fbpx

CBDの使用が薬物検査にどう影響するか

Pocket

CBDの使用が薬物検査にどう影響するか

 

 

 

アメリカサイトから紹介します。

 

大麻成分THCが法律的に問題があるためどうすればCBDを利用してドラック検査に反応しない方法に焦点を当てていましたので紹介します。
アメリカも混乱していますね 産業大麻は栽培可能になりましたが麻油、種(ヘンプシード)以外は食品として認められておらずCBDを食品添加されているのは利用している企業のフライング行為です。

 

それ程、CBDは人気があるのです。
理由はTHCと違って精神的高揚がないこと、←大きい理由です THCと違い規制されていない成分であること、医療大麻を使った方が治療に成功した事例が多かったため一時期、THCの治療効果がCBDより早く確認されたことが事でTHC成分は注目されました。

 

しかし、CBDも治療効果(利用者のブログ報告にて判明)が確認されたため、規制されていない大麻成分CBDが一気にアメリカ中で広がりました。
大麻全てを禁止している州にもCBDを添加されたチョコ、コーヒー、グミなどの食品が出回っているそうで、一時期は取り締まっていた地域もあったようですが、最近は「CBD食品を売り場から破棄された」報告のニュースが検索に出てきません多く出回りすぎて取締が出来ないようです。

 

薬として見ると、毒性が殆どありません 最近、肝臓に対して毒性があることが確認されましたが食品としてのレベルの毒でした。
石油合成医療薬の副作用、毒性と比べるとすると、CBD成分は利用者本人が意識して回避可能な毒性です。
昨年5月WHO理事会は「抗ガン剤を用いるガン化学療法は、極めて危険性が高く、加盟国政府に全面禁止を勧告する」と決議したそうです。
石油合成医療薬は人間にとって相性が悪く利用すると副作用という名の「拒絶反応」が出ます。
拒絶ですから毒なのです決して「薬」ではありません

 

 

 

 

CBDは多くの症状に効果がある可能性を示しています。
石油合成医療薬との違いは多くの症状に効果があることです。
CBD単体だけでも多くの症状に効果が出たと個人治療実践されている方の報告がありますがこれに、大麻抽出物+CBDとなるとどれにどのような効果があるのか複雑過ぎて判明に時間がかかる可能性が高いのです。
もう医療で使うことは諦めて食品扱いにしてくれたら家庭治療の一つとして自由に使えるのですけどね・・・いままで儲けていた石油合成医療薬の会社、病院などの抵抗が暫く続くことになりそうです。

 

 

 


 

CBDの使用が薬物検査にどう影響するか

 

心配性の犬からお気に入りの美容師まで、最近は誰もが何かにCBDを使っているようです。
多くの人にとって、大麻製品、別名「CBD」を使う魅力は、大麻に含まれる精神活性物質のテトラヒドロカンナビノール「THC、」が含まれていないことだ。
THCがなければ、CBDのリラックス効果や不安を軽減する効果が得られ、ハイになったり、法を犯したり、薬物検査に失敗したりする心配もありません。
少なくとも、誰もがそう思っている。
マリファナの検査では、THC-COOHという化学物質が検出されます。
しかし、THCを含まないとされるCBD製品を使用することで、マリファナの尿検査の合格率に影響が出る可能性はあるのだろうか?実はそうなんです。

 

退役軍人、長期障害者、低所得世帯がCBDにアクセスしやすくすることを専門とするLazarus Naturals社の研究開発責任者であるJustin Amesbury氏によると、まず、本来は合法であるはずのCBD製品を摂取して、薬剤スクリーニング検査でTHC陽性と判定される可能性があります。
「THCは検出されませんでした。」と主張していても、ほとんどすべての「全スペクトル」CBD製品(様々なカンナビノイドやテルペンが含まれています)に微量のTHCが含まれていることに気付いていない人が多いと、彼は言う。
「これは、CBDとTHCが物理的・化学的性質の点で非常によく似た分子であり、特に工業規模では分離が非常に困難であるという事実に基づいている。」と彼は言う。
また、CBD「分離する」(CBDが工場から分離されたことを意味します。)を摂取していても、単離プロセス中に洗い流せないTHC残留物が含まれている可能性があると同氏は言う。

 

 

 

 

もっと複雑にするには、ラボでCBD製品を製造してから販売する場合、その製品に含まれるTHCが0.3%未満であることを確認するために、テストと分析を行う必要があります。THCは、米国で大麻および大麻由来のCBD製品に合法な量です。
これらのテストには、「定量限界」または「LOQ、」と呼ばれるものがあり、研究所が実際に何かの濃度を測定できる最低レベルである、とエームズベリーは言います。
問題は、単にコストと効率性の問題から、薬効に関する研究室の質問の多くが、たとえば薬物検査で検出できるほど正確ではないことだという。

 

問題の製品にTHCがまったく存在しないこと、そして薬物検査で陽性テストをしないことを保証する方法はほとんどありません。

LAZARUS NATURALSの研究開発ディレクター、JUSTIN AMESBURY氏

 

 

エームズベリーによると、薬物の尿検査では、THC濃度を0.000018 mg/gにまで下げることができ、これは優れたLOQの約二倍、第三者の研究所で用いられている方法よりも約20万倍低い。
「したがって、CBDが薬物検査に現れるとは限らないが、THC代謝物の薬物検査は大麻検査室で用いられている方法よりも感度が高く、大麻抽出物に含まれるTHCを完全に除去することは非常に困難である。」と彼は言う。
だからといって、大好きなCBDローションやチンキ剤をあきらめる必要はありません。
しかし、製造・検査技術が予想される10億ドル規模のCBD業界に追いつくまでは、CBD製品を使うとき、特に近いうちに尿中薬物検査に合格しなければならない場合は、チャンスを逃さないようにしなければならない。
「たとえある試験報告書で製品中にTHCが検出されなかったと記載されていたとしても、実際に問題の製品中にTHCが全く存在せず、薬物スクリーニングで陽性反応が出ないという保証はほとんどない。」とエイムズベリーは言います。
もちろん、CBDは米国食品医薬品局によって規制されていないため、たとえ文字通り誰もが使用しているように見えても、製品や成分が安全であるかどうかを実際に知ることはできません。

 

 

Refinery29は決して違法行為を助長するものではなく、州のマリファナ法にかかわらず、マリファナの使用は連邦法の下で違法行為であり続けていることを読者に思い出させたい。

 

 

 

引用先   refinery29.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

 

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD 濃度 
 #CBD 計測 
 #CBD 環境 
 #CBD 無農薬
 #CBD 無添加 
 #CBD 高品質 
 #医療大麻 
 #CBD デトックス 
 #CBD オーガニック 
 #CBD 炎症  
 #CBD 眼圧 
 #CBD 割引  
 #CBD 肌改善 
 #CBD 老化防止 
 #CBD うつ病 
 #CBD 鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »