fbpx

CBDとは?

Pocket

CBDとは?

 

アメリカサイトからの引用です。

 

 

アメリカサイトからの紹介です。

 

アメリカほどメジャーではありませんが、日本でも少しずつではありますが CBD成分が知られてきました。
今回はCBDについて知らない方は予習、知っている方は復習の内容になります。

 

簡単に言うと麻の成分になります。
言い方が違いますが大麻とも言われます。
成熟するとCBDaが多くなります 収穫して日干しをすると熱と紫外線でCBDに変化します。
「CBDオイル」は、茎から成分を抽出したものをオイルと混ぜた健康食品です。

 

大麻(麻)と見た目は同じですが、精神活性成分の多いマリファナもあります。
同じ植物なのですが育つ環境、違う酵素の分泌量が違うことでTHCの多い植物、CBDの多い植物と変化するそうです。

 

大本の成分はCBGと言います CBDはCBGと酵素が化学反応を起こして変化します。

 

・大麻成分は同じ成分が酵素により変化します
CBGA→CBDa→CBD

CBGA→THCa→THC        
CBGA→CBG   ↑
                 ↑  ・光(紫外線)、熱、酵素により
        脱炭酸化(CO2が抜ける)により変化します。

・同じ成分から違う酵素で変化しています  
大麻もマリファナも呼び方が違うだけで基本、同じ植物です。
CBGaが変化する酵素が地域で違いがあるそうです。(日本が昔から繊維用途として育てているのはCBDaに変化する酵素の系統みたいです)
同じ植物と言っても品種がありますから一概に言えませんが大きく言うと同じ植物、地域差、品種で変化する酵素が違うみたいです。

 

 

日本では麻として1000年以上長い間、薬、衣服、道具として利用されてきた植物です。
アメリカが麻とマリアァナを混同し、さらに麻薬の汚名を着せられたまま戦後今まで扱われてきました。
大麻は日本でも禁止された植物の扱いで間違った知識で受け取られていますが真実は違います。
禁止ではなく、許可を取った方が栽培できる免許制です。
免許を持っていない方が所持することで違法となります(この違法が異常に厳しくおかしいと思いますが現状はこの様になっています。)

 

許可制の理由は医療として扱う成分だという扱いのようですが、事実は違います。
麻、大麻の成分を使った薬は法律で認められていません(麻薬成分として指定されているためか?)
今の石油化学合成薬に比べて人間の肉体と相性がよく、炎症抑制効果はとても良く感じます。
昔からてんかんの症状を抑えるために麻の葉をタバコにして吸っていた事実もあるようです。
煙草の葉の代わりに麻の葉を趣向品として吸っていたようです。
荒れた土地でも簡単に育ち簡単に手に入る麻の葉をタバコにする方が多かったことは理解できます。
今でも北海道は少し山に入ると麻は多く生えているそうです。
簡単にてにはいります 雑草ですねでも、聞いた話では寒い土地はCBDやTHC成分が多くない麻が出来るそうです。

 

許可性にしていますが極端な量を利用しなければアルコール程度、それ以下の常習性、依存性だと思います。
CBDも肝障害が警告されていますがマウスの実験であることと、異常に大量に強制摂取させ研究があります。
人間で例えると60kgの体重の方が15000mg毎日強制投与されたと しかも、通常使わないヘキサン抽出物だったそうです(科学実験で使う? 普段は臨界圧力二酸化炭素抽出です)*ヘキサンは神経毒

毒性をこじつけて利用を制限したいのでしょうね このような実験もされていたそうです。

 

 

 

 

※ドリームスペルオリジナルCBDはCBGa/CBGが含有するCBDオイルになります。現時点で、成熟大麻抽出製品では、販売さ販売少数の希少な製品です。南フランス産成熟大麻を使っています CBGa/CBGが存在する品種を利用して、オランダのCBDメーカーからCBDオイルをオーダーメイド扱いで作ってもらいました。

 

 

 


 

 

 

CBDとは?

 

CBDは、カンナビジオールの略で、天然製品業界のトレンドになっている成分で、カンナビス研究の新しい分野の焦点となっている。
CBDはカンナビノイドの1つであり、カンナビスファミリーが独自に合成した分子である。
テトラヒドロカンナビノール(マリファナの主要な精神活性要素であるTHC)とは異なり、CBDは非精神作用性で、認知脳活動に強い影響を及ぼさず、マリファナに関連する「高い」を引き起こさない。

 

大麻を含むカンナビノイドは、大麻ファミリーのすべての種類で製造されています。
CBDおよびTHCは最もよく知られたカンナビノイドであるが,多くの異なる型があり,彼らの研究に重要な資源が注がれたのはごく最近である。
脳には、カンナビノイドを受容するCB1とCB2と呼ばれる特異的な受容体があります。
これらの受容体は、カンナビノイド分子を体内に取り込む役割を果たしています。
その結果、精神作用や免疫反応が大麻の消費と関連しています。

 

ここ数年,大麻の加工と消費方法に多くの進歩があった。
油やロジン(熱と圧力によって抽出される、石鹸に似た生成物)のような濃縮された製品は、気化のようなよりクリーンな摂取方法の普及を可能にした。
これらの新しい技術は、患者にも熱心な患者にも、より安定した識別可能な投与量をもたらし、同時に、より安全な消費方法を可能にした。
最後に、大麻の禁止が引き続き課題となっていることから、大麻の効果と使用に関するより正確で詳細な研究が進行中です。

 

非科学的な事例証拠によると、CBDはあらゆる種類の不快感や病気の治療に適している。
不安や痛みからてんかんや癌に至るまで、あらゆる病気の患者がCBD分子を熱心に支持している。
しかし、大麻の使用がほとんど禁止されているため、ほとんどのカンナビノイドについての長期的かつ学術的に厳密な研究の多くが、単独では実施されておらず、これらの逸話的な主張は最近までほとんど調査されていなかった。

 

 

 

CBDの研究
「CBDの可能性のある治療効果には多くの関心が寄せられているが,有効性の証拠はほとんどない。」と、カリフォルニア大学サンディエゴ校Cannabis Center for Medical Cannabis
Research(CMCR)の共同ディレクターであるDr.J Hampton Atkinson氏は述べた。
CBDには健康上の利点があるかもしれないが、この分野の研究が不足しているということは、逸話的な主張の大部分を裏付ける十分なデータポイントがないことを意味する。
同様に、研究不足はCBD摂取の潜在的な健康リスクが不明であることも意味する。

 

しかし、大麻が合法化の努力によって研究のルネッサンスを迎えている今、医学はこの人気のある魅力的な植物についてより詳細な見方を得ている。
ClinicalTrialsによると。CBDは、自閉症、アルコール依存症、皮膚疾患、統合失調症など、さまざまな健康状態の治療薬として150テストされている。CMCRは統合失調症と自閉症の治療の可能性を探るため、CBDの厳密な研究を行っている。

 

CBDは不安や自己卑下的な思考を軽減する可能性があると示唆する研究もあり、統合失調症患者に抗精神病作用があるという証拠もある。
しかし、他の研究では、プラセボと比較してCBDの有意な有益性は示されていない。

 

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌に掲載された2017年の臨床試験では、CBDがまれなてんかんの一種であるドラベト症候群の患者の発作を減らすのに非常に効果的であることがわかった。
その後、FDAはまれな疾患の治療にエピジオレックスと呼ばれる経口CBD溶液を承認した。

 

アトキンソン氏によると、CMCRの内部には「膝や手を含む様々なタイプの関節炎に使用されるCBDの抗炎症作用の可能性に大きな関心」もあるという。
慢性関節リウマチに罹患したヒト細胞株を用いた最近のin vitro研究は,CBD治療が炎症を軽減するのに役立つ可能性を示唆している。

 

アトキンソン氏は、「CBDは,他の多くの物質と同様,妊娠中は避けるべきである。」と強調した。
さらに、市販の大麻市場はほとんどが規制されていないため、実際に購入したものが製品の用量や含有量であることを知る良い方法はない。
「カリフォルニア州で実施された試験では、製品表示の多くが誤っているようである。すなわち、CBDまたはTHCの用量または割合は通常誇張されている。」と彼は言った。

 

科学的な観察には時間がかかり、研究者たちはさまざまなカンナビノイドの個々の効果について科学的な研究を始めたばかりである。
とはいえ、多くの研究者はCBDがもたらす可能性は有望だと考えている。

 

 

 

 

 

引用先   livescience.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDは合法ですか?科学的には、以下のことを知っておく必要があります。

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペルDreamspll」では、欧州のCBDメーカーと正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBDとは? 
 #CBD研究 
 #CBDショップ 
 #CBDドリームスペル 
 #CBD不安 
 #CBD自閉症
 #CBDアルコール依存症 
 #CBD皮膚疾患 
 #CBD統合失調症 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »