fbpx

CBDは誰もがより快適に感じるようになる—しかし誰もその理由を知らない

Pocket

CBDは誰もがより快適に感じるようになる—しかし誰もその理由を知らない

 

 

 

 

CBDオイルはアメリカの話ですが薬として認証されたのは特定の重度症状の子供に起きるてんかんに対する治療薬だけです。
子供に起きる重度な症状のてんかんに対して石油合成医療薬は効果がないことを意味します。
実際、てんかん用の薬はあるのですが副作用が強く子供と言うより幼児に対して使えないといった感じでしょうか?
石油合成医療薬会社は多分大麻成分に関して圧力をかけていたと思いますが女性、母親たちの団体が国、議員に圧力をかけたはずです。
一部のてんかん症状に関しては薬が認可されました。

 

多分、トランプ大統領でなければ認められなかったと思います。
現在、世界で石油利権、戦争で儲けていた人物たちの駆逐が始まっています。
これは裏の話なので知られない事実です。

シャンティフーラ時事ブログを紹介します 世界の流れを正しく把握できます

 

石油利権で儲けているのは医療薬も同じです。
今の日本の医療薬はアメリカの会社の発明された石油合成医療薬ばかりです。
アメリカのメーカーから買わなくても日本のメーカーが作って販売しているケースも多くあります。
問題なのは石油合成医療薬が人間の体と相性が悪い事です。

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

↑ロックフェラー財閥がアメリカで石油合成医療薬を普及させた大本です。
少し昔のアメリカらしい方針、量産・安い原材料費・保管が手軽 そしてこの薬は悪い箇所だけを治療するといった戦時の応急処置的な薬です。
応急処置的に全体を治療せず一部を治療するため効果は早く感じられるかもしれませんが完治ではないのです。

 

話を戻します。

 

フルスペクトルCBDチンキ剤
アメリカのメーカーが起用しない大麻茎をそのまま抽出したエキスを使います。
完熟した大麻茎を使うことが条件で、完熟した茎にはTHCと言われる現在国連で大麻指定されている成分(麻薬と違うのに扱いは麻薬扱い)が0.3%存在します。
アメリカ連邦は完熟した大麻のTHC濃度0.3%以下なら認知しています。
しかし、フルスペクトルCBDを抽出する手間と茎だけを抽出する手間と銀行がTHC成分の入っている商品を販売するメーカーの融資をしたがらない理由からCBD単体をオイルで希釈して販売するメーカーが多いのです。
他にも大麻(日本では麻と言います)がマリファナ(同じ大麻ですが品種違いでTHCの多い品種)の花粉と大麻が受粉するとTHCの多い大麻が出来てしまうため管理が大変みたいです。
アメリカ、カナダ製のフルスペクトルCBDオイルのメーカーも存在しますがフルスペックCBDの利用を勧めるならヨーロッパ製が安く、製造もしっかりとしたメーカーが多いです。

 

 

私のショップオリジナルCBDオイルも実はヨーロッパ製です。
フランス産の無農薬、有機肥料のオーガニック大麻をオランダのメーカーがCO2臨海圧抽出法を利用した安全な抽出方法で作られました。

 

 

 

CBG含有の2019年現在ではあまり販売されていないCBDオイルです。

 

CBDは人によって効果が感じられる量が違います。
これは実感できるレベルの話です 多分、体の細胞レベルで調整されているはずですが実感できる量は個人差で20倍あるという報告があるのです。
人によってはすぐに実感できる方、同じ量を使い日を重ねて2週間後に実感が沸く方、フルスペクトルCBDの利用は単体のCBDに比べて少ない量でも効果があると言います。
その情報だけを信じ、少量を使い続け実感がない方もいらっしゃいます。

 

アメリカの臨床試験に使われている純度の高いCBD単体成分の1日の利用量は1回で100mgを超えるものもあります。
ここまで多く利用する必要はないと思いますがCBD成分に慣れ、利用回数が多くなった頃には、付属のスポイト1本程度利用していただければ実感できると思います(3食食後に利用の場合)

 

 


 

 

CBDは誰もがより快適に感じるようになる—しかし誰もその理由を知らない

 

「ある人は言いました、 「私には99の問題があり、CBDはそのうちの86を修正する。」と語るのは、大麻とCBDを専門とする市場調査会社、Brightfield Groupのマネージングディレクター、Bethany Gomez氏だ。
同氏は頻繁にインスタグラムで撮影されたミームを引き合いに出しているが、CBDに悪口を言う人と話をすれば、おそらくその言葉通りのことを言うだろう。
ジェイ・Zは、彼の象徴的な2003年の曲「99問題。」をこのように叙情的に調整したことに首をかしげるでしょうが、それでもやはりジェイ・ZでさえCBD業界に関わっています。
CBDはカンナビジオール (cannabidiol) の略で、マリファナや大麻に含まれる非精神作用性の化合物で、2019年に発売された健康のための万能薬だ。

 

 

厳密に言えば、CBDが「直す」唯一の問題はてんかんである。
2018年、精製マリファナ由来のCBDを含むエピジオレックスが、小児てんかんの二つのまれな型による発作を予防するために、米国食品医薬品局に承認された。
CBDの他のすべての使用法は、それらの有効性に関しては宙に浮いている。
この事実によって、2019年には2200万人の消費者が、この薬をいろいろ試してみて、子宮内膜症から注意欠陥多動性障害、偏頭痛、不眠症、全般性不安障害などの症状を自己治療している。
人間に関するいくつかの有望な研究は、CBDが社会不安、統合失調症患者の精神病症状、ヘロイン渇望を軽減する能力があることを示していますが、これらの研究の結果は決定的なものではありません」 とUCLA Cannabis Research Initiative事務局長のJeff Chen医師、MBAは説明する。
しかし、このようなデータの不足は、この新しい産業の繁栄を止めることはできなかった。

 

 


カンナビスは文化的な時代に立ち、汚名を着せられた薬から、常に最も有益な分子の1つを含む強力な植物へと変化した。

生物多様性条約が至る所に存在する理由を理解するには2018年の農業法案に目を向けなければなりません。
私たちの政府は農業、食糧、林業、農村地域のあらゆるものを網羅する新たな農業法案を5年ごとに可決しています。
しかし、昨年、この法案は、トランプ大統領の中国との関税戦争の結果、農業従事者の利益が大幅に減少したため、特に論議を呼んだ。(アジアの国は、米国の農業の最大の輸入国の1つです。)この法案は農家に対する保険保護や農家市場への資金提供などを主な対象としているが、大麻の一種を違法薬物マリファナと区別して農産品に再分類し、一部の農家が関税で失っていたお金を助成した。

 

 

 

同時に、Goopyのウェルネスの世界は4兆2000億ドル産業に爆発した。
これまで医師からは信用されず、慢性的な痛みを抱えていた女性たちは、別の治療法を模索し始めた。そこには、クリスタル、『ホール30』、セロリジュース、手の込んだセルフケア・ルーチン、スリープコーチ、赤外線サウナ、そしてもちろんCBDが登場する。
しかし、健康に関する自己実験に関して言えば、CBDが実際にどのように機能するのか、あるいは機能するのかを誰も知らないということはあまり重要ではない。
この未知なるものを信じようとする意志と、2018年の農業法案は、進取の気性に富んだ個人が、三文字の頭字語で浮き彫りにされたあらゆるものを私たちに売るための、完璧な嵐を作り出した。
法案が提出される前は、CBDはもっぱら口コミで宣伝され、独立系の販売チャンネルを通じて販売されていた。
そして今、2023年までに230億ドル産業に成長する軌道に乗っている。

CBDについて初めて聞いたのは昨年、私と同じように慢性的な片頭痛を患う友人からでした。
彼女は、退役軍人、長期障害者、低所得世帯にCBD製品を割引価格で提供しているLazarus Naturals社の高力価フルスペクトルCBDチンキ剤を試してみてはどうかと提案した。
頭痛の頻度を大幅に減らすことができたので、私にも効くと期待していました。
驚いたことに、その通りだった。
いいえ、痛みは完全には治まりませんが、片頭痛が起こるたびに起こる身体的な不快感やそれに伴う不安をある程度軽減するのに役立ちます。
私はそれを非常に楽しみ、偏頭痛がなかった時でさえ、他のCBDブランドを試し始めた―Lord Jones Royal Oil TinctureやSunday Scaries Vegan Gummiesなど―そして、常用することで、私は穏やかになり、集中しやすくなることを発見した。

 

 

ロサンゼルス出身のエイプリル・アンさん (31歳) は、仕事と激しい運動の後で疲れを取るために、一日の終わりにCBDの服用を始めた。
カフェインをたくさん飲むが、お酒は飲まない「自然高エネルギー」として、彼女はCBDが彼女をリラックスさせるが、だるさや酔わせないことが好きだった。
「CBDは機能していますが」と彼女は言う。
「メールを見たり仕事のことを考えたりしているのではなく、座って好きなテレビ番組を見ているだけで、その日のストレスや明日しなければならないことを心配していません。」

ニューヨーク市在住のElizabeth Andreassenさん (26歳) は、CBDチンキを使い始めた時期に不安を感じ、胃の中でいつも沈んでいく感じがした。
「舌の下にチンキ剤を垂らしてから数分で消えた。」と彼女は言う。
同じくニューヨークに住む27歳のMegan Tatem氏は、「もはや気分屋ではない。」ことから、CBDがいつ機能しているかを知ることができると述べている。また、医師の許可なしに、精神医学と鎮痛薬の処方をCBDに切り替えたという報告もある。
しかし、CBDはまったく影響しないと考える人もいます。ニューヨークの不動産ブローカー、ジェイ・K.*(34) さんは、トレンディーなコーヒーショップでCBDオイルとカプセルを購入し、高用量に見えても何も感じなかったという。
「何度か、何かを感じ、それがどのように販売されているかを見て、それが蛇の油であることに気付いた。」と彼は言う。私は、慢性的な不眠症に苦しんでいる母に、Lord Jones CBD Gumdrop (ジョーンズ卿CBDガムドロップ) を数錠飲ませましたが、睡眠の問題を改善しなかっただけでなく、何も感じませんでした。

 

 

 

      ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml  購入はこちらから

 


CBDが「作業」であると本当に信じている人は、それが何を意味するにせよ、その影響を受けやすくなります。

 

研究者らはこれまで、CBD「仕事」をこれほど多くの問題にうまく適合させる生理学的メカニズムを正確に特定できていないと、St.Joseph’s Healthcare Hamilton McMaster Universityの精神医学教授であるFlavio Kapczinski医学博士は説明する。
簡単に言えば、CBDは体内の恒常性を維持し、痛みと炎症を調節する複雑なネットワークである内因性カンナビノイド系を調節することによって作用すると考えられています。CBDなどのカンナビノイドは、特定の内因性カンナビノイド受容体に結合することができ、さまざまな感覚を与えます。
「カンナビノイドの治療効果には多くの期待が寄せられています」とKapczinski医師は言う。
「このような期待はおそらく現在膨らみつつある。」
しかし、過剰な期待とプラシーボ効果は大きな効果をもたらす可能性がある。
CBDの使用方法はさまざまで、推奨用量も規定されていないため、CBDが効果的であることを示すには、すべての人が自分自身の経験に頼ることができます。
CBDが「作業」であると本当に信じている人は、それが何を意味するにせよ、その影響を受けやすくなります。
そして、人々が本当に自分が望んでいる結果を感じていると信じているなら、彼らはその製品を信頼し、友人に話す可能性が高くなる。

 

 

CBDの服用に伴う副作用は、大量に服用してもほとんどありません。
UCLAのChen博士によると、短期的には比較的安全だという。
しかし、CBDが妊婦にどのように影響するのか、CBDが他の薬を阻害するのか、特に長期的な影響の可能性など、まだ多くの疑問点が残っています。(CBDは、他の薬物の効果 (良いものも悪いものも) を高めることが示されている。)
人は何十年も大麻を安全に使用してきたので、理論的にはCBDでも大丈夫だと主張する人もいます。
しかし、これは簡単な比較ではありません。

 

 

「オンラインまたは店舗で販売されるCBDは、州や連邦の機関によって規制されていません。」とChen氏は言う。
「つまり、ラベルの付いているCBDの量がまったく異なる場合もあれば、汚染物質が含まれている場合もあります。」(すべての処方薬を評価し承認する米食品医薬品局 (FDA) は、エピジオレックス以外のCBD製品を承認していない。
しかし、組織は「は、大麻及び大麻由来化合物、特にCBDに対する公衆の重大な関心を認識している。」。)
CBDユーザーは、最も安全で効果的なフォームが得られるように、選択する製品に注意する必要があります。
Chen博士は、Whole Foods、CVS、Walgreens、Krogerなど、信頼できる大手小売業者からCBDを購入することを推奨しています。
そのため、これらの小売業者は、販売する製品が可能な限り安全で適切に処分されていることを確認するために、ある程度の注意を払っています。
または、もしあなたの州で選択肢があるなら、合法の大麻薬局に行ってCBDをもらってください。
「これらのパラメータ以外で購入する場合は、独自の調査を行う必要があります。」と彼は言う。(もちろん、CBDを使用していることを医師に知らせることも有益です。)
CBDの将来がどのようなものになるかはわからない。
大麻農家とCBD製造業者は、大麻の栽培と栽培に関する公式の規則と規制が最終決定され、USDAから発表されるのを待っています。また、CBDの強さには州ごとに異なる規則があります。
また、THC含有率が0.3%未満の大麻由来のCBD製品で州の境界を越えることは技術的に合法ですが、TSAは最近になってようやく、大麻を持って移動することはクールだと述べました。

 

 

一方、CBDブランドは、州が今後のUSDAの規制とどのように調和するか、そしてその変化が彼らのビジネスのやり方にどのように影響するかを熱心に見守っている、とLazarus Naturalsの政府事務局長であるDylan Summers氏は説明する。
「理想的なシナリオは、トレンドをできるだけ長く維持したいということです。」と彼は付け加える。「当社は確かに好位置にいる;売上が伸びています。」
これらの売上は主に、CBDを熱心に購入し使用し、より大きな成功を報告しているミレニアル世代とジェネレーションZによって上昇している。
結局のところ、今日の多忙で躁病的な世界では、単に気分が良くなるだけです。
自分の経験を裏付ける科学的証拠がほとんどないということは意味がない。
これらのデモは、高齢化し、何らかの治療を必要とする病気が増えるだけです。
今のところ、CBDはその条件を満たしているようだ。

 

 

 

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDについてのすべての質問 – 回答済み

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD合法 
 #CBD違法 
 #CBDマリファナ 
 #CBDアメリカ 
 #CBD不眠 
 #医療大麻 
 #CBD疼痛
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD統合失調症 
 #CBD不安  
 #CBD湿布 
 #CBD老化防止 
 #CBDうつ病 
 #CBD鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »