二酸化炭素を使用して麻植物からCBDを抽出するCO2抽出プロセスを採用しています。

 

それをさらに安全にするために、消費者はCBD製品を伴うために第三者実験室からのテスト結果を探すべきです。一例として、CBDPureのチームは、カンナビノイド濃度だけでなく、農薬、微生物、重金属、および残留溶媒がないことを理解するために各製品をテストし、それらの結果を顧客と共有します。

 

 

 

 

CBDは合法ですか?
これはまだ米国では扱いにくいものです。
2018年12月、農業法案としても知られる2018年の農業改善法が施行されました。
初めて、それは国の大麻生産を灰色の領域に入れる条項を含みました。
具体的には:それは米国農務省の権限の下で合法的な麻、または0.3%以下のTHC含有量を持つ大麻を有効にした。

 

しかし、FDAのようなCBDを規制することに関心を持っている他の機関はまだ秤量していません。
農場法案は規制物質法の下で麻工場の地位を変えましたが、CBDの地位はまだ石で書かれていません。
簡単な答えは、しかし、大麻植物はCBDを含んでいるということです、そして適切な規制の下で、それは大麻製品を栽培して、分配することが完全に合法です。

 

 

 

引用先    leafly.com

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

麻の大麻油

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »