fbpx

CBDは注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状に役立つのか?

Pocket

CBDは注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状に役立つのか?

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。

 

ADHDの治療薬を利用しても一部の症状を抑え込む? あまり効果が内容です。
薬を利用されている方にとって、相性の悪い薬は辛いはずですADHDの薬は精神病使いでしょうから決して軽い薬ではないと思います。
アメリカでCBDの詳細を知らない医者は少なくなってきてるはずですが日本の場合、CBDを利用したいと言っても否定的な答えしか帰ってこないはずです。

 

CBDは副作用、毒性が報告されていない成分です。
大量に利用すると、他の食品程度と同じレベルの肝臓に負担がかかったりするそうですが 副作用と言えるレベルではなさそうです。

 

海外では子供にCBDを利用している家族も多いそうです。
独特の味がするフルスペクトラムCBDは舌下から吸収させる方法は子どもたちには向いていません
舌下からではなく静脈が見える箇所を利用して湿布をしているそうです。

 

湿布はテッシュ、ガーゼ等を折りたたみCBDオイルをたっぷり含ませて、紙テープなどでオイルが洩れないように固定します。
この方法の利点は、常にCBDが肌を通じて吸収されることです(思った以上に肌から吸収はしています。)

 

おそらく、石油化学医療薬よりも大麻成分は安全です。
治療の場合、CBDの利用量は多くなる傾向にあります 出来る限り少なく、効果的に利用するとなるとフルスペクトラムCBDオイルを湿布で使う方法が良いかもしれません CBDは多少ですが相性もあります(年齢の高い方に多く見受けます)

 

 


 

ADHD用CBDオイル:効きますか?

 

カンナビジオールは大麻植物の活性化合物である。
CBDオイルが人気を集めているのは、ある種の健康状態に役立つ可能性があることを示す初期の研究が一因です。
CBD油が注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状に役立つことを示唆するいくつかの事例証拠があるが,これを裏付ける科学的証拠はまだほとんどない。

 

CBDオイルの使用を考えている人は、その地域の規制を知っておく必要があり、医師に話す前に、標準的なADHD治療をCBDオイルで置き換えることは決してしないでください。

 

本稿では、CBDオイルがADHDの治療に役立つかどうかを検討するとともに、起こりうるリスクと、それが小児において安全かどうかについても考察する。

 

CBD油は、カンナビジオールという化合物を高濃度に含む油です。CBDは、カンナビスの植物に含まれる100以上の活性化合物の一つです。
CBDオイルとは何ですか?
ほとんどの人は大麻をテトラヒドロカンナビノール(熱)と呼ばれる別の活性化合物と関連付けます。THCは、喫煙や摂取の際に幸福感や「高い」を感じさせる化合物である。

 

CBDはTHCと同じ脳の領域を活性化するわけではないので、高い値を示すことはない。

 

CBD油は,体および脳との相互作用のために,いくつかの潜在的な健康上の利点がある。
人体には、中枢神経系の受容体を含む内因性カンナビノイド系がある。
CBDはこれらの受容体と相互作用し,陽性効果を誘発する可能性がある。

 

CBDオイルはADHDを治療できますか?
CBDがADHDの治療に役立つという科学的証拠はほとんどなく、さらに、ADHDとCBDに関する研究の多くは、CBD以外に100以上の化合物を含む大麻に焦点を当てている。

 

しかし、CBDオイルは多動や不穏などのADHDの症状に対処するのに役立つという逸話的な報告があります。
多くの人がADHD治療の一環としてこの物質を使用することを選択します。

 

 

 

 

2017年に実施された小規模の研究では、大麻による自己治療を受けているADHDの成人のグループが調査されました。

 

研究者らは、脳機能のわずかな改善と症状の軽減を認めた。衝動性および多動性のマーカーにわずかな改善がみられたが、プラセボより有効であると考えるには不十分であった。

 

CBDオイルとADHD症状
CBDオイルはADHDの治療にはなりませんが、多くの人が経験する特定の症状の管理に役立つ可能性があります。

 

ADHDの人の中には不安と格闘して症状を悪化させる人もいます。
CBD油が不安症状に有用であることを示す証拠はわずかである。

 

2016件の症例研究は、CBDが小児の不安および睡眠の問題に役立つ可能性があるという研究者らの以前の主張を裏付けた。
大規模コホートでこの効果を検討するには、さらなる研究が必要である。

 

2013年の研究では、ADHDの症状と大麻の使用との関係も調査されました。
多動性および衝動性の症状を伴うADHDの亜型を有する人は、ADHDの不注意な亜型を有する人よりも、症状を管理するために毎日大麻を使用する傾向が高かった。

 

しかし,この自覚症状軽減の正確な原因は不明である。
さらに,本研究はCBD化合物だけでなく大麻全体に焦点を当てた。
ADHDおよびCBD単独に関するさらなる研究は,治療としてのその可能性を強調するのに役立つであろう。

 

潜在的なリスクと副作用
CBDに対する反応はさまざまです。

 

一般的な副作用には、胃の不調や吐き気などの消化器系の問題があります。
眠気や頭痛を経験する人もいますが,特に高用量を服用した場合には顕著です。
これらの副作用は、患者さんが製品に慣れてくるにつれて消失することがあります。

 

気化や喫煙によってCBDを吸入した人も,肺の刺激やせきを経験します。

 

研究者らは、CBD油の潜在的な長期的影響の多くは不明であると指摘している。
さらに、CBDが体内のホルモンに影響を及ぼすかどうかは依然として不明であり、特に10代の発達期には懸念される。
これらの領域における副作用の可能性を調査する追加研究が必要である。

 

 

 

 

CBD油は医薬品と同じ規制の対象ではないため、汚染のリスクがあります。
製品の製造者はそれが純粋なCBD油であると言うかもしれないが、THCのような他の成分を含むかもしれない。

 

製品はまた、その潜在的な治療効果を制限する、クレームするCBDの量を含まないことがある。

 

それは子供にとって安全ですか?
医師は特定の状況の子供にはCBDを勧めますが,ADHDには勧めません。

 

てんかんなどの特定の疾患を有する小児におけるCBDの有用性を支持するいくつかの証拠がある一方で、大きな懸念もある。

 

『Drug and Alcohol Dependence』誌に掲載された研究によると、16歳未満で大麻を使用した子どもは、脳がまだ発達途上にあるため、認知障害のリスクが高くなる可能性があるという。CBD抽出物およびCBD油についても同様であるかどうかは不明である。

 

ADHDの子供は,物質乱用のリスクも高くなります。
これは非精神作用性のCBDオイルでは問題にならないかもしれないが、マリファナのような他のCBD源が依存症に関与している可能性がある。

 

2014年の調査では、ADHDの子供はマリファナ使用障害の基準を満たす可能性が約1.5倍高いことがわかりました。

 

CBDオイルはマリファナではありませんが,親や介護者の中にはマリファナとの関連を心配して,製品を子供に紹介したくない人もいます。

 

CBDオイルが子供の症状を緩和するかもしれないと考えている人は、医師に相談してすべての選択肢を検討するべきです。

 

 

 

 

使用方法
CBDオイルにはいくつかの種類があります。
このオイルは、一部の薬局やオンラインで入手できる。

 

生産者はまた、CBDを注入したおやつやスナックを作ることもある。
オイルの風味や食感が苦手な方は、カプセルタイプの方がいいかもしれません。
すでにたばこを吸ったり吐いたりしている人は、CBDオイルを荒らすことを選ぶかもしれません。

 

現在,CBDの有効量に関するガイドラインはありません。

 

CBDオイルの生産者の中には、独自の服用ガイドラインを定めている人もいますが、はっきりしない人は、使用前に医師に相談する必要があります。

 

Cannabis and Cannabinoid Researchの2017年のレビューの著者らは、成人は1,500mg/日までの用量に耐えられると述べている。
しかし、小児では耐容量が有意に少ない。

 

合法性
CBD油は確かに大麻から得られるため、多くの人がその合法性について懸念しています。CBD製品はオンラインで広く入手できますが、一部の地域では法的に認められていない場合があります。

 

CBDオイルの使用を検討している人は、製品を購入する前に、その地域の法律や規制を知っておく必要があります。

 

あらすじ
CBD使用がADHDの症状にどのように影響するかについての研究はまだ限られている。
現在,ADHDの治療選択肢ではないCBD油の効果を決定するために,更なる研究が必要である。

 

ADHDの症状に対処するのに役立つと主張する人もいますが,ADHDの有効性を支持し,副作用を明らかにするには,さらなる研究が必要です。

 

ADHDにCBDオイルを使用することを検討している人は、担当の医師に相談し、その地域の規制を知っておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

引用先   medicalnewstoday.com

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

ファイザーの前副社長の警告ワクチンは致命的です

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ADHD用CBDオイル
 #CBD精神病 
 #CBDてんかん 
 #CBD統合失調症 
 #CBD自閉症 
 #CBD健康食品 
 #CBD医療大麻 
 #CBD癌 
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD眼圧 
 #CBD 割引  
 #CBD注意欠陥多動性障害
 #CBDフルスペクトラム 
 #CBDうつ病 
 #CBD鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »