fbpx

CBDは乾癬症状を軽減できるか?医師たちの声

Pocket

CBDは乾癬症状を軽減できるか?医師たちの声

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。

 

アメリカ連邦でCBDは違法でないことが法律上決まったことでCBDを合法と認めた州の多くの方たちがCBDを使い始めています。

 

健康維持、治療目的、リラックス効果、等 多くの効果を実感、治療目的でも家庭療法として成功している報告が多くあります。
しかし、科学調査は大麻を法律で制限していたために殆ど情報がないまま最近になって調査が開始され始めました。
医療薬として大麻成分が使われるのはかなり先のようです。

 

大麻成分CBDの長所は体との相性がよく 依存症が無い、精神効用効果がない、無毒である事が挙げられます。
1日の利用量がある程度のCBDの利用量なら軽い副作用も出ること無く普通に使えます。
CBD単体だと効果を確認できる量が多くなりますが、大麻茎抽出成分をそのまま利用する「フルスペクトラムCBD」はCBD以外の微量成分と相乗効果で単体時の利用量より少ない量で効果を実感できることを研究で確認が取れています。

 

 

 

CBDを治療に使われる方は自宅で家庭療法として暫くの間、利用することになりそうです。
CBDは人によって実感できる利用量が違うため利用量を指定できませんが利用量を1日おきに少しずつ増やして実感がある量を探すことになります。
実感がある量を続けて利用することで家庭療法としてCBDを使うことになります。
CBDは炎症効果がある成分です 乾癬に塗るクリームにCBDを混ぜて利用することも出来ます。

 

簡単に言うと乾癬は皮膚科の薬と併用可能です 重い症状に対して大麻成分だけの治療では厳しいという専門家の意見もあります しかし専門家の意見は長期の視点ではなく短期で症状を出ないようにする皮膚に発症する表面的な症状の話だけですので根本的な体調を治療する考えでは発言していないのです。

 

CBDをサポートとして一緒に混ぜても良いですし湿布のようにガーゼにCBDオイルを多く含ませて貼り付け、直接皮膚吸収させて治療の補助にも使えます。
日本、アメリカどちらの国でもCBDを勧める医者は少ないのです。
CBDを使って治療すると医者に宣告しても良い返答はありません 医院が契約した薬の儲けが無いからです。
体を心配して言うより収入がある医療薬を勧めます。

 

CBDは薬と相性の問題が少ない成分です。
時々、グレープフルーツと一緒に薬の併用をしないように注意書きのある薬はCBDもグレープフルーツと同じ効果がありますから利用ができません
薬の効果を阻害します グレープフルーツ以上にCBDは阻害するのです。

 

 

 


 

CBDは乾癬症状を軽減できるか?医師たちの声

 

 

 

CBDオイルの潜在的な健康上の利点については、さらに多くのことを学ぶ必要がありますので、皮膚科医に必ず相談してください。

大麻草に含まれる80種類以上の化学物質の一つ、カンナビジオール(ケーブル)の治癒力を指摘する見出しが相次いでいることから、CBDオイルを使うことで乾癬症状が緩和されるのではないかと考えるのは自然なことです。

評価はまちまちだ。
CBDオイルには広範囲にわたる抗炎症作用があり、約750万人のアメリカ人が罹患しているこの自己免疫疾患の治療に役立つという事例証拠があるが、現在までの研究は決定的なものではない。

CBDオイルは、プラーク性乾癬を経験する乾癬患者のための追加の治療選択肢として考慮されるべきではないというわけではありません。
プラーク性乾癬は、肘の背面、膝の上、および腰などの体の部分に銀色の鱗屑で覆われた、乾燥し、盛り上がった赤い皮膚病変(またはプラーク)を引き起こすものです。

 

実際、マリファナの非精神活性部位であるCBDが湿疹と乾癬の治療にどのように役立つかを調査した予備科学は、ある程度の見込みを示していると、ボストンの医師で大麻の専門家であるJordan Tishler医師は述べている。

 

「しかし、これらの研究は概して有望だが、決定的なものにはほど遠い。」とTishler氏はHealthに語った。

CBDがどのように機能するかについて学ぶ必要があること
CBDオイルと大麻の健康効果を結びつける臨床研究はなかなか実現していませんが、オイル、バーム、クリーム、軟膏として使用できるCBDが乾癬の治療に役立つかどうかについては、患者主導の関心が依然として多くあります。

 

 

 

2007年に実施されたCBDを含むカンナビノイドが、乾癬性皮疹に関与する皮膚細胞の増殖と分裂を遅らせることを明らかにした研究など、いくつかの研究は有望である。

 

「CBDのようなカンナビノイドは炎症や痛みを軽減し」と、ノースカロライナ州ダーラムにあるデューク大学の緩和ケア部長であるDavid Casarett医師がHealthに語っている。
「繰り返しになりますが、現在私たちが目にしているのは、ほとんどの証拠が状況的だが有望であるということです。」

2019年に実施された乾癬患者を対象とした別の非常に小規模な研究も同様に説得力がある。
イタリアの研究者らが主導したこの試験では、CBDを強化した軟膏を乾癬の皮膚に塗布すると、乾癬症状の軽減に役立つことが示された。

 

この研究では、乾癬患者5人が、乾癬に罹患した皮膚の領域にCBD軟膏を1日2回、3カ月間塗布した。
その後、研究者らは、この軟膏は安全で有効であるだけでなく、乾癬患者の生活の質を改善すると結論した。

CBDが日常生活を改善する方法
CBDは皮膚のかゆみや刺激の治療に役立つだけでなく、乾癬患者が痛みをコントロールし、炎症を軽減するのにも役立つ。

 

そのため、マイアミの大麻診療所であるGrassroots Medicine and Wellnessの医師であるHervéDamas医師は、患者に推奨する乾癬治療計画の一環として、副作用が少なく、全体的に安全と考えられているCBDを使用していると述べています。

 

「乾癬、皮膚炎、湿疹のような皮膚科の問題については、CBDは私の患者が経験する再発、刺激、不快感を減少させるのに非常に有効であることがわかりました。」と同氏はHealthに語った。
「病気の重症度に応じて、塗り薬を使うか、塗り薬と全身薬を併用します。」

 

しかし、他の専門家は、CBDオイルが、局所ステロイドクリームおよび軟膏、局所ビタミンDクリーム、非ステロイド性抗炎症クリーム、および紫外線療法を含む現在の治療法と同程度に効果的であると確信していない。
さらに、乾癬患者は、シクロスポリンおよびメトトレキセートのような免疫抑制薬、およびそれらの症状を治療するためのより新しい生物学的薬物を服用することもできる。

 

「大麻の効果はヒドロコルチゾンのような局所ステロイドに比べると弱い。」とTishler氏は言う。
「要するに、現時点では、乾癬のような重篤な疾患を治療するために、どのような局所大麻またはCBD製品もお勧めしません。」

 

最終的に、乾癬の治療にCBDがどのように作用するかは不明であり、乾癬は重篤な皮膚疾患であるため、以下の最善のアドバイスを考慮してください:CBDと乾癬についてさらに多くの研究が行われるまでは、必ず皮膚科医と相談して、あなたに合った治療コースを計画してください。

 

引用先   health.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

抗生物質としてのCBD?

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBDガン 
 #CBD精神病 
 #CBDてんかん 
 #CBD統合失調症 
 #CBD自閉症 
 #CBD健康食品 
 #CBD医療大麻 
 #CBD癌 
 #CBDフルスペクトラム 
 #CBDクリーム  
 #CBDドリームスペル 
 #CBD 割引  
 #CBD軽減 
 #CBD皮膚科 
 #CBD医師 
 #CBD乾癬

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »