fbpx

CBDはヘロイン中毒患者の薬物乱用を減少させる可能性があると小規模研究が報告

Pocket

CBDはヘロイン中毒患者の薬物乱用を減少させる可能性があると小規模研究が報告

 

 

 

 

アメリカサイトからの紹介です。

 

重度の怪我や症状に用いる オピオイド(麻薬性鎮痛剤) 過剰摂取の死亡、依存症などの問題がある鎮痛剤です。
アメリカではオピオイドを利用したことでの依存症がかなり問題になっているそうです。
CBDは依存症を減らす可能性があると実験で証明されました。

 

今後、更に利用方法や量も多くの方から利用情報を集めなければならないのですが麻薬中毒者の依存をへらす可能性はあります。
今後、更に調査が必要ですが期待したい内容です。

 

 

 

 


 

CBDはヘロイン中毒患者の薬物乱用を減少させる可能性があると小規模研究が報告

 

予備的な新しい研究によると、マリファナ化合物のCBD (カンナビジオール) はヘロイン中毒患者の薬物渇望を減らすのに役立つ可能性がある。

 

本日(5月21日)American Journal of Psychiatryに発表されたこの研究では、ヘロイン使用障害のある42人がこの薬を控えていた。

 

実験室を訪れた参加者は、薬物への渇望を誘発することを意図した「キュー。」を見せられた。(これらのタイプの「キュー。」をコントロールできていない状況で見ると、薬物再発の一因となる可能性があると著者らは述べた。)研究セッションの前に,参加者はCBDの用量またはプラセボのいずれかを受けた。

CBDを投与された参加者は、プラセボを投与された参加者と比較して、手がかりに対する薬物渇望が低く、不安も低かったことが報告された。
さらに、この効果はいくぶん持続性があり、参加者がCBDを服用してから最大1週間持続するようであった。

 

しかし、この結果は決定的なものではなく、研究者らはCBDが実際に検査室以外での薬物再発を予防するかどうかを検討しておらず、この疑問に答えるには今後の研究が必要である。

 

しかし、ニューヨークのマウントサイナイにあるアイカーン医科大学の中毒研究所所長で、今回の研究論文の筆頭執筆者となったヤスミン・ハード氏は声明の中で、「CBDはヘロイン使用障害患者の治療に大いに期待できる。」と述べた。

 

CBDは近年,マリファナに典型的に関連する「高い」を生じることなく治療効果を有する可能性があることから多くの注目を集めている。
しかし、これまでのところ、米国食品医薬品局(FDA)は、まれなタイプの小児てんかんの治療に処方薬としてCBDを承認したにすぎない。

 

Hurdは、オピオイド使用障害に対するCBDの自己治療は現時点では推奨されておらず、市販のCBDが規制されていないことを考えると有害でさえあると強調した。
「一般に公開されている生物多様性条約の多くは……。[持つ]実際に容器の中に何が入っているのか、毒素に汚染されているかもしれないという不正確な情報。」とHurd氏はLive Scienceに語った。

本試験は、FDA承認のCBDであるGW Pharmaceuticals社から一部資金提供を受けた。

 

治療の 「緊急の必要性」
現在、オピオイド使用障害に対するほとんどの薬物治療はオピオイド受容体に作用するため、嗜癖リスクを伴う。
その結果、それらは政府によって厳しく規制されている。
オピオイドの流行を考慮すると、オピオイド受容体に作用しないオピオイド嗜癖の治療法を開発するための「緊急の必要」があると著者らは本研究で述べた。

 

Hurd氏らは以前、動物モデルを用いてCBDの研究を行い、CBDが「キュー」に反応して動物のヘロイン探し行動を減少させることを発見した。
研究者らはまた、CBDがオピオイドと併用しても安全であることを確認するため、ヒトを対象とした初期の試験も実施した。

 

新しい研究では、42人の参加者が、連続した三日間毎日400ミリグラムのCBD、毎日一回800mgのCBD、または一日一回プラセボを摂取する三つのグループのうちの一つにランダムに割り付けられた。(CBD群の参加者はFDA承認処方薬のエピジオレックスを投与された。)
研究は「二重盲検」であり,研究者も被験者もCBDまたはプラセボのどちらを受けたかを知らなかったことを意味した。

 

参加者はCBDまたはプラセボを服用した後,ヘロイン関連「キュー;」に曝露され,後に自然の風景のようなリラックスシナリオを示す「中性の」ビデオを見た。

 

予想通り、参加者はヒロイン関連の手がかりを見た後に、ニュートラルなビデオと比較して欲求が高いことを報告した。
しかし、参加者がセッション前にCBDを投与された場合、その欲求はプラセボを投与された参加者と比較して有意に低下したことが研究で明らかになった。

 

研究者らはまた、CBD群ではプラセボ群と比較して、不安および心拍数や「ストレスホルモン」コルチゾール値などの生理学的測定値の低下も認めた。

 

CBD投与1時間後に影響が認められ、最大1週間後に認められた。
著者らによると、後者の所見は、CBDがヒトの体内にほとんどまたは全く痕跡を残さない場合でも、抗渇望作用がある可能性を示唆している。

 

今後の研究
Northwell HealthのStaten Island University HospitalでAddiction Services部門のディレクターを務めるHarshal Kirane博士は、この研究を「非常に勇気づけられる方向への一歩です」と呼び、CBDの効果を科学的に評価する取り組みを称賛した。

 

しかし、Kirane氏によると、この研究にはいくつかの重要な限界があるという。
これは小規模な研究であるため、結果をより多くの人々に再現する必要があると同氏は述べた。

 

研究では、CBDは実験室での渇望を減少させたが、持ち帰りアンケートで測定した実験室外での自己申告による渇望は減少しなかった。

 

「このことは、CBDの実際の実世界での適用がどのようなものであるかについて、いくつかの懸念を生じさせる。」とKirane氏はLive Scienceに語った。
1週間を超えたこれらの患者に対するCBDの長期効果を評価する研究も必要であると同氏は述べた。

 

今後の研究では、CBDがオピオイド使用障害に対する現在の治療の補助薬として作用し、その効果を高めるかどうかを検討する必要があるとKirane氏は述べた。
実際、Hurd氏はLive Scienceに、この研究の次のステップの1つは、メタドンやブプレノルフィンのような現在の薬剤の補助療法としてCBDを研究することであると語った。

 

引用先  livescience.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »