fbpx

CBDオイルはどの国で合法ですか?

Pocket

CBDオイルはどの国で合法ですか?

 

 

 

 

欧州は法律に関して最も確実に先導していますが、法律はTHCの低レベルまたはほとんど存在しないレベルの要件を中心に設定されています。次の表は、各国のCBDの手当を示しています。

 

国 CBDの規制
アフガニスタン 違法
アルバニア 違法
アルジェリア 違法
アンドラ 違法
アンゴラ 違法
アンティグアバーブーダ 違法
アルゼンチン 0.2%未満が許可されます
アルメニア 違法
オーストラリア 違法
オーストリア 0.2%未満が許可されます
アゼルバイジャン 違法
バハマ 違法
バーレーン 違法
バングラデシュ 違法
バルバドス 違法
ベラルーシ 違法
ベルギー 0.2%未満が許可されます
ベリーズ 0.2%未満が許可されます
ベナン 違法
ブータン 違法
ボリビア 違法
ボスニア・ヘルツェゴビナ 違法
ボツワナ 違法
ブラジル 違法
ブルネイ 違法
ブルガリア 最大0.2%
ブルキナファソ 違法
ブルンジ 違法
カボベルデ 違法
カンボジア 違法
カメルーン 違法
カナダ 完全に合法化され、2 番目の国がそうします
中央アフリカ共和国 違法
チャド 違法
チリ 0.2%まで
中国 最大0.2%
コロンビア 0.2%許可
コモロ 違法
コンゴ民主共和国 違法
コンゴ共和国 違法
コスタリカ 0.2%許可
コートジボワール 違法
クロアチア 最大0.2%
キューバ 違法
キプロス 0.2%THC max
チェコ共和国 0.2%許可
デンマーク 処方のみ、ただしクリームと香油で許可されている場合を除き、最大0.2%
ジブチ 違法
ドミニカ国 違法
ドミニカ共和国 違法
東ティモール 違法
エクアドル 違法
エジプト 違法
エルサルバドル 違法
赤道ギニア 違法
エリトリア 違法
エストニア 0.2%THC
エスワティーニ 違法
エチオピア 違法
フィジー 違法
フィンランド 0.2%THC
フランス 0.2%THCまで許可
ガボン 違法
ガンビア 違法
ジョージア 0.2%THC
ドイツ 0.2%THC
ガーナ 違法
ギリシャ 0.2%THC

 

 

 

 

グレナダ 違法
グアテマラ 0.2%THC
ギニア 違法
ギニアビサウ 違法
ガイアナ 違法
ハイチ 違法
ホンジュラス 違法
ハンガリー 0.2%THC
アイスランド 0.2%THC
インド 0.2%THC
インドネシア 違法
イラン 違法
イラク 違法
アイルランド 0.2%THC
イスラエル 違法
イタリア 0.2%THC
ジャマイカ 違法
日本 違法
ヨルダン 違法
カザフスタン 違法
ケニア 違法
キリバス 違法
北朝鮮 違法
韓国 東アジアでは最初にCBDを許可しますが、医師による承認が必要であり、THCは依然として違法です
コソボ 違法
クウェート 違法
キルギスタン 違法
ラオス 違法
ラトビア 0.2%THC
レバノン 違法
レソト 違法
リベリア 違法
リビア 違法
リヒテンシュタイン 違法
リトアニア 0.2%THC
ルクセンブルク 0.3%まで許可
マダガスカル 違法
マラウイ 違法
マレーシア 違法
モルディブ 違法
マリ 違法
マルタ 0.2%THC
マーシャル諸島 違法
モーリタニア 違法
モーリシャス 違法
メキシコ 最大1%THCの製品が許可されました
ミクロネシア 違法
モルドバ 違法
モナコ 違法
モンゴル 違法
モンテネグロ 違法
モロッコ 違法
モザンビーク 違法
ミャンマー 違法
ナミビア 違法
ナウル 違法
ネパール 違法
オランダ 0.2%THC
ニュージーランド 違法
ニカラグア 違法
ニジェール 違法
ナイジェリア 違法
北マケドニア 違法
ノルウェー 0.2%THC
オマーン 違法
パキスタン 違法
パラオ 違法
パナマ 違法
パパウニューギニア 違法
パラグアイ 0.2%THC
ペルー 0.2%THC
フィリピン 違法
ポーランド 0.2%THC
ポルトガル 0.2%THC
カタール 違法
ルーマニア 0.2%THC
ロシア 違法
ルワンダ 違法
セントクリストファー・ネイビス 違法
セントルシア 違法
セントビンセントおよびグレナディーン諸島 違法
サモア 違法
サンマリノ 違法
サントメプリンシペ 違法
サウジアラビア 違法
セネガル 違法
セルビア 違法
セイシェル 違法
シエラレオネ 違法
シンガポール 違法
スロバキア 0.2%THC
スロベニア 0.2%THC
ソロモン諸島 違法
ソマリア 違法
南アフリカ 0.2%THC
スペイン 違法
スリランカ 違法
スーダン 違法
南スーダン 違法
スリナム 違法
スウェーデン 0.2%THC
スイス 最大1%THCを許可
シリア 違法
台湾 違法
タジキスタン 違法
タンザニア 違法
タイ 違法
行く 違法
トンガ 違法
トリニダード・トバゴ 違法
チュニジア 違法
七面鳥 違法
トルクメニスタン 違法
ツバル 違法
ウガンダ 違法
ウクライナ 違法
アラブ首長国連邦 違法
イギリス EUで承認された63の工業用ヘンプ株の1つから、最大0.5%のTHCが許容可能になりました
アメリカ 違法
ウルグアイ 0.2%THC
ウズベキスタン 違法
バヌアツ 違法
バチカン市 違法
ベネズエラ 違法
ベトナム 違法
イエメン 違法
ザンビア 違法
ジンバブエ 違法

 

法律はどのように変化していますか?
これは2019年の執筆時点で正しいデータですが、法律は絶えず変更および緩和されているため、これを常に最新の状態に保つよう努めます。一方、これらのいずれかが最近変更されたことに気付いた場合は、私に悪いアドバイスをしたくありませんので、連絡してください。

 

引用先    cbdsloth.com

 

※日本の法律で正確に言うと、麻は禁止植物ではなく許可制です。
免許がないと栽培、所持は禁止されています。
許可制の植物ですが成熟した茎、種に関しては加工品の扱いはTHC成分を除いて問題ない扱いになっています。
成熟した茎、種を利用することが原則となっています。

 

それと、THC成分を麻薬扱いにしていますが本当は医療成分としての規制からです。
更に麻の成分は薬として利用しないという法律があったり、麻の広告は違法だったりと継ぎはぎだらけの法律です。

 

 


 

 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD合法 
 #CBD違法 
 #CBDマリファナ 
 #CBD国 
 #CBD不眠 
 #医療大麻 
 #CBD疼痛
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD統合失調症 
 #CBD不安  
 #CBD肌改善 
 #CBD老化防止 
 #CBDうつ病 
 #CBD鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »