fbpx

CBDと疼痛:精神科医が考慮すべき問題

Pocket

CBDと疼痛:精神科医が考慮すべき問題

 

 

 

疼痛を抑制するために毎日石油合成医療薬「オピオイド」を利用することが体に相当負担、ダメージがあるようです アメリカでは大麻が解放され大麻成分が利用しやすくなったこともありCBDをオピオイド鎮痛薬の代替え品にCBDを利用する方が増えてきているみたいです。

 

医療大麻を利用できる州、それとTHCの精神高揚成分が含まれているため子供たちに医療大麻を勧める医師、大人も少ないと思われます。

 

CBDは禁止されている州が少なく大麻栽培に関しては合法化したこと、副作用がほとんど無い事から利用者が気軽に使える安全な成分と認識されアメリカでは大流行のようです。
※利用量が多い場合、CBD初心者が利用量多く利用した場合は下痢などの軽い副作用が出る場合があります 続けて利用することで症状は出なくなるそうです 初心者は少量から始めることが良いようです。

 

疼痛緩和目的で使う薬、多分利用者は毎日だと思われます。
副作用の少ないものを利用したいのが本音だと思います。
特に症状、痛みが強く感じられている方は薬の利用量が多くなります 間違いなく副作用は大きくなります この量を毎日利用するとなると大きい負担です。

 

 

 

私は本日整体に行き交通事故で体のバランスが悪くなり時々腰痛で行くのですが筋肉が緩みすぎると膝が痛くなるためCBDオイルの湿布をしました。
個人的にですが痛みはすぐに取れました。
皮膚吸収が早いことを実感した日です。

 

最近湿布をバンドエイドで気軽に行う方法を写真で紹介したので再度掲載します。

 

 

今回、私が痛みがある場所の上に直接貼る方法と、大きい静脈の上に貼り、血流にCBDを流す目的で貼る方法が2つあります。
湿布+舌下利用することをお勧めします とくに体調が悪い方にお勧めします。

 

下記紹介文にも書かれていますがアメリカの製品はCBDが非常に人気が出たため、正しい数値のCBD量を使っていない商品があること、CBDオイル事業を起こすため銀行融資が違法成分THCを嫌っているため多くのメーカーがCBDを精製した成分を使います。

 

 

 


 

CBDと疼痛:精神科医が考慮すべき問題

要約/概要:
患者さんが痛みに対してカンナビノイド化合物を使用した場合、特に現在オピオイドを使用している場合はどうなりますか。
疼痛認識月間にちょうど間に合うように、これらの新しい研究の結果は洞察とガイダンスを提供する。

 

検索の更新
疼痛に対するカンナビノイドの合法化と関心が高まるにつれ、医師も研究者もカンナビノイドの使用と安全性に関心と関心を寄せています。
3件の新しい研究により、疼痛、予期しない結果の可能性、患者を保護するためのベストプラクティスを治療するためのカンナビノイド化合物の受け入れが明らかになりました。

 

世論・姿勢の検討
CBDに関する患者の知識と態度の問題に取り組むために、米国麻酔学会(アサ)は全国的な研究を委託した。
疼痛管理にマリファナまたはカンナビノイドの使用に関心を示した回答者の75%が、これらの化合物がオピオイドや他の薬物より安全であるか、副作用が少ないとの印象を受けていたことがわかった。

 

 

この調査では、回答者の58%がマリファナとカンナビノイドの副作用は他の処方薬より少ないと考えていることも分かりました。具体的には、回答者の62%がマリファナおよびカンナビノイドはオピオイドより安全であると考え、回答者の57%がこれらの薬物は他の処方薬よりも副作用が少ないと考えていた。
おそらく最も憂慮すべきは、回答者のほぼ半数(40%)が食料品店、トラックの停留場、健康食品店、医療用マリファナ薬局で販売されているCBDが米国食品医薬品局の承認を得ていると考えていたことである。

 

 

 

ミレニアル世代はマリファナやカンナビノイドに好意的な見方をしている可能性が高いが、全ての年齢層や人口統計に関心があった。
調査対象となったミレニアル世代の約4分の3が、痛みに対処するためにマリファナまたはカンナビノイド化合物(CBDまたはTHC。)の使用を検討すると述べている。

 

対照的に、ベビーブーマー世代とGen-Xers世代の約2/3が、疼痛管理にこの化合物を使用することに関心を示した。ミレニアル世代もより高い割合で使用しており、37%が疼痛に対してこれらの薬剤を使用していると報告している。
一方、Gen-Xとベビーブーマーの回答者のそれぞれ25%と18%が使用を報告した。
逆説的なことに、マリファナやカンナビノイドに関心がある、あるいは使用していると答えたのは、調査対象者の13%にすぎませんでした、なぜなら他の疼痛管理療法は効果がないとわかったからです。

 

 

CBDとオピオイドの混合
オピオイド使用に対するCBDの影響をよりよく理解するために、Rogersら2は、過去四週間以内に中等度から重度の疼痛を有する18~64歳の成人450人のサンプルを調査した。
2参加者は、少なくとも3カ月間持続する慢性疼痛があり、疼痛に対してオピオイド薬を服用していた。
参加者の3分の1以上(39%)が過去3カ月以内の大麻使用を報告した。
参加者の大多数は白人(77.8%)で、ほぼ半数(40.4%)が準学士以上を取得していた。

 

研究者らは、オピオイドと大麻の同時使用が、物質乱用のリスクと同様に精神衛生上の問題を有意に増大させることを発見した。
具体的には、大麻使用者では、不安と抑うつの有病率が有意に増加した (推定限界平均はそれぞれ、2.33対1.56および2.5対1.8)。同様に、麻薬を使用していた人は、タバコ、アルコール、コカイン、鎮静薬を使用するだけでなく、オピオイドを乱用する傾向が高かった。
著者らは、大麻を使用した参加者と使用しなかった参加者との間に疼痛強度または障害の点で有意差は認められなかった。

 

「この研究の結果は、慢性疼痛に対するオピオイド使用に関連した大麻の使用は、精神衛生および物質使用の転帰を著しく悪化させることを示唆しており、この集団における大麻の使用に焦点を当てることには、特別な臨床的有用性がある可能性がある。」と研究者らは述べた。
「オピオイドと大麻の併用を報告している人では、大麻の使用に介入することも重要です。..オピオイド投与開始前の精神衛生/薬物使用に関
連する問題。」

 

 

 

 

結論は何ですか

多くの科学者と多くの患者が大麻を新しい特効薬として期待していますが、その安全性と有効性に関して、特にCBD製品を構成する多種多様な化合物を考慮すると、利用可能な研究はほとんどありません。
臨床医がこの問題をよりよく理解できるようにするため、メイヨークリニックの研究者らは、これらの製品の潜在的な有効性と主張される安全性プロファイルを調査している。VanDolah氏とColleagues3氏は、Mayo Clinic Proceedingsに掲載された論文の中で、安全性への懸念や有害作用だけでなく、治療上の可能性についてもレビューした。

 

CBDの背景にある科学を見直すことに加えて、研究者らは臨床医が患者が質の高い製品を見つけるのを助けるための指針を提供している。
例えば、患者は他のハーブサプリメントと同様に、溶媒を用いずに二酸化炭素で化合物を抽出することを確認するよう提案している。
「米国では規制が不明確であることに加えて、オンライン製品の表示に関するいくつかの問題が指摘されていることから、ヨーロッパから輸入された製品を患者に使用することが推奨される。
ヨーロッパから輸入された製品は、米国の要求である0.3%乾燥重量未満と比較して、0.2%乾燥重量未満の低THCレベルに対するより厳しい要求を実際に有しており、大麻に対するより確立された規制システムもある。」と付け加えた。

 

「我々は、医師に対し、これらの治療法に対する患者の関心を無視するのではなく、特に嗜癖およびオピオイドの過剰使用を抑制する状況において、新たな選択肢を探求する試みに関しては、臨床的好奇心および健全な懐疑心を維持するよう奨励している。」と彼らは書いている。
「この論文がきっかけとなって、医師が患者と医師の両方に、CBDとヘンプオイルをはじめとする、より多くの人々が利用する代替療法についての教育を続けてくれることを願っている。」

 

 

 

 

引用先   psychiatrictimes.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDについてのすべての質問 – 回答済み

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD合法 
 #CBD違法 
 #CBDマリファナ 
 #CBDオピオイド
 #CBD不眠 
 #医療大麻 
 #CBD疼痛
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD睡眠 
 #CBD不安  
 #CBD湿布 
 #CBD老化防止 
 #CBDうつ病 
 #CBD鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »