fbpx

アメリカでは複数のアスリートは、CBDはより良い鎮痛剤であることを認識しています。

Pocket

アメリカでは複数のアスリートは、CBDはより良い鎮痛剤であることを認識しています。

 

 

 

アメリカサイトの記事を紹介します。

 

内因性カンナビノイドシステムに作用し、伝達物質であるCB1およびCB2受容体と相互作用して、睡眠、記憶、食欲、痛み、代謝、生殖システムなどの多くの機能を調節します。

西洋医療の治療といった感覚とは違い、神経伝達物質の量を増減させ、正常な量に調整することがCBDの効果だと言えます。

 

結果、体の伝達物質が調整されるため、体が正常動作をしやすい環境を生み出すのです。
その結果が治癒になるのではないのでしょうか?

 

スポーツ選手は理屈より実践派です 多くの方が体感したことで利用者が増えていったと思われます。
THC成分はドーピング指定されています フルスペクトルCBDオイルは微量ですがTHCを含むためドーピング検査があるスポーツでは純度の高いCBD結晶を利用することになります。

 

アスリートが試合後に体の一部を冷却して体、筋肉を試合後にケアしています。
本来なら氷一杯の浴槽に入り、体全てを冷却すると良いとか・・・
CBDは氷の代わりが出来るのです 体の腫れ、細胞の炎症にケアが出来、興奮した精神状態を通常の落ち着いた精神状態にすることも可能です。

 

日本でCBDを体のケアに使っている選手がいるのは確認が出来ませんがアメリカのスポーツ選手はCBDを利用している方が多いようです。

 

 

 


 

 

多くのアスリートは、CBDはより良い鎮痛剤であると言います。
それは…ですか?

 

 

大麻抽出物が人間でどのように機能するかについてのデータはほとんどありませんが、スポーツの世界はとにかくそれを受け入れています。

 

ナショナルホッケーリーグの8シーズンで、ライリーコートは何百もの戦いに巻き込まれたと推定しています。
コートはエンフォーサーであり、他のチームのプレイヤーをチェックするのが仕事でした。
対戦相手が氷上で肉体的になりすぎた場合、コートは彼を整列させます。

 

彼は2010年に引退し、脳と体に繰り返し外傷を負いました。
コートは慢性的な痛みに苦しみ、年を取ったときに彼のボロボロの心に何が起こるか心配していました。
その後、2013年に、彼はより一般的にCBDとして知られるカンナビジオールを試しました。「それは確かにゲームチェンジャーでした」とコートは言います。
現在、彼は1日に少なくとも2回使用していると報告しています。

 

 

 

オピオイドの危機をきっかけに、繰り返し脳損傷の危険性を示す証拠が増えているため、大麻とその抽出物であるカンナビジオールは、オピオイドへの依存を軽減できる有望な不思議な薬のように見えてきました。
2017年、世界アンチドーピング機関は、禁止物質のリストからCBDを削除しました。
その同じ年、元全米バスケットボール協会のコミッショナーであるデビッド・スターンは、選手が医療用マリファナを使用できるようにリーグが方針を変更すべきだと述べた。
そして今年、ナショナルフットボールリーグプレーヤーズアソシエーションは、他の疼痛治療、すなわちオピオイドの代替としてマリファナとCBDを研究するためにNFLと提携しました。

 

向精神性でも中毒性でもないCBDは、いくつかのスター支持者を獲得しています。
元ニューヨークジャイアンツのレシーバーティキバーバー、元ボストンセルティックポールピアース、最近引退したニューイングランドパトリオッツのスター、ロブグロンコウスキーなどの熱狂者は、痛みを管理できる強力なヒーリングツールとしてこの物質を宣伝する独自のCBD会社を持っています。
不安を解消するのに役立ちます。彼らの擁護は、薬のプロフィールを上げて、全国的な会話を始めるのを助けました。

 

しかし、科学は彼らのセールスピッチと同じくらい説得力がありますか?科学者たちは、CBDが慢性の痛みと炎症を緩和するために何かをしていると信じていますが、それが何であり、適切な用量または最良の送達方法は何であるかは謎のままです。
「多くの人々が逸話的な恩恵を受けているので、そこに何かがあります」と、カリフォルニアの大麻研究所であるWerc Shopの化学者兼CEOであるジェフリーレイバーは言います。
「私たちはまだそれを理解しているとは思えません。」

 

 

もっと詳しく知る
大麻中でより有名な精神活性化合物であるTHCのように、CBDはマリファナまたは麻に由来します。
内因性カンナビノイドシステムに作用し、全身のCB1およびCB2受容体と相互作用して、睡眠、記憶、食欲、痛み、代謝、生殖システムなどの多くの機能を調節します
CBDは高くなりませんが、げっ歯類に関する研究は、それが重要な治癒力を持つかもしれないことを示唆しています。

 

 

 

 

大麻の有線ガイド
たとえば、ある研究では、関節炎に苦しむラットの関節にCBDクリームをこすると、炎症を減らすことで病気の治療に役立つことがわかっています。
別の人は、CBDが変形性関節症の痛みを軽減できることも発見しました。
研究者は、ラットがCBDを服用した後、苦しんでいる手足により多くの体重をかけることができ、関節の炎症が少ないことを示しました。

 

しかし、げっ歯類は人間ではありません。
それらの代謝は異なる働きをします。
彼らは人間と同じ状態に苦しむことはありません。
そして、多くの原因がある痛みと同じくらい複雑なものは、可能であれば人間でよりよく研究されます。
「本当に多くの臨床試験とより多くの研究が必要です」とインディアナ大学のカンナビジオール研究者であり、非依存性疼痛治療​​としてのCBDの可能性を研究しているアンドレア・ホーマンは言います。

 

CBDは、オキシコンチンやフェンタニルなどのより強力な鎮痛剤と比較して、比較的安全な化合物と思われるため、彼女を興味をそそります。
引退したNFLプレーヤーのかなりの数がオピオイドを使用して報告していることを考えると、新しい投薬オプションは大きな違いを生む可能性があります。

 

国立衛生研究所もそう考えています。
NIH は今月、CBDの抗炎症および疼痛緩和療法としての可能性を調査するための9つの新しい研究助成金を発表しました。

 

自身のCBDビジネスも始めたCoteは、この薬で日々を締めくくりました。
彼は朝に1錠を服用して痛みの管理と炎症を助け、夜にチンキ剤を飲んで睡眠を助けます。
彼がトレーニングで痛い場合、彼は日中に筋肉や関節に局所クリームを使用するかもしれません。

 

しかし、アスピリンやイブプロフェンなどの市販の鎮痛剤とは異なり、コートを摂取する量を示すラベル付きの箱や研究セットはありません。
コートは、自分の体が異なる用量と送達メカニズムにどのように反応するかを監視し、自分でそれを把握する必要がありました。
「確かに、自己実験の要素があります」と彼は言います。

 

 

 

 

麻薬成分?
また、Coteを支援しているのは純粋なCBDですか?それも不明です。
これらの製品については何も標準化されていません。
それらの一部は、特に雑草がまだ違法であり、国営のテストインフラストラクチャがない州では、悪化する可能性があります。
また、製品には非常に大きな違いがあります。
各クリーム、チンキ、および強壮剤には独自のレシピがあります。
追加のマリファナ化学物質を含むものもあります。他の人はしません。異なる企業が製造した飲み込み可能な丸薬は、すべて同じ吸収性があるとは限りません。

 

「おそらく、CBDは汚い薬物と呼ばれるものです」とHohmann氏は言います。
つまり、そのメカニズムはその環境と消費様式に非常に敏感です。マリファナに含まれる他の多くの化合物(テルペノイド、THCなど)はすべて、体がCBDを処理する方法に影響を与える可能性があります。
また、遺伝的変異は、人々の反応を大きく変えます。
現時点では、どのフォーマットや処方が最も効率的であるか、安全はもちろんのことに関するデータはありません。「私たちはそれについてもっと多くのことを知っているだろう」とRaber氏は言います。

 

親CBDアスリートにとって、より強固な科学的裏付けは彼らの主張を証明し、リーグの方針を変えるのに役立つでしょう。
全米バスケットボール協会やメジャーリーグ野球など、ほとんどのプロスポーツでの薬物検査が陽性であれば、多額の罰金とともに薬物乱用プログラムに参加することができます。
NFLでは、ゲームを見逃したり、スポーツから禁止されることさえあります。
ナショナルホッケーリーグのみが、マリファナについて陽性のテストを行ったプレーヤーへのペナルティを停止しました。

 

しかし、リーグ自体が唯一のハードルではありません。
CBDはまだすべての州で合法ではありません。
CBDを促進するアスリートは、リーグルールを変更するだけでなく、痛みを和らげる選択肢を主流に変える必要があります。彼らはまた、国内の薬物政策を変更する必要があります。

 

 

 

引用先  https://www.wired.com

 

 


 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
CBD単体成分は多く摂取しないと実感が沸きません・・1回に50mg、100mg利用するとか・・
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。
多く使わなければ実感しない方も居ますが単体成分はほかの大麻成分との相乗効果が期待できません

 

フルスペクトルCBDオイルは麻の茎をそのまま抽出した製品です。
100種類以上の成分がCBDと相乗効果を生み出し利用量が少なくても実感が出来る可能性が高い製品です。
※CBDを実感できる量が人によって20倍程違いがあります。

 

CBDは、体の情報送信の役目「ホルモン」のバランスを整えます。
 バランスが整える事で自己治癒能力が正常に働き、結果 治癒につながるように思えます。
ネットで色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDで家庭療法にて治癒報告が多い理由は人間のホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。
個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

フルスペクトルCBDオイルをオーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD合法 
 #CBD違法 
 #CBDマリファナ 
 #CBDアメリカ 
 #CBDアスリート 
 #医療大麻 
 #CBDスポーツ
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD鎮痛剤 
 #CBD代謝  
 #CBD湿布 
 #CBD食欲 
 #CBD生殖 
 #CBD睡眠 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »