fbpx

関節痛にCBDを使う患者にガイドラインを提供します

Pocket

関節痛にCBDを使う患者にガイドラインを提供します

 

 

 

現在、アメリカ連邦として大麻(麻)は法律上、麻薬指定から外され栽培可能な植物として2018年、扱いが変わりました。

 

THCが多く存在する大麻(マリファナと呼びます)は未だに麻薬扱いされています。
THCが多くてもアメリカの州法律で認められている州は存在していますTHCが麻薬指定されていてもソフトドラック程度の効果しかなく、依存性も存在してもアルコール以下の依存だそうです。
マリファナ、大麻の違い・・実は植物は同じです実は土地によって分泌する成分が違うのです。
ちなみに日本の麻はTHCの少ない麻です。
麻の成分の違いの理由は酵素が原因です 土地によって作られる酵素量が違うそうです 他にもTHCの少ない品種がTHCの多いマリファナの花粉を受粉してしまうと茎の赤い麻になり、THCの多い麻になるそうです。

 

・大麻成分は同じ成分が酵素により変化します
CBGA→CBDa→CBD
CBGA→THCa→THC
CBGA→CBG   ↑
↑       ・光(紫外線)、熱、酵素により脱炭酸化(CO2が抜ける)により変化します。
・CBGAから違う酵素の影響で違う成分に変化しています
大麻もマリファナも呼び方が違うだけで基本、同じ植物です。
CBGaが変化する酵素が地域で違いがあるそうです。(日本が昔から繊維用途として育てているのはCBDaに変化する酵素の系統みたいです)
同じ植物と言っても品種がありますから一概に言えませんが大きく言うと同じ植物、地域差、品種で変化する酵素が違うみたいです。

 

人間の健康にも一役買うことができる大麻ですがアメリカの大手製薬会社が石油から作っている現在の医療薬会社が荒れた土地でも簡単に育つ麻を原料とした薬を簡単に認めさせる訳はありません(安く製造できるため) 

 

現在、大麻成分は多くの研究が続いています しかし、医療の薬としては小児用の特別な重度のてんかんに対してCBDは治療薬としてアメリカで認めています(重度のてんかん症状は石油製造の薬では効果がありません)
精製されたCBDが薬として現在認められているのは、小児用重度のてんかんに対して薬として扱われています。

 

ちなみにアメリカの製薬会社が石油合成CBD?THC?を薬として販売しています。
大麻成分利用者は副作用が強いので、わざわざ副作用の強い合成された物より、大麻抽出の安全な成分が選ばれ、利用されています。
製薬会社の圧力なのかわかりませんが、大麻抽出に重金属が含まれているなどの注意喚起がされています。
畑によってこのような問題がある可能性は否定できませんが石油合成成分と比較できない程度の問題だと私は思います。
製造工程もCo2臨海抽出方法を使わないアルコール抽出を使われたCBDを食用として半ばされているなどの安全性に問題のある品もあるため安くてCBDを利用できる商品には注意が必要です。

 

大麻成分はTHCも含めて人体に対して相性が良い成分です。
体の相性が良いと言っても一つの成分を極端な量で摂取すれば問題はおきるはずです。
それを考慮しても大麻成分は私たちの健康に貢献してくれます。
今現在、体に多くのストレスがかかっています 食事、水、私生活に使われている成分に多くの薬、化学成分が利用されています。
その多くは石油合成です現在の石油合成製品は肉体の相性が悪い成分です(毒)
常に摂取、皮膚吸収することで解毒が間に合っていません 体の細胞が正常に動きにくい状態を私たちは作っているのです。
その状態を解消することで大麻成分は体のサポートをしやすくなります。

 

不眠、イライラなどは見えない体の信号です。
浄化しきれない石油合成は体内に残留された毒素です 我々は感じない毒を体内に取り込み、痛みを感じないレベルの刺激を受け続けているのが今のストレスだと思います。
健康のために出来る限り取り込まない生活をしていきましょう

 

 

 

 


 

関節炎グループは、関節痛にCBDを使用する患者に最初のガイドラインを提供します

 

 

 
 
CBDの推奨事項は、痛みの治療に効果があることを証明する科学的証拠が不足しているにもかかわらず、大麻由来の成分を使用するための明確性を提供したいと考えています。
 
CBDは、睡眠補助薬または痛みや不安の緩和としてそれを試している無数の人々とともに、昨年人気が爆発しました。1つの懸念は、CBDまたはカンナビジオールを安全に使用する方法に関するガイダンスがなかったことです。
 
それが火曜日に、関節炎財団が CBDを試したい人々のためのガイドラインを発表した理由の1つです。
これは、主要な患者擁護団体の大麻由来成分の使用に関する最初のガイダンスです。
 
推奨事項は、痛みを治療するのに有効であることを証明する科学的証拠が不足しているにもかかわらず、CBDの使用に何らかの明確さを提供する試みです。
 
ミシガン大学で麻酔学を研究している研究調査員のケビン・ベーンケは、「国民の関心を認め、科学の現状に関するガイドラインを発表することが重要でした」と述べた。
ベーンケは、関節炎財団のガイドラインの開発と執筆を支援しました。
 
このグループは、患者がすでに医師によって処方された関節炎治療薬を放棄すべきではないことを明らかにしています。
 
「ガイドラインは「これを試してみるべきだ」と言っているわけではありません。彼らは、「試してみたいのなら、ここでそれをするべきだ」と言っている」とベーンケは言った。

 

 

 
CBD製品は、議会が2018年に農場法案を可決し、麻薬を規制物質リストから削除した後、広く利用可能になりました。
それ自体では、CBDは「高」を引き起こしません(マリファナの精神活性効果は、代わりに別の化合物、THC、またはテトラヒドロカンナビノールによるものです)。
 
それ以来、CBD製品を規制するタスクは食品医薬品局に落ちましたが、これまでのところ機関はそうしていません。
 
その結果、痛み、不眠症、ストレスの緩和など、さまざまな健康強調表示で販売および販売されているCBD製品をめぐる熱狂的な流行がありました。
これらの主張は、治療法がない状態である関節炎に苦しむ人々の注意を引きました。
 
関節炎財団は2,600人以上の患者を調査し、ほぼ80%が現在CBDを使用している、使用している、または関節痛のためにCBDを検討していることを発見しました。
 
このグループは、CBDが効果的な鎮痛剤であるかもしれないことを示す証拠は逸話的であることを認め、安全性と有効性を証明するために必要なより科学的な研究を奨励しています。
 
これらの研究が完了するまで、財団は、CBDを最低用量でゆっくり開始し、長期にわたって症状を追跡したい人に提案しています。
 
 
CBD単独では関節痛を改善できない場合、一部の患者はTHCを試してみたいと思うかもしれません。
患者がTHCが合法である州に住んでいる限り、関節炎財団は再び最低用量から始めることを提案します。
 
CBD製品とTHC製品の両方について、グループは、独立したサードパーティのテストを使用する評判の良い小売業者から製品を見つけるために医師と協力するよう患者に促しています。
 
しかし、そのような小売業者を見つけることは困難な場合がある、とベーンケは認めた。
政府の監督の欠如により、責任は消費者にあります。
 
「人々は宿題をしなければなりません。それは野生の西の状況です。研究は、製品内のCBDの量が常にラベルにあるものと一致しないことを示しています」と、ベーンケはNBCニュースに語った。
 
外部の専門家は、規制ガイダンスが存在しない物質に関するガイドラインを「無責任」と呼びました。
 
「CBDサプリメントが推奨される前に、ラベルに実際の内容が反映された市場が必要です。そして、用量が安全であることを知っています」と、ハーバード大学医学部の市場で医薬品成分を研究するピーター・コーエン博士ケンブリッジヘルスアライアンス。
「現在のところ、そのようなものはありません。」
 
とにかくCBD製品を試したい患者には、関節炎財団は、患者が少なくとも1分間舌の下に保持するスプレーまたは液滴に含まれるCBDオイルの種類を推奨しています。この方法により、製品を血流に直接入れることができます。

 

 
 
CBDを吸い取らないでください
このグループは、成分が皮膚から消化または吸収されたときにどのように作用するかについてはあまり知られていないため、CBDの食用またはローションを推奨していません。
 
また、財団は、特に全国の保健当局が8人を殺し、数百人を入院させたvapingに関連した呼吸器疾患の調査を続けているため、CBDをvapedしないことを明確にしています。
※(おそらく電子タバコに使えるCBD e-リキッドを指している?)
 
グループはまた、CBDがナプロキセン(Aleveとして店頭販売)、コルチコステロイド、およびいくつかの抗うつ薬などのいくつかの薬と相互作用する可能性があると述べました。
 
広範な研究が行われ、FDAによって承認されたCBD薬は1つのみです。
それはEpidiolexであり、子供に影響を与える2つのまれで重度のてんかんを治療します。
 
デンバーのリウマチ専門医であるエリックウェスターマン博士は、患者の90%が彼にCBDについて質問していると推定しています。
彼はガイドラインの作成を手伝いませんでしたが、痛みを緩和するために局所CBD製品を販売しています。
 
WestermanはNBC Newsに対し、彼のグループは製品の広範なテストを行っており、すべてのCBD製品の安全性と有効性を確保するには監視が必要であることに同意します。
 
「CBDについてはそれほど心配していません」とWesterman氏は言います。「潜在的な汚染物質の方がずっと心配です。」
 
推定5,400万人のアメリカ人が関節炎と診断されています。

 

 

引用先 today.com

 

 


 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
CBD単体成分は多く摂取しないと実感が沸きません・・1回に50mg、100mg利用するとか・・アメリカの臨床試験でも純粋なCBDを使い結果、様子を観察していますが1日の利用量は100mg以上利用します。
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。
多く使わなければ実感しない方も居ますが単体成分はほかの大麻成分との相乗効果が期待できません

 

フルスペクトルCBDオイルは麻の茎をそのまま抽出した製品です。
100種類以上の成分がCBDと相乗効果を生み出し利用量が少なくても実感が出来る可能性が高い製品です。
フルスペクトルCBDオイルは成熟した麻茎成分をそのまま利用したTHC含有0.2%以下の医療大麻です。
※CBDを実感できる量が人によって20倍程違いがあります。

 

CBDは、体の情報送信の役目「ホルモン」のバランスを整えます。
 バランスが整える事で自己治癒能力が正常に働き、結果 治癒につながるように思えます。
ネットで色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDで家庭療法にて治癒報告が多い理由は人間のホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。
個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

フルスペクトルCBDオイルをオーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD在庫 
 #CBD在庫切 
 #CBD入荷予定 
 #CBD入荷 
 #CBD売り切れ 
 #医療大麻 
 #CBDスポーツ
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD鎮痛剤 
 #CBD関節痛 
 #CBD湿布 
 #CBD食欲 
 #CBD生殖 
 #CBD睡眠 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »