fbpx

誇大宣伝?それでもCBDは実際に驚くべきものです。

Pocket

誇大宣伝?それでもCBDは実際に驚くべきものです。

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。

 

日本で言うところの厚生労働省、FDAの関与が始まり、落ち着いてきたと思いますが未だにCBDの効果を誇大した宣伝は多いようです。

 

例えばCBD入りコーヒー、インスタントコーヒーにCBDを入れた商品が人気だそうです(CBDは食品認可がおりていません)
あるメーカーはスーパーボールのハーフタイムスポンサーになれるほど売れました。
純度の高いCBDを入れたインスタントコーヒーですが、CBD単体ですと効果の実感出来るCBD量は多くなります。

 

1杯のコーヒーに10mgは必要になると思いますが実際のCBD含有量はそこまで多くはないと思います。
CBDが安くないからです。

 

 

CO2臨界圧力抽出法は高圧なため機器も高いため、コスト率が悪くなります。
コスト率は悪いのですが食品利用目的にりようするのでしたら安全な方法です
私の予想ですが中国製の溶剤を使った抽出物は安く手に入ります しかし、食品用には向きません(安いCBDは中国製が多いと思います)
しかもかさ増したCBDのはずですから・・・CBD量が少ない、品質悪い・・効果を実感出来るか非常に疑問です 大企業なら信用できますが目先の利益が強い中小企業が作っていますからとても信用出来ないのです(CBDを簡単に検査できない事も理由にあります)

 

 

 

 

紹介サイトの文に誇大広告のおかげで? CBDはプラセボ効果(偽薬の暗示効果)が強く治療に役立っていると言っていますがニセ薬効果は30%程度あるそうですがそれ以上の反響に思えてなりません
科学的に証明が難しい可能性があります理由は石油合成薬を基準の調査だからです。

 

CBDは利用量が決まっていない事、それに条件が揃っていると効果が出ているように感度ます。
CBD単品利用ではなく大麻茎抽出物を利用することが良い結果が出ているように思えます。
以前、別サイトの話ですが研究者がCBDを利用、吸収してから体調の変化を調べました。
多分、CBDカプセルを経口摂取して腸吸収の時間だと思います。
およそ40分でした。
CBDオイルだと利用方法が違います舌下に垂らして舌の裏側の血管から吸収させ、後は自然に飲み込みます。
舌下の吸収を使っているので40分より早く実感できると思います。
一番早く効果を感じる方法は電子タバコなどに利用するCBDe-リキッドです。
こちらは10秒以内に血流に乗って脳に届きます。
短所として、効果時間が短いです。

 

効果は大麻抽出物をそのまま利用した品が利用量が少なくても効果があることが確認されています。
相乗効果ではないかと言われている理由です。
そのような理由からCBD単体成分を利用することは私はオススメしていません

 

私はお客様にCBDオイルをすぐに飲み込まずに舌下に垂らす利用を食後に勧めています。
理由は食後、味覚が鈍くなるからです。
本当なら漢方薬みたいに食間、食前30分前等に利用が良いのでしょうが、味覚が鈍る食後は利用しやすいタイミングですので私は食後を勧めています。

 

医療大麻、単体CBD、大麻茎抽出物 この3つの利用報告が混ざっているようにも思えますが・・・実際のところどうなのでしょうか?

 

 

 

 

ネットのブログなどに利用報告が大きいことは確かです。
科学調査ではCBDは痛み抑制効果は確認されていないのですが、痛みの根源である炎症抑制効果が強いため結果的に痛みが収まっているように思えます。

 

抽出物はCBD以外にも多くの大麻成分が存在しています相乗効果の可能性が非常に高く、利用者の良い利用結果があったと思います。

 

 

 


 

 

 

 

誇大宣伝にもかかわらず、CBD分子は実際にはかなり驚くべきものです。

 

CBDは間違いなく膨らんだ期待のピークに向かって叫んでいますが、それは純粋な苦情ではありません。
実際の分子とそれが私たちの体と相互作用する方法はかなり素晴らしいです。

 

ニューヨークタイムズ誌に書いて、Moises Velasquez-ManoffはCBDの治療的使用の歴史(法的禁止とマリファナのTHC含有量を増やすための何世紀にもわたる徹底的な繁殖の両方のおかげで必然的に決定的)これはCBDの産生を抑制している)。

 

小規模な研究と個人的な実験は、豊富な逸話を生み出したが、確かな結論としてはそれほど多くはなかった。
息をのむような商業的な宣伝とCBDを摂取することで人生が変わった真の信者の両方のおかげで、それはすぐに変わるかもしれません。
州レベルの合法化(およびカナダの国内合法化)をきっかけに、CBDの科学およびより厳格な製造基準(多くの「高CBD」マリファナ製品にはCBDがほとんどまたはまったくありません)でルネサンスがあります。
これらから健康上の利点を主張する人々は、プラセボ効果のいくつかの組み合わせを経験しており、ちょうど本当に高くなっています)。

 

予備的データは、CBDが65の細胞標的を持ち(「CBDは一種の全身マッサージを分子レベルで提供するかもしれない」)、オピオイド依存症から治療に使用されてきた非常に広範囲の症状と病理を説明できることを示している。
「自閉症スペクトラム障害…膠芽腫と呼ばれる攻撃的な脳腫瘍…骨髄移植患者における移植片対宿主病の発生率を減らす」など。
それまでの間、実際のCBDベンダは、実際には健康上の主張をしていません。
なぜなら、FDAは(たしかに)そのような理由でそれを切り取るように彼らに言ったからです。

 

 

 

 

 


それでも、何千年もの間、人々は比較的少ない副作用で大麻そのものを使用してきました。(これらは口渇、嗜眠およびパラノイアを含むことがあります。)
THCはCB 1およびCB 2受容体にヒットしますが、CBDがどのように機能するかはあまり明確ではありません。
それは複数のシステムと相互作用するように思われる。
人体中の天然カンナビノイドの量を増やす。
従来のSSRIが対象としている「手触りが良い」分子機構の一部であるセロトニン受容体との結合。
GABA受容体を刺激し、神経系を落ち着かせる働きをします。
65以上の細胞標的で、CBDは分子レベルで一種の全身マッサージを提供するかもしれません。

 

ニューヨークのシナイ山の神経科学者であるYasmin Hurdによると、この生化学的混乱はCBDが医学的に有望と思われる理由の1つです。
現代の神経科学はしばしば一つの経路または受容体を標的にしようと試みる、とHurdは私に言った。
そのアプローチは科学的に研究するのがより簡単ですが、それはしばしばネットワーク全体の問題であるものに対処しないかもしれません。
「脳は交響曲についてです」と彼女は言います。
そしてCBDは「シンフォニー全体を調和させることができる」と彼女は疑っている。

 

 

引用先  boingboing.net

 

 


 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

必要な唯一のCBDユーザマニュアル

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #神経系 
 #炎症抑制  
 #向精神作用 
 #CBD 割引  
 #脳腫瘍
 #骨髄移植 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »