fbpx

退職者たちがCBDブームに飛び込み、それを愛している。専門家によると、試す前に知っておくべきこと

Pocket

退職者たちがCBDブームに飛び込み、それを愛している。専門家によると、試す前に知っておくべきこと

 

 

 

フランスサイトからの引用です。

 

労働退職者の女性の話です。
以前は痛みを石油合成薬で抑えていた時期もあったようですが、現在はCBDを使い痛みをコントロールしているそうです。

 

彼女はCBD1000mgのCBDを89ドル(約1万円)の商品を購入して使っているみたいです。
ENDOCA300mg三本分の金額ですねCBDも出始めは非常に高かったのですがかなり価格が落ち着きました。
私が初めてアメリカ製のCBDオイルを買ったのはCBD総量が250mg程度だったはずです価格は15000円・・・うる覚えですがその程度の値段でした。
当時は医療大麻が話題でCBDは注目されない状態でしたTHCがガン細胞に効果化があると言われていた時代です。

 

確かにTHCは効果があります。
日本で本来の利用禁止理由は医療用としての成分なので乱用防止目的であったことです。
現在は合成麻薬が反乱しているためTHCも麻薬部類の扱いですが覚せい剤みたいに体内で麻薬反応があるわけではありません違う効果です。

 

麻の成分の素晴らしさは人間の体に相性がよく、現時点で毒性が大きくないことです。
毒性があるとして、ネズミに大量のCBDを強制投与した実験では肝機能がCBDを分解しきれずに死んだ情報がありましたが人に例えたら・・・ネズミ体重が100gだとして50kgの人間に例えるとすると500倍の量を使うことになるでしょう
実験というか利用量の上限確認程度の話ですねネズミの場合、一日500mg~1000mgで問題が起きる(死ぬ)そうなのでその500倍・・・250000mg~これだけ1日に利用すれば問題が起きるでしょ?
通常利用を超えたら塩でも砂糖でも水でも問題が起きると思いますが・・・石油合成医療薬なんてそれ以下で問題が起きますよ 非実用的な話でした。

 

 

ストレスを抱える人

 

 

微弱な毒があったとしても大麻成分が人の体にもたらすそれ以上の多くの効果は我々に必要、大切な植物になっていくことでしょう
THCは規制されている成分ですが、CBDと一緒の抽出物ならば3%程度なら私は規制しなくても良いと思います。
薬成分としての規制は乱用をさせないための対策ですが大麻成分は常識範囲で摂取できる量である場合、石油合成医療薬と違って問題が起きない安全な成分です。
THCは多少、酔うような現象は起きますがCBDと併用摂取なら問題は大きくならないはずです。
CBDがTHCの精神的な症状を抑える効果があることを確認しています。
西洋医学ベースで研究しているため単体成分の結果を導き出そうとしています。
イエス&ノーのデジタル的な結果を欲しがっても答えは出ないと思うのですが・・自然界はアナログですデジタルはアナログが複雑過ぎて整理出来ないことから情報を減らして都合の良い情報にしていますが正しい情報ではないのです。
イエス&ノーは理解するには必要ですが麻成分はCBD THC以外の成分が複雑に関与して、相乗効果があるみたいです。
そのような複雑に効果があるものは、一般の方がブログで症状治癒報告と同じく利用して症状を多く観察するより方法がないと思います。
毒性は低いのですそれをしっかり抑えて利用すれば問題は起きないと思います。

 

 

ハイランド氏によると、フルスペクトルCBD製品が最も効果的だという
多くの人が1度か2度CBDを試して、うまくいかないとあきらめてしまうが、それは適切なアプローチではないとHeiland氏は言う。

アメリカでTHC0.3%以下にする必要がある法律が理由なのか不明ですが、CBD単体成分を添加している商品が多いことがアメリカの製品の特徴です 茎抽出物をそのまま使うと辛味が強く、製品の色合いが悪くなるためだとは思います。
大流行しているためチョコレート、インスタントコーヒーなどにまで添加物として入れられています。
しかし、CBD添加量は表示より少ない商品が多いみたいです。
ハイランド氏が勧めているのは茎そのものを抽出してそのままを利用するフルスペクトルCBD製品です。(私が扱っているCBDオイルみたいに茎の抽出物を使う製品)

 

※今回、Google翻訳から違う翻訳を試しに利用はじめました ニュアンスがきれいに翻訳されるそうです。
今回は読みやすいのですが他のサイト文章も読みやすいことを願っています。

 

 

 


 

 

 

 

退職者たちがCBDブームに飛び込み、それを愛している。専門家によると、試す前に知っておくべきこと

ステファニー・カミロは、痛みのため早く引退するまで、ビコディンを毎日仕事に連れて行きました。

 

何年もの間、彼女は食料品店でデリマネージャーとして働き、キャリアの大半をそこで過ごしました。
しかし、長時間の労働と肉体労働 (重たい箱を絶えず移動したり、棚を補充したり) が彼らの犠牲となった。
ビコジンとイブプロフェンのボトルを毎日職場に持ってきてから、足の手術とステロイドの注射を続けた10年後、彼女は仕事をやめなければならなかった。
それでも痛みは治まりませんでした。
その後CBDを試みた。

 

「私はもう医者には行きません」と、64歳のカミロは、CBDが彼女の人生に与えたプラスの影響について言います。
「今は何も飲んでいません、CBDだけです。」
引退して8年になる二人の子どもを持つ母親は、家にイブプロフェンのボトルをもう一本も持っておらず、引退後もビコジンを使っていない。
彼女はまだ痛みがあるが、CBDでコントロールできると言う。
カミロはCBDを、チンキ剤とも呼ばれる液体エキスの形で摂取する。
彼女は1,000ミリグラムのボトルを購入し、一本約89ドルで、一本は約二ヶ月持つと言います。

 

「安くはないが、誰も気にしない。これで私の問題は解決しました」と彼女は言う。
「私は他の人たちがそれにチャンスを与えることを奨励する。」

 

カミロは、CBDは人生を変えてきたと言いますが、彼女のような逸話的な主張を裏付ける科学的証拠はほとんどありません。
2018年に6億2000万ドル以上の売り上げを記録したこの大麻抽出物の安全性と有効性については、バス爆弾からペット用のチンキに至るまで、至る所で突然使用されるようになったため、多くの議論が残っています。

 

 

 

CBDとは何ですか?
CBDオイルまたはカンナビジオールは,大麻草のマリファナおよび大麻の非精神活性成分である。
これは、マリファナに含まれる精神活性成分が高値を与えるTHC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なる。
CBD製品には微量のTHCが含まれていることがよくありますが、CBD自体は消費時に高濃度を生成しません。
提唱者たちは、睡眠不足、不安、抑うつ、関節痛などの様々な病気を軽減すると考えられていることから、これを「生活変化」「奇跡の」と呼ぶ人が多いことから、これは一種の万能薬だと言っている。
これらは加齢に伴って比較的よくみられる健康上の問題であり、CBDは、生活の質の向上を目指している高齢の米国人やカミロさんのような退職者にとって特に魅力的なものとなる可能性がある。

 

これらの主張は、確固としたヒト(またはペット)の試験では臨床的に有効性が確認されていませんが、FDAは、癌や神経疾患などの重篤な疾患について、証明されていない健康に関する主張を行う企業に最も関心があると述べています。
これまでのところ、NSAは自らの権限を利用して、「悪役」と見なされるものを追及し、この種の主張を行ってきた。
CBDを購入する一般消費者や、無責任な健康保険を主張していない企業を取り締まっていない。

 

CBDの有益性を賞賛する個人的な逸話が増えているにもかかわらず、専門家は、CBDがヒトに対して正当な健康上の利益をもたらすかどうかを確実にするのに十分な科学的データがないと警告しています。

 

「CBDについて聞いたことがあり、それを服用しようと考えている場合は、医師に相談してください。他にも安全で信頼できる優れた治療法があるかもしれません。」と語るのは、バージニア州デルタビルで開業している家庭医、スターリング・ランソン博士です。アメリカ家庭医学会のメンバーです。

 

ランソン氏は、CBDについて患者に何らかのアドバイスをしたいと考えているが、医学界は研究が不足しているため、長期的な副作用などについて患者にアドバイスすることはできないという。
もう1つの未知の問題は、CBDと他の薬物との間の危険な相互作用の可能性である。

 

品質管理の問題もあります。
医師は、市販のCBDサプリメントに宣伝されている成分が実際に含まれているかどうかを患者に明確に伝えることができません。
JAMAの2017年の調査によると、CBDを成分として含んでいると主張する84のオンライン製品のうち、実際にはラベルに記載されているのと同じ量のCBDを含んでいたのはわずか30%だった。
;45%は広告よりもCBDが少なく,26%は広告よりもCBDが多かった。

 

 

 

金曜日のFDA聴聞会は、安全基準と品質管理に関する混乱を強調した。

 

ご自宅でお試しになりますか?

 

自分でCBD製品を試したい場合は、製品テストの業界標準を知っておくことが重要です。
専門家によると、次のような要素があるという。

 

製品がサードパーティによってテストされたことを示すラベルの表示を探します。
Gomezによると、多くのレーベルはバッチ番号も付ける予定だという。
信頼できるブランドを探す。
GomezはCharlotteのWeb、PlusCBD Oil、Green Roads Worldなどのブランドを推奨している。
ラベルまたは製品の説明に「全スペクトル」と記載されているかどうかを確認します。ハイランド氏によると、フルスペクトルCBD製品が最も効果的だという
あなたが何も知らないウェブサイトや店からCBD製品を買わないでください。
本物の製品を使うことは、結果を見るために非常に重要だとハイランド氏は言う。
チョコレートバーやカップケーキのように、CBDが含まれていると主張する商品は、宣伝されている量ではないかもしれません。
;たとえ効果があったとしても、その量は無視できる程度で、効果はありません。
投薬実験を行う。
多くの人が1度か2度CBDを試して、うまくいかないとあきらめてしまうが、それは適切なアプローチではないとHeiland氏は言う。
CBDクリームとローション(局所および外部とも呼ばれる)が効果的であるために含まなければならないミリグラムの標準濃度はありません。
特定の問題にどの程度の強さが適しているかを調査し、適切な用量が見つかるまで実験することが重要です。

 

「継続的に1日2回行う予定がない場合は、CBDを購入しないでください。CBDは何もしません。」と彼女は警告する。
CBDは累積的に作用し,時間の経過とともに体内に蓄積する。「CBDが配合されているので、今日の気分と5カ月後の気分は大きく異なります。」

 

カミロも同意する。
「本当のチャンスを与えなければなりません」と彼女は言う。

 

引用先   finance.yahoo.com

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

ガンのための自然療法 メープル重曹療法とは?  

 

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBD ブーム 
 #CBD 流行 
 #CBD 精神病 
 #CBD てんかん 
 #CBD 統合失調症 
 #CBD 自閉症 
 #CBD 健康食品 
 #CBD 医療大麻 
 #CBD 癌 
 #CBD 痛み 
 #CBD 炎症  
 #CBD 治療 
 #CBD 割引  
 #CBD THC 
 #CBD ステロイド代用 
 #CBD 痛み止め 
 #CBD 医者不要 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »