fbpx

大学医師がCBDを消費する最善の方法を説明

Pocket

 

大学医師がCBDを消費する最善の方法を説明

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。

 

 

本文抜粋です
「例えば不安のある成人は、有益性を示している研究では1日当たり300〜600ミリグラムを摂取しているかもしれません。」
↑こちらの研究者はCBD単体の効果を確認した結果を伝えています。
私のショップでもCBD単体成分、結晶99%を販売しています。
500mgで4980円です。
これを1日で消費して毎日繰り返すとかなりの金額になります。
研究で300mg~500mg利用した方の臨床試験はあります。
確かに効果があることが確認されています。

 

今日、私の自宅に来て吸引機を使って99%CBDを蒸気化したものを吸うことが出来る機会を使ったかたがいらっしゃいました。
その方は実感があまりありませんでした。
彼はCBDを娯楽に使えないかと期待していたみたいですが・・・私は娯楽としてCBDを利用してもそんなにすぐ実感が起こる成分とは思っとていませんのでお薦めはできないと思います。

 

私の感想ですが、使うなら茎成分そのままを抽出した成分を健康目的で利用することが一番実感が湧くはずです。
舌下、湿布を利用して体内に取り込み、CBDを大麻の他の成分の相乗効果でCBD単体を大量利用するより継続的に体に取り込み続ける方法が良いように思えます。
当然ですが家庭療法として利用するならそれなりに量は多くなることを前提になります。

 

私は健康維持のため食後にビンに付属しているスポイト1本分(15滴程度)を利用しています。
家庭療法される方はスポイト1本の量を2時間間隔で利用されたり、ガーゼにCBDオイルを沢山染み込ませて常に皮膚から浸透し続ける方法になるはずです。

 

CBD単体を500mg毎日摂取すれば副作用も出やすいはずです大量のCBDをいきなり摂取すれば副作用は出やすいです。

 

 

私の販売している茎抽出オイルでも利用は4滴程度から始まり、回数が増えるたびに1滴、2滴増やしていき体調が良いと感じるまで増やし続ける方法を勧めています。

 

 

「CBDを摂取する人にとっては、単独でまたは炭水化物の多い食事の後に吸収するのは約4〜6 CBDのパーセント。
あなたが高脂肪の食事の後にそれを取るならば、あなたは16から20パーセントまで吸収することができますが。」
知らなかった情報がありました(多分、腸内の吸収率だと思います)
高脂肪の食事をすることで吸収率が上がるそうです。
CBDは脂質成分なので言われてみると理解できます。
まぁ、研究で使っているCBDは純度の高い結晶化した粉末のCBDのはずです。
一度、オイルと混ぜて湯煎すると溶けます。
その状態で摂取すると良いのかも知れないですね 薬として利用する場合でもオイルと混合してCBDを溶かしたオイルを利用するほうが良いと思います。
医薬品、おそらくカプセルにCBDを入れた物を経口摂取する方法の話だと思います。
舌下吸収、外皮湿布吸収は別の話みたいです。

 

他にもCBD吸収率は個人差があり、利用量が人によって大幅に違うことを上げています。
これに関して私は、人により実感できる量が違うことは利用者の報告で理解していました。

 

単体のCBD成分利用する前提の医療薬としてのCBD
健康食品として成熟大麻茎を抽出してCBD以外の多くの成分を一緒に利用することで体に良い効果を期待するCBDオイルとの違いを理解いただき研究者のインタビューを読んでください 研究結果を持っている大学病院の医師がCBDを利用することなくデーターだけの結果を追い求めている方の話しなので信憑性は薄くは感じますが・・・

 

 

 

 

 

 


 

 

インタビュー:ニューヨーク大学医師がCBDを消費する最善の方法を説明

 

 

 

 

2月、保健省は、12月からFDAが「飲食物にCBDを追加するのは違法である」との判決を言いながら、市内のすべてのレストランやバーにCBDを注入した製品の販売を中止するよう命令し始めたと発表した。
禁輸措置は今年の夏まで延期され、市議会議員(および保健委員会委員長)のMark LevineはGothamistに、禁止を通らないようにするための法案に取り組んでいると語った。
しかし、6月30日の期限までに準備が整うかどうかは不明であり、地元のビジネスオーナーは、CBD製品が新しい規則に該当するのかどうか、そして変化するCBDの状況にどのように対応できるのか、まだ疑問に思います。

 

CBDユーザーにとって物事がはるかに明確になるわけではありません。
CBD、別名カンナビジオールは、大麻植物で見つかる80以上の天然に存在する活性化合物のうちの1つです。
しかしそれは精神活性テトラヒドロカンナビノール、別名THC、雑草をその余分な卵形を与える化合物に欠けています。それはあなたを高くはしないので、CBDのためのアプリケーションは一見無限です。

 

2年前、あなたはたぶんCBDのことさえ聞いたことがある多くの人々を見つけられなかったでしょう。
今、それはコーナーボーデガスで利用可能などこにでもある製品です。
今でも、CBDが何をしているのかを正確に説明できる人を見つけるのは困難です。

 

不眠症や不安症からクローン病や線維筋痛症まで、多種多様な疾患に効果があると人々は主張しています。
それはウェルネス業界、急成長している合法的なマリファナ業界、そして代替医療界の間の究極の関連点となります。
また、それに行って非常に少し研究、および任意のkind-のさえ少ない見落としがあった特にため、その偉大な誇大広告とかなり懐疑論の主題作られている1つの、最近の研究で 70%近くだったことがわかっオンラインで注文CBD製品の数十を評価しました正確にラベル付けされていません。

 

 

 

フィクションから事実を分離しようとしていることを期待して、我々は彼がにつながった研究の先頭に立って、2013年以来、密接にCBDを研究している博士オーリン・デビンスキー、NYUランゴーンの総合てんかんセンターの所長に話を聞いたFDAが承認含有する第一の薬剤を重症型のてんかんに関連する発作を軽減するために使用されるCBD、Epidiolex。

 

あなたがCBDの用法と利点について集めた科学的発見のいくつかは何ですか?CBDはユニークな分子です。
それは脳内のさまざまな受容体に作用し、そのうちのいくつかはCBDに比較的独特であり、確かに6つ以上の異なる受容体に作用する方法の組み合わせはCBDに非常に独特である。
我々は証明しており(その効果)、それはいくつかのまれなてんかん症候群をその形態のCBDで治療するためのCBDのFDA承認につながった。
エピジオレックスは現在市場に出回っており、これらの疾患を患っている患者に利用可能です。

 

しかし、動物実験や小規模な人間の研究から得られる追加のデータがたくさんあり、CBDは不安から自閉症、不眠症の人の睡眠誘発、睡眠障害、炎症性障害など、他のさまざまな障害に役立つ可能性があります。
それは非常に広い範囲の潜在的な用途があります。
しかし、私が説明した小範囲のてんかん性障害以外では、動物データによって裏付けられていることはありますが、それ以外はすべて概説です。
私たちは本当にもっと多くの情報を手に入れる必要がある段階にあります。

 

あなたはそれが多種多様な病気を治療するために使用することができると主張するという意味で人々が銃を飛ばしたと思いますか?昨年の人気は爆発的です。
確かに、医学と科学が進歩する限り、私たちは医師または研究者、そして研究対象である両親の患者または子供たちの両方を対象とした慎重に計画され実行された試験を通してそれをやろうとするのです。
誰もが偏っているので、彼らのどちらも彼らが彼らが何をしているかを知りません。
そしてCBDにはそれほど多くの誇大宣伝と宗教があります – そして私はそれを裏付けるデータがないのに強い信念があるという意味での宗教を意味します。

 

そしてCBDは薬です。
はい、それは当然のことですが、二重盲検試験から、ある場合には非常に重篤な副作用があることがわかっています。
体重減少、下痢、肝臓酵素の上昇。それはそれが薬であり、他の薬と相互作用し、そしてそれは天然ではあるがそれが潜在的な利益と危険性を持つということである。

 

 

 

 

あなたはCBDに興味があり、彼らは彼らの地元のレストランやボデガでそれを見ていて、彼らがそれを買ってそれを取ってみたいと思う人々にあなたは何を勧めますか?私は彼らが理想的にそれについて教育されるべきであると思います。
彼らはそれについて読むべきです。
彼らは評判の良い組織からのものであるウェブサイトまたは他の情報源に行くことを試みるべきです。
一つの方法は、PubMedのような国立医学図書館であるサイトに行くことです。
そして、カンナビジオールをタイプすれば、おそらくあなたが不安、自閉症、または不眠症を治療するためにそれを使用することに興味があるなら、あなたはおそらく数千の記事を得るでしょう。
そのキーワードを追加して、少なくとも科学データが何であるかを見始めることができます。
どのような服用量を服用しているかを知ることも、他の薬と同様に重要です。そのため、多くの個人、例えば不安のある成人は、有益性を示している研究では1日当たり300〜600ミリグラムを摂取しているかもしれません。
それでも、コロラド州またはカリフォルニア州のいずれかで、ニューヨーク州の人々に大麻由来のCBDを出荷するという信頼できるオンラインソースから入手した場合、月額300ドルから400ドルの費用がかかる可能性があります。
それで、多くの人々がはるかに低い線量を使うでしょう、しかしそれらの低い線量が効果的であると示されていません。
ですから、私たちが持っているすべての病気を治療するのが次の万能薬であり、それよりはるかに短いデータであると考えるのは、みんながこの大きな切り離しをしているだけだと思います。

 

 

私の理解では、人々に薬を服用することを推奨する唯一の方法はないということです。
誰もが量に対して異なる身体反応をしているからです。
そして私が言われたことはあなたが試行錯誤をしなければならないということです、そしてそれは素人の観点から非常に不正確に思われます。
はい、あなたが提起する問題の1つはボデガにあると思います。
今、あなたが彼らに「CBD」を与えている同じ供給元を持っていても、あなたがボデガに行くなら、あなたは彼らがCBDから得るもののバッチがどれほど一貫しているか、消費している。
それで、同じ場所に行って、あなたが正確に同じ線量を得ていると思ってさえ、線量は途方もなく変わるかもしれません、2、3、4倍の変動があるかもしれません。

 

その場合、どの程度の量が重要ではないと見なされますか。
私はそれがあらゆる薬や薬のように異なる人々によって変わると思う人もいますが非常に敏感な人もいれば非常に鈍感な人もいます。
そのため、通常、成人1人あたり30ミリグラムが非常に低用量のCBDになると思いますが、そのような種類の用量から有益なまたは副作用が生じることもあります。
他の多くの人は1日に100から600ミリグラム以上の範囲で服用しています。

 

それに加えて、現時点で知っているのは非常に少数の一般人ではありませんが、私はそれが重要なポイントだと思います。
CBDを摂取する人にとっては、単独でまたは炭水化物の多い食事の後に吸収するのは約4〜6 CBDのパーセント。
あなたが高脂肪の食事の後にそれを取るならば、あなたは16から20パーセントまで吸収することができますが。
それは大きな違いです。
それはそれが評判の良い供給元からの30ミリグラムのカプセルであってもそれはさまざまな疾患を治療するための医薬品としてそれを使用している人々のために高価であるので、あなたは高脂肪の食事やおやつとそれを取るべきです。そしてそれはオリーブオイルからワカモレアボカド、リブアイステーキのカップル刺されまで何でもあり得る。
しかし、脂肪が含まれているものは吸収力とあなたのドルの価値を大きく高めます。

 

それは魅力的です。
なぜなら、人々がCBDを注入した食品や砂糖を製造し、それをカフェイン入りの飲料やアルコールに入れているのです。
そして、それが実際にそれを使用しているのか、それともその効果を鈍くしているのかについて多くの質問がありました。
それは複雑です。
カフェインやアルコールのようなもののほとんどはまだ研究されていないので、科学者や医師は謙虚になる傾向があると思います。起こる」

 

 

 

 

非常によく特徴付けられているTHCとCBDの興味深い相互作用があります。
THCは脳内の受容体を刺激します。
これは、CB1またはカンナビノイド1受容体と呼ばれる、THCの精神活性をもたらすものです。
それはCBDがその受容体をブロックすることがわかった – それほどひどく強くはないが、それはそれをブロックする。
したがって、少量のTHCと大量のCBDを消費する人々にとって、THCの影響の多くを完全に排除していないとしても、あなたは劇的です。
多くの人がそれらの2つを一緒に消費するので、それはそれが心に留めておくべき何かです。

 

そうです、そして、組み合わせTHC / CBDである特定の州で販売されているCBDのバージョンがあります。
もちろん、ニューヨーク州も含みます。
だから私はニューヨーク州とニュージャージー州の両方の医者です。
彼は州の医療用マリファナプログラムの一部です。
そしてそれはまさに正しいです。
あなたが処方することができる薬の大部分は、もしそれらをそれらの医療調剤プログラムにそれらを薬と呼びたいならば、CBDとTHCの組み合わせです。
それから、カリフォルニアやコロラド州のように合法的または娯楽的な他の州の薬局に行く人々にとっては、それらの薬局が持っていることの大部分は組み合わせになるでしょう。
彼らは純粋なTHCと純粋なCBDを持っているかもしれませんが、それらの両方を組み合わせた準備の大部分。

 

 

THC / CBDハイブリッド製品は実際にはTHCの影響を一掃するので、私はこれが正しいことを確認してみましょう。
たとえば、CBDが20ミリグラム、THCが0.5ミリグラムなので、CBCの比率はTHCよりはるかに高いとします。
そこには、0.5ミリグラムのTHCが単独で摂取した場合の影響を劇的に減らすのに十分なCBDがあります。
だからCBDは実際にTHCの精神活動を弱めるでしょう。
THCは、脳内で機能する多くの場所でCBDが行うことに実際には影響を及ぼさないこと、そしていくつかの場所ではそれらが他の受容体に対しても同様に作用するように思われることを最もよく知っています。
しかし、THCにその高い生産性または精神活性特性を与えるものであるCB1受容体に関しては、THCが受容体を刺激する一方で、CBDは実際にはその受容体の穏やかな遮断薬である。

 

あなたは発作患者に対するCBDの効果を見ていました。
Epidiolexが市場に出た今、あなたの研究は今何に焦点を合わせていますか?私はCBDとCBDVの他のいくつかの試験に関わってきました。
これは自閉症の人を治療するのに関連する別のカンナビノイドです。
また、私は不安障害にも注目しています。

 

CBDが不安に与える影響について、何らかの予備的な結論や考えがありましたか。
私はそれが彼らがそれを取ることに興味がある理由について多くの人々が引用する理由であることを知っているので。
CBDが不安を持つ人を助けることを裏付けるいくつかのデータがあると思います。
私はニューヨークとニュージャージーの処方者として私の実務でそれを見ました。
しかし、それは逸話的なデータであり、私達はもっと厳密な科学的データを得ることが切実に必要であると思います。それは私達の多くが今やろうとしていることです。

 

あなたは自分でCBDを使ったことがありますか?
私はそうではありません。
いいえ、幸いなことに私はそれを必要としている進行中の医学的疾患はありませんので、服用していません。

 

 

引用先    http://gothamist.com

 

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

必要な唯一のCBDユーザマニュアル

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »