fbpx

オーストリア人はCBDの自由な利用を望んでいる

Pocket

オーストリア人はCBDの自由な利用を望んでいる

 

 

ドイツサイトの紹介です

 

海外の利用者は多くの方が日常の不調をいやすためにCBDを利用しています。

 

体の症状を治療することも可能なので医薬品の代替え品としても利用されています。
しかし、病気で症状が出ている人が治療として使うより圧倒的に日常の体調の調整、癒し目的が多いみたいです。
例えば「不眠」「頭痛」「不安解消」「禁煙中のイライラを鎮める」「美容用オイルに混ぜて化粧のノリを浴したり赤みを取る」等・・・

 

日本の利用者でも「不眠」「ストレス解消」などの利用で買われる方は多くいらっしゃいます。

 

やはりCBDは精神高揚効果がなく石油合成医療薬と違い、人間の体に相性がとても良いため副作用が少なく、副作用が起きても下痢程度の症状で済むことが大きな利点です。

 

私の話になりますが最近、頭痛が起きました。
私は交通事故のせいで治癒後に気圧の変化が大きいときは頭痛を起こしてしまいます。
最近は体調が良かったのでしばらくの間、2か月程度CBDオイルを摂取していなかったため頭痛が起きた時、痛みが強く感じました。
その時の対策は早くCBDを体に吸収させることでした。

 

口にオイル瓶に付属のスポイトで10滴程度口に垂らして1分ほど構内から吸収させました。
次に大判の絆創膏を用意、ガーゼ部分にテッシュを四角形に切り取り3つ重ねその上にオイルをステック1本分オイルを垂らし
絆創膏でカバーして漏れない状態にしながら貼り付けたのです。
この絆創膏を使った湿布は半日~1日の時間で肌に吸収されます。
吸収されたオイルは体にダイレクトに届くため損失が少なくて済みます。

 

それと、口に垂らすと味がキツク感じる方にとって利用のしやすい方法です。
皮膚の薄い腕の裏、太ももの内側の血管の真上に貼ります。
そうすることでダイレクトにCBDが吸収されます。

 

デメリットとしては毎回貼るための絆創膏を用意しなくてはなりません 回数を重ねると消耗品としては少し高く感じるところでしょうか?

 

 

 

 

 

 


 

オーストリア人はCBDの自由な利用を望んでいる

 

 

ユーザーの四分の三はカンナビジオール(ケーブル)の経験が豊富で、二人に一人は薬物THCと活性物質CBDの違いを知っており、大多数は完全な自由化さえ望む。

 

CBD-Start-Up「マグ」が委託した最近の調査によると、オーストリア人は大麻製品に高い親近感を持っています。
16歳から69歳までの1,009人がインタビューを受けた。
この調査はオーストリア全体を代表するもので、3.1%の開きがある。
回答者の半数以上がTHC(精神的な)とCBD(弛緩薬や鎮痛薬)の違いを知っていると答えた。正規の高学歴の人々はその違いを2/3も知っていた。

 

回答者の14%はすでにCBDの具体的な経験を持っており、総人口は873,600人です。
CBDの消費者の4分の3以上が、CBDについて良い経験から非常に良い経験をしたと述べています。
教育レベルが高い層では、CBD製品の再利用率は93%と、全層の79%を大きく上回っている。
CBDでの陰性経験の7%のみが報告されている。
非ユーザの半数以上が将来CBDを使うことを想像できる。
彼らのほぼ四分の一(22%)は、CBD製品の現在の非消費を正当化するが、それについての情報は少なすぎる。

 

Steirerの四人に一人はすでにCBD製品の経験があるが、Upper AustriaとSalzburgでは20人に一人にすぎない。
CBDアフィンは、91%がCBDが広く利用されることを望んでいることを示している。そして、2/3のスタイリア人は、大麻製品の完全な合法化を想像することさえできる。

 

前回の政府は制限的な方針を取り、THCとCBD大麻を区別することにはほとんど価値がなかったが、今回の調査では国民の希望が異なっていることが明らかになった。
次期政府が広範なレベルでCBDを利用できるような枠組みを作ることを期待していると答えたのはわずか78%だった。
それを望まないと答えたのはわずか7%だった。

 

 

2017年になっても、64%が依然として大麻の全面合法化に強く反対しているが(出典:Peter Hajak)、すでに大麻の全面合法化に過半数(54%)を占めている。
すべての大麻製品の高い承認は,CBD大麻が国際的に高く評価されているという事実によると思われる
THCの設定でも変更される可能性があります。この調査はまた、CBD大麻が長い間人口の中間に達していることも示している。
現在、ボールは政策立案者に委ねられており、最新の科学的知見と統一された品質基準に基づいてCBDが自由に利用できることを保証しなければならない。」と、MAGUのセバスチャン・リースラントは述べた。

 

引用先   hpd.de

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

運動選手はトレーニングと回復のために大麻を使うのか

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD合法 
 #CBD違法 
 #CBDマリファナ 
 #CBDオーストリア 
 #CBD不眠 
 #医療大麻 
 #CBD頭痛
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD禁煙 
 #CBD不安  
 #CBD肌改善 
 #CBD老化防止 
 #CBDうつ病 
 #CBD鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »