fbpx

マリファナの歴史:一つの植物がいかにして世界に広がったか

Pocket

マリファナの歴史:一つの植物がいかにして世界に広がったか

 

 

 

アメリカサイトからの紹介文です。

 

大麻は石器時代から利用されてきた植物です。
それを前提に考えると今の法律がおかしいとしか言えないです。

 

大麻、マリファナ利用量を多くすればアルコールのように問題も起きるでしょう・・その程度です。
精神高揚のTHC成分は依存性があるそうですしかし、CBDを同時利用することでその依存性も緩和されているようです。
決まって量を楽しむ程度ならアルコールと一緒と考えることは間違っていない様に思えます。

 

問題は医療としてのみ使えるように仕向けている感のある大麻成分を研究している方たちです。
これははっきり言うと がん治療の研究でで儲かっている研究者みたいなものです。
特効薬が見つかると困る人達が大麻成分を否定できる要因を探している感じがします。

 

大麻成分は副作用として精神高揚効果があるものがありますが単体で利用せずに大麻そのものをオイル漬けにすることで成分を抽出した物を利用することが理想のように感じられます。

 

今までの石油合成医療薬と違い副作用も少なく毒性の少ない大麻成分は古代から使われてきた実績そのままの植物です。
それを1つの成分に分解して効果を調べ、毒性があるから医療扱いにさせようとする流れがあまりにも稚拙に感じます。

 

 

 

 


 

マリファナの歴史:一つの植物がいかにして世界に広がったか

 

先史時代の狩猟者や採集者が住んでいた場所から、古代中国やバイキング船に至るまで、大麻は世界中で古くから使用されており、新たな報告書では大麻の多彩な歴史が紹介されている。

 

この報告書の中で、著者のバーニー・ワーフは、大麻の使用が何千年も前にアジアで始まって以来、世界中の多くの地域に広まっていき、最終的には南北アメリカや米国に広がっていった経緯について説明しています。

 

「大部分は医学や霊的な目的で広く使われていた。」と、カンザス大学ローレンス校の地理学教授ウォーフ氏は語る。
たとえば、バイキングや中世ドイツでは、出産時の痛みや歯痛の緩和に大麻を使用していたという。

 

「これが邪悪な薬だという考えはごく最近になって生まれたものです」であり、これが違法であるという事実は「歴史的異常」とワーフ氏は言う。マリファナは、その歴史の大部分において、世界の多くの地域で合法的である。

 

 

 

 

 

鍋はどこから来ましたか?

ワーフ教授によると、大麻草の2つの亜種を区別することが重要だという。
大麻はマリファナとして知られており、精神活性を有する。
他の植物はCannabis sativa L.(Lは植物学者カール・リンネの名にちなんで命名された。)である。
///この亜種は麻として知られている。;大麻の非精神活性型で、石油、布、燃料などの製品の製造に使用されている。

 

この植物の第二の精神活性種であるCannabis indicaは、フランスの博物学者Jean-Baptiste Lamarckによって同定され、第三の珍しい種であるCannabis ruderalisは、1924年にロシアの植物学者D.E.Janischeviskyによって命名された。

 

ワーフ氏によると、大麻草は中央アジアの草原で進化したと考えられており、特に現在のモンゴルやシベリア南部で進化したという。
大麻の使用歴は12,000年にも及び、「マリファナ:最初の12000年」(スプリンガー,1980#スプリンガー#)によれば、人類最古の栽培作物の一つとなっている。

 

「有史以前の狩猟者や採集者の栄養豊富なゴミ捨て場で栄えていたようである。」とワーフ氏は研究論文に記している。

 

カンナビスの種子を焼いたものは、紀元前3,000年にさかのぼるシベリアのクルガン古墳からも発見されており、紀元前2500年頃に中国の新疆地方とシベリアに埋葬された貴族の墓には、ミイラ化した精神活性マリファナが大量に含まれていたものもあった。

 

大麻も精神活性のあるマリファナも、古代中国では広く使われていたとワーフ氏は書いている。
薬草としての使用は紀元前4000年にさかのぼることができ、たとえば外科手術の際に麻酔薬として使用されたほか、紀元前2737年には中国の皇帝、神農が薬草を使用したとも伝えられている(しかし、統一された中国の初代皇帝が誕生したのは、想定されていた神農よりもずっと後だったため、神農が実在の人物なのか神話上の人物なのかが議論されている。)。

 

「朝鮮の考古学」(ケンブリッジ大学出版局1993年)によれば、中国から朝鮮にもたらされたのは紀元前2000年以前の沿海地方の農民である。
カンナビスは、紀元前2000年から紀元前1000年の間に南アジアの亜大陸にやって来た。
その頃、この地域は、インド=ヨーロッパ語の古語を話すアリアン族の侵略を受けていた。
インドで広く用いられるようになり、古代サンスクリット語でヴェーダの詩「サイエンス・オブ・チャーム。」に「ハーブの5つの王国…。
私たちを不安から解放してくれます」と詠われている。

 

 

 

 

アジアからヨーロッパへ

カンナビスは紀元前2000年から紀元前1400年の間に中東にやってきたが、インド=ヨーロッパ系遊牧民族であるスキタイ人が使ったと考えられている。
ウォーフ氏の報告によると、スキタイ人はロシア南東部とウクライナを長年占拠しており、この麻薬を持ち込んだ可能性もあるという。
ゲルマンの部族がその薬をドイツに持ち込み、5世紀にアングロサクソン人の侵略によってマリファナがイギリスに渡った。[マリファナが世界中に広がっている地図をご覧ください。]

 

「また、9世紀半ばのバイキング船の残骸からも大麻の種子が発見されている。」とワーフ氏は報告書に記している。

 

その後何世紀にもわたって、大麻は世界中のさまざまな地域に移動し、アフリカを通過して19世紀には南米に到達し、その後北に運ばれて最終的には北米に到達しました。

 

 

マリファナはどのようにしてアメリカに伝わったのですか?

この非常に長い「旅行」の後、前近代世界と近代世界のいたるところで、ついに大麻が20世紀初頭に米国にもたらされました。
1910年から1911年のメキシコ革命の際に移民とともにメキシコから米国南西部に流入した。

 

「マリファナに対する初期の偏見の多くは、喫煙者に対する人種差別的な恐怖をかすかにベールに包んだもので、しばしば反動的な新聞によって広められた。」とワーフ氏は報告書に記している。
「メキシコ人はマリファナを吸っていたり、不動産犯罪をしていたり、子どもを誘惑していたり、殺人を犯していたりすることで非難されていました。」

 

アメリカの法律はCannabis sativa L.とCannabis sativaの違いを認識していなかった。
この工場は1915年にユタ州で違法とされ、1931年には29の州で違法となった。

 

1930年、ハリー・アスリンガーは連邦麻薬局(FBN)の初代局長となり、すべての州でマリファナを違法とするための様々な取り組みを行った。
1937年、マリファナ税法は大麻を麻薬取締局の規制下に置き、大麻の所持を全国的に犯罪とした。

 

「現在でも連邦政府は、ヘロインやLSDとともにマリファナをスケジュールI規制薬物に分類しており、マリファナが乱用や嗜癖の可能性が高く、医療用として認められておらず、安全な使用レベルもないことを示している。」とワーフ氏は書いている。

 

 

 

引用先   livescience.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDにも応用可能!!必見 大麻の利用方法まとめ

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBDガン 
 #CBD精神病 
 #CBDてんかん 
 #CBD統合失調症 
 #CBD自閉症 
 #CBD健康食品 
 #CBD医療大麻 
 #CBD癌 
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD眼圧 
 #CBD 割引  
 #CBD肌改善 
 #CBD老化防止 
 #CBDうつ病 
 #CBD鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »