fbpx

CBDクレイジー?多くのアメリカ人が大麻製品を使っていることに驚くだろう。

Pocket

CBDクレイジー?多くのアメリカ人が大麻製品を使っていることに驚くだろう。

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。

 

THCの少ない大麻はアメリカでは連邦が昨年大麻開放をしました。
まだ1年経たないのにしかも、州の法律はまだ変わっていない所もありますが今やCBDは健康食品、CBD入りグミ、CBD入りドリンクなどが発売され、人々は体の緊張や不安を解放するために使っています。

 

アメリカ連邦は大麻を普通の植物扱いにしただけ
CBDが食品として扱われていますが連邦はCBDを食品として認定していません
CBDが人に対して無毒であり有効な成分ということはほぼ、間違いないと思います。
製薬会社は科学者を使って否定的な記事を揚げようと努力していますが多分、無駄な努力になるでしょう。

 

今まで元手が少なく腐食の心配のない石油を使って儲け続けた石油合成製薬会社は医療大麻を皮切りにCBD成分がアメリカ国民に受け入られた今、変換をしなければならなくなってくるでしょう

 

CBDは多分、食品として認められることになるはずです。
今まで体に効果がある成分は製薬会社の圧力によって薬扱いにされ独占されてきました。
薬は一般人が扱うには危険で処方がないと命に関係するという理由から 医療関係者による独占の元、個人的に使ったり売れなかったのです。
そうです石油合成医療薬は実際に危険でした。
薬の効果より副作用が危険なのです がん治療薬は医師が診断処方しても結局、副作用で細胞が壊死してミイラのようにやせ細り、最後は普通の病原菌に感染して亡くなります。
これが今の治療現場で普通なのです。

 

大麻成分は治療効果もありますが今の石油合成医療薬と違って毒性がありませんTHCのように精神高揚成分は多少、依存効果があるようですが体内で中和され続けるため依存効果の実感があまりないようです。
大きく言うとアルコールの方が問題が大きく大麻成分の比較にもならないと思いますが未だに日本では規制される成分です。(医療目的のため利用を禁止している理由と麻薬法に成分が登録されてることが理由で日本で大麻が解放されにくくなっています)

 

 

 

 

 

 


 

CBDクレイジー?多くのアメリカ人が大麻製品を使っていることに驚くだろう。

アメリカはCBDに狂いそうですか?われわれがその方向に進んでいることを示す証拠がいくつかある。

大麻に含まれている活性はあるが精神活性はないCBD(ハイにならないということです)は、ほとんど魔法のような力があるとされている。
その支持者たちは、にきびから鬱病、パーキンソン病に至るまで、あらゆるものに対処できると主張している。

 

科学者たちは、この薬が小児てんかんの治療に有用であることは確かであり、不眠症、不安、一部の慢性疼痛の治療に有用である可能性があると述べているが、他に考えられる利点の多くはまだ証明されていない。多くのアメリカ人が試してみている。

 

CBD使用に関するギャラップ社の最新の調査によると、米国成人の14%、約7人に1人が個人的にCBD製品を使用している。
驚くことではないかもしれないが、最も利用率が高いのは18歳から29歳の年齢層(20%)と西部の州(21%)である。
CBDを使用しているのは,65歳以上の人では8%,50歳から64歳の人では11%にすぎない。また、調査対象者の50%はCBDを使用しておらず、35%はCBDについてよく知らないと答えている。

 

CBDを使用している人の約40%は,さまざまな種類の痛みにCBDを服用している。次に一般的な使用法は、不安(20%)、不眠症やその他の睡眠障害(11%)、関節炎(8%)、片頭痛やその他の頭痛およびストレス(各5%個)の治療である。CBDが睡眠障害の治癒に役立つならば、睡眠が健康全般にとっていかに重要であるかを考えると、それは私たちの健康にとって大きな恩恵となるだろう。

 

 

また、回答者の4%が娯楽目的でこの物質を使用し、1%がペットに与えていると答えました。
犬にCBDを与えることは驚くべきことのように思えるかもしれませんが、若い人たちが病気のペットの世話にどれだけの時間と労力を費やしてもいいと思っているかを考えると、それほどではないかもしれません。

 

CBD製品は、連邦政府が昨年12月に合法化して以来、急増しているが、FDAはまだその効果について研究を続けており、一部の州ではまだ制限を設けている。
保健当局はまた、CBDは医薬品ではなく栄養補助食品として販売されていると指摘しており、FDAは純度や安全性の面から規制していない。

 

 

引用先  usatoday.com

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDについてのすべての質問 – 回答済み

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD合法 
 #CBD違法 
 #CBDマリファナ 
 #CBDアメリカ 
 #CBD不眠 
 #医療大麻 
 #CBD疼痛
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD統合失調症 
 #CBD不安  
 #CBD肌改善 
 #CBD老化防止 
 #CBDうつ病 
 #CBD鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »