fbpx

CBD製品の人気が高まっている中、購入前に知っておくべきことを以下に示します。

Pocket

CBD製品の人気が高まっている中、購入前に知っておくべきことを以下に示します。

 

CBDに対する否定的な科学的検証は石油合成医療薬会社の支援?圧力? 研究がされているようですが、CBD、大麻成分を薬成分として肯定する視野からの研究はまだ少ないようです。

 

 

 

 

肯定的研究がすくないにもかかわらず、利用者は肯定的に率先して利用する傾向が高いです。
理由は体に肯定的な効果があっても副作用が非常に少なく誰でも使える税分であることが理由です。
体感的にはとてもソフトに効果を感じられること、自然に体調が良くなる感じです。
医療薬を利用すれば効果を感じられる箇所もありますが副作用が大きく、これを長期間利用することに対して治療を受ける人間としては長期間使いたくないのが本音です。
体との相性が悪いのです。

 

最近では薬、麻薬などの依存性に対する効果を和らげる効果も報告されています。

 

CBDはいろいろな効果がある可能性があります。
しかし、医療薬会社は現在使っている材料・石油に対して見切りをつけていません とても大きい副作用があるのにです。
違う目線で言うなら、効果より副作用が大きい毒薬です。
体と相性が悪く副作用を抑える薬を飲まされて治療と言えるのか疑問です。

 

 

石油合成医療薬を開発、研究するには補助金が出るのに対して大麻成分を使う治療の研究補助がありません 
私たちが大麻成分を使った自宅治療の情報はネットで利用者の感想を多くの人が目安にしていることです。

 

 

CBDは非常に安全な成分ですが薬の効果を阻害します。
グレープフルーツが薬の阻害効果で有名ですがCBDはそれ以上の効果があります。
CBDが強力な抗酸化剤、抗炎症剤、抗けいれん剤、抗鬱剤、抗精神病薬、抗腫瘍薬および神経保護的性質をあることも確認されています。
カンナビジオールは遺伝子発現を変化させ、アルツハイマー病の特徴であるベータアミロイドプラークを脳細胞から除去することができます。

 

CBDには既知の有害な副作用はありませんが、過剰量のCBDは中程度の投与量より治療上有効ではない可能性があります。

 

CBDはグレープフルーツの化合物Bergaptenよりも強力なチトクロームP450の阻害剤です。

グレープフルーツがあなたの薬と相互作用するかどうか医師に相談してください。

グレープフルーツがするなら、CBDもおそらくします。←医師の問い合わせは日本でCBDは医師も情報を持っていないためグレープフルーツを基準に問い合わせてください

 

経口投与されたCBDオイルの効果は4時間以上続くことがありますが、効果の発現は吸入よりはるかに遅いです(30-90分)。

 

大麻の実には、非常に抗酸化力の高いポリフェノールの一種である、カンナビシンAという成分が含まれています。(辛味成分) CBDの量が多い製品は辛みが強いです。
フルスペクトルCBDオイルの中でも非常に多い品10%、20%濃度の高いものは基本、CBDを追加した商品です。
濃度が高ければ高いほど舌下利用時の味は強くなります。
高濃度CBDを利用する方法もありますが私の販売している「ドリームスペルオリジナルCBDオイル500mg」は、麻の茎を絞ってオイルとブレンドしている製品です。
利用量を増やすことで高濃度のCBDオイル以上の性能を発揮します(麻の茎成分を多く摂取するため)
ご利用、お勧めします。

 

最後に購入を考えている方は必ず製品の成分表を載せているメーカーの製品を買ってください 日本ではCBD量が正しく入っている商品を選んで輸入されている方が多いとは思いますが、CBD人気のあるアメリカでは価格を安く表示して実際はCBDがほぼ入っていない商品も多く売られているそうです 海外購入されている方はご注意ください
ショップオリジナルCBDは海外の価格、性能、どちらもトップレベルの商品を販売しています 国内から発送しているのですぐに利用もできます。

 

 

     ドリームスペルオリジナルCBD500mgはこちらから購入いただけます。

 

 


 

 

 

CBD製品の人気が高まっている中、購入前に知っておくべきことを以下に示します。

タイ・アヤラさんは、不安と過敏性腸症候群の両方をコントロールするために処方薬に依存していたため、フルタイムの仕事を続けることに不安を感じていた。

 

ロイヤルオーク在住の25歳の女性は、事故や事故に遭わずに仕事ができるかどうか確信が持てなかった。そこで2年前、彼女は市場でますます普遍的になってきている製品―CBDまたは大麻植物の非精神活性成分であるカンナビジオール―に目を向け、処方薬から身を引いた。

 

「私は医療用マリファナカードを持っていますが、IBSに役立つ何かが欲しかったので、精神的に障害を感じることなく仕事ができるので、CBDの全体的な側面に興味がありました。」と語るアヤラさんは、ウォルドレイクにあるグリーンハウスの医療用マリファナ診療所の学生だ。「CBDに切り替えた時、私の生活は確実に改善されました。」

 

CBDの有益性に関する研究はほとんど行われていないが、関節炎、多発性硬化症、癌などの慢性疼痛の治療にCBDがどのように役立ってきたかを示す事例証拠は数多くある。
;不安・抑うつ・不眠;タバコとオピオイドの嗜癖;多発性硬化症およびパーキンソン病に関連する筋痙縮および他の健康問題;てんかん患者の間では、にきび、発作が見られる。

 

その結果、市場は人間やペットのための製品であふれています。大麻産業を追跡しているコロラド州のBDS Analytics社は、CBDの売上が2024年までに200億ドルに達すると予測している。

 

BDS Analyticsの共同創設者でCEOのRoy Bingham氏は、「CBDは大麻のサブカテゴリーから本格的な産業へと成長しつつあります。」と述べ、米国の成人の15%を引きつけた。

 

 

重度のてんかんの治療に使用されるエピジオレックスという1つの処方薬を除き、米国食品医薬品局はCBD製品を承認しておらず、試験も行っていません。

 

つまり、購入しようと思っているものが実際に手に入っているものであることを保証する連邦政府の監督がないということです」 と、ハーバード大学医学部教授でマサチューセッツ総合病院のプライマリケア医であり、オピオイド依存からの回復についての回顧録「リフィル無料:医師が強迫観念に立ち向かう」を書いたDr.Peter Grinspoon氏は述べた。

 

米国医師会は、マリファナとCBDの使用について、より多くの州が成人の娯楽目的でのマリファナ使用を合法化する前に、より適切に管理された研究が必要だと述べています。アムネスティはまた、連邦政府に対し、マリファナが違法な規制対象物質「カンナビノイド系医薬品の臨床研究・開発が可能となります。」であるかどうかを再検討するよう求めた。

 

また、特に若年者、妊婦、授乳中の女性において、長期にわたる大麻使用の結果を決定するのに役立つ研究を支援しています。

 

独禁法の警告にもかかわらず、11の州が成人の娯楽としてのマリファナ使用を合法化し、33の州が医療用マリファナを承認し、CBDが大流行している。オンラインでローション、クリーム、オイル、パッチ、チンキの形で購入できます。近所の健康食品店、ガソリンスタンド、ビデオ店、角を曲がったところにあるKrogerにさえある。CBDを含む製品は事実上どこにでもある。

 

 

CBDとは何ですか、またどのくらい規制されていますか?
大麻の花とつぼみから抽出したCBDは、マリファナの精神活性成分であるTHCが0.3%未満であれば、米国では合法とされている。

 

大麻と大麻はいずれも大麻草だが、大麻のTHC濃度ははるかに低いため、1970年以降、大麻はすべて規制薬物に分類され、連邦政府によって違法とみなされている。しかし、2018年の農業法は大麻を合法化し、大麻の生育を規制するものだった。

 

しかし、それは合法であり、CBD製品への容易なアクセスがあるにもかかわらず、購入者の注意が非常に重要であるとGrinspoon氏は述べた。

 

「製品には殺虫剤や重金属が含まれていて」と語るのは、医療用マリファナの専門家で、大麻取締局の理事を務めるグリンスーン氏だ。「テストされたCBDサンプルの中には、(法律で認められたレベルより高い)THCが含まれているものもありました。”

 

「THCには反対ではありません。私は医療大麻を提供しています。しかし、THCを予期していないときにTHCを使用するのは避けた方がよいでしょう。「と彼は付け加えた。」家まで運転している可能性があり(使用後)、非常に危険です。それが規制されておらず、何を摂取しているのか、CBDの上に何か他のものを摂取しているのかがわからないという事実は危険です。」

 

 

ミシガン州のライセンス管理局は、THC含有率が0.3%未満のCBD製品を規制しておらず、麻の栽培業者と加工業者にライセンスを発行しているミシガン州農業農村開発局が取り扱っている。

 

今年初めに試験的なプログラムを開始したMDARDは、州内に32,000エーカー以上の大麻栽培者541人を登録し、ライセンスを供与した。また、大麻を他の製品に変換する389基のプロセッサもライセンス供与されている。

 

大麻を栽培する農家は、MDARDの研究所か、州から医療用マリファナの検査を認可された研究所で大麻の検査を受け、THC含有率が0.3%以下であることを確認する必要がある。大麻がCBD製品に変換されると、米食品医薬品局の責任となる。

 

しかし、FDAはCBD製品の試験も行っていない。CBDが販売されているグリーンハウスをはじめとする小売店では、ビタミン剤に見られるような承認印はついていない。しかし、チーム・リーダーのアンジー・ルリエ氏によると、同社が販売している製品はすべてテスト済みで、その結果は顧客が入手できるもので、顧客は薬局の隣の部屋で医療用マリファナカードなしで製品を購入できるという。

 

THC含有率が0.3%を超える製品はすべてマリファナとしてミシガン州で規制されており、現在では医療目的での使用が合法となっており、21歳以上の人が娯楽目的で使用できるよう、今年末か新年の早い時期までに市販される予定である。これらの製品は、州のマリファナ規制局によって規制されています。

 

 

CBD製品に関する懸念事項は何ですか?
グリンスーン氏によると、店頭に並んでいるCBD製品に関する懸念には、CBDラベルに記載されている製品や投与量が正確かどうかをチェックする人がいないという。

 

「適切な量のCBDを服用していて、それが単なるCBDであると仮定すると、消費者が気をつけるべき2つのことは:

 

グレープフルーツジュースとまったく同じように、血液中の特定の薬の濃度を上昇させることができます。…。したがって、もしあなたが血液希釈剤を使用しているのであれば、あなたがCBDを使用していることを医師に伝え、医師があなたの血液希釈剤の濃度をより注意深くチェックできるようにする必要があります。
CBDの臨床試験の中には肝臓の酵素値を上昇させるものがあったので、医師はあなたの肝臓の酵素値を監視したいと思うかもしれません。
「しかし全体的には、痛みを和らげるオピオイドや睡眠を助けるAmbien、不安を和らげるベンゾジアゼピンの代わりに使っているのであれば、他のどんなものよりもずっと安全だ「とグリンスーン氏。」。ただ、薬には無料のお弁当はないので、注意が必要です。」

 

 

CBDは本当に効果がありますか?
これらのリスク以外にも、CBDがてんかん以外の症状にも効果があるかどうか、また、どの程度の投与量が最良の効果をもたらすかという問題がある。

 

 

ミシガン大学では、麻酔科および慢性疼痛・疲労研究センターの研究責任者であるKevin Boehnke博士と、麻酔科、医学および精神科の教授であるDaniel Clauw医師が、CBDを使用する理由を今年始めに調査し、ほとんどの人が慢性疼痛からの緩和を最大の理由として挙げていることを発見した。

 

「CBDは、さまざまなベンダーからオンラインで入手できるため、非常にアクセスしやすくなっています「Boehnke氏は言う。」。ただし、安全性と効力に関する品質管理は大きく異なります。」

 

研究者らは、慢性疼痛の第一選択治療としてCBDを推奨すべきであることを示唆する十分な事実に基づく証拠がないことを発見した。

 

「蛇の油がたくさん出ています。私たちはそれを毎日目にします」とルーイラー氏。「誰かが1,000ミリグラムのCBDチンキ剤のボトルを持ってきて、それが効かないと言っています。彼らは、機能していない製品にこれだけのお金を費やしたことに不満を持っています。ボトルを回してラベルの細かい部分を見てみましょう。5ミリグラムのCBDと表示されます。その時点では、それは栄光のココナッツオイルです。」

 

グリンスーン教授によると、CBD製品が役に立っていると言われているにもかかわらず、 「一般的には、その効能に関する筋金入りの科学よりも熱心に研究されている」 という。”

 

CBDは痛みやその他の症状を軽減すると多くの人が主張していますが、マリファナやCBDのようなマリファナ誘導体に関する医学的研究はほとんど行われていません。

 

 

 

 

・2016年にEuropean Journal of Painに発表された研究は、CBDがラットの関節炎の痛みを副作用なしに軽減することを示したが、これに匹敵するヒトの研究はなかった。
・パーキンソン病、社会不安、統合失調症、心的外傷後ストレス障害の治療におけるCBDの有益性についての小規模な研究があるが、米国国立衛生研究所によるこれらの研究の2017年のレビューは、これらの疾患の治療にCBDを使用することにはいくらかの有益性があったかもしれないが、研究のサンプル数が少ない(100人未満の患者)ことが、CBDが有益であるという包括的な結論に翻訳できないことを示唆した。
「私は患者にかなり劇的な効果を有益にもたらしてきたし、他の人々にも 「なぜこれに60ドルを浪費したのか?それは何もしなかった」」とグリンスーン氏。「これは非常に可変的です。規制されていないため、注文した量のCBDを確実に手に入れるには、買い物に精通している必要があります。」

 

過去数十年間、研究は全国的な反ドラッグ感情と、マリファナを違法物質とみなす連邦政府の政策によって妨げられてきた。

 

「かつては大麻や大麻に関連したものが有害かどうか研究したければ莫大な助成金が得られることがありました」と彼は言った。「しかし、CBDが痛みを軽減するような有益な研究をしたければ、米国政府から資金提供を受けることはありません。

 

研究機関がマリファナの健康上の利点に関する研究を開始するにつれて、この状況は変わり始めています。大麻を含む植物由来の医薬品の効果を研究し、世界的に入手できるようにするため、ハーバード大学の国際植物薬・医療大麻研究所が5月に発足した。

 

大麻やCBDを使った動物実験は数多く行われているが、Grinspoon氏によると、動物実験は必ずしも人間に完全には当てはまらないという。

 

「ある種のものについてはCBDのヒトのデータがあります」と彼は言った。「小児期のてんかんには

 

 

CBD製品を購入する前に確認すること
試してみようと思う人には、Grinspoon氏の最善のアドバイスは、独立したラボでテストされたCBD製品だけを選ぶことだ。

 

「独立した検査を受けたことを保証する証明書を探してください。」とグリンスーン氏。「彼らの言葉をそのまま信じてはいけない。ガソリンスタンドに行けば、必ずしも良いCBDが得られるとは限りません。しかし、多くの良いレビューがあり、独立した研究所でのテストやCOA、つまり独立したテストを受けているという保証があるオンラインの場所に行けば、実際のCBDが得られる可能性はずっと高くなります。」

 

また、ルイラー教授は、大麻が栽培されている他の国の土壌が疑わしい可能性があるため、消費者は製品がどこで生産されているかを見て、米国製の製品を選ぶべきだと提案した。

 

「多くの製品が中国やその他の国から入ってきています。」と彼女は言った。「それは重金属のようなものを手に入れるときです。」

 

 

 

引用先   freep.com

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDについてのすべての質問 – 回答済み

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD合法 
 #CBD違法 
 #CBDマリファナ 
 #CBD過敏性腸症候群
 #CBD不眠 
 #医療大麻 
 #CBD疼痛
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD統合失調症 
 #CBD不安  
 #CBD肌改善 
 #CBD老化防止 
 #CBDうつ病 
 #CBDオピオイド 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

 

Pocket

Translate »