fbpx

大麻成分CBGとは?微量の効果あるカンナビノイド

Pocket

大麻成分CBGとは?微量の効果あるカンナビノイド

 

 

 

 

大麻微量成分CBGとは?
CBGはCBDが変化する前のカンナビド大麻成分です。
微量成分と書いた理由は日本では一般に利用できる部位は成熟茎と成熟種子の2か所、しかも成熟しているというのが条件です。
成熟するとCBGは変化してCBDに変わってしまい大麻の品種でCBGが微量に残るものがあるのでタイトルになっています。

 

品種改良次第でCBGの多い成熟茎を作ることは可能でしょうが、CBGオイルはあまり多く出回って無く、CBDオイルにCBGが入った品が少数のみ出回っているようです。

 

私の販売しているショップオリジナルCBDオイルにもCBGは含まれています。
CBG/CBGa 6mg 少量ですがCBD、CBDaと共に相乗効果で人の体に貢献してくれます。

 

 

 

 


 

大麻成分CBGとは?微量の効果あるカンナビノイド

 

 

大麻は400以上の化学物質を含む複雑な植物ですが、雑草産業は、ほとんどの場合、THCとカンナビジオール(CBD)の2つの特定のカンナビノイドに固定されています。しかし、他のカンナビノイドが注目を集め始めています。

 

これらのいわゆるマイナーカンナビノイドの 1つは、カンナビゲロール(CBG)であり、その宣言された抗菌性、抗菌性、および抗炎症性の特性について注目を集めています。
CBGはCBDの主流の魅力にまだ合致していませんが、このカンナビノイドは、非常に興味深い医学的利点を幅広く静かに示しているため、日常の消費者製品ですぐに主役になる可能性があります。

 

「科学文献に記載されているCBGの薬理効果には、次のようなものがあります。抗真菌、抗昆虫、抗炎症作用。神経保護活動; バイオインフォマティクス(生物学、コンピューターサイエンス、数学などの組み合わせ)を使用する北カリフォルニアのバイオテクノロジー企業であるCannformaticsのCEO兼共同創立者であるItzhak Kurek博士科学的分野)医療大麻を改善する。

 

産業用ヘンプの生産を合法化し、0.3%のTHC制限を設定した2018年の農場法案の通過に続いて、業界はCBGが薬用の観点から提示する潜在的な価値を認識し始めています。
しかし、過去数十年にわたって、科学者たちはこの比較的未知のカンナビノイドがどれほど実り多いものであるかを示す研究の論文を残しています。

 

科学がCBGについて言うこと
CBGAは、THCAおよびCBDAの化学前駆体であり、大麻植物の生化学に極めて重要な役割を果たしています。
開花サイクル中、カンナビゲロール酸(CBGA)は、酵素によってテトラヒドロカンナビノール酸(THCA)、テトラヒドロカンナビノール(THC)の前駆体、およびカンナビジオール酸(CBDA)に変換されます。
このフェーズが完了すると、プラントには微量のCBGAのみが含まれ、CBGAに脱炭酸できます。

 

CBGはCB1 およびCB2 受容体の両方と相互作用し、THCの中毒作用を潜在的に阻害します。
CBGは、一般的に「至福分子」と呼ばれるアナンダミドを増加させる能力も示しています。
アナンダミドは、食欲、睡眠、気分、免疫系などの幅広い身体機能の調節に役立つ内因性カンナビノイドです。

 

このマイナーなカンナビノイドは内因性カンナビノイドシステム(ECS)の外側でも機能し、セロトニン1A受容体のアゴニストであることが示されています。
しかし、コロラド州ボルダーに本拠を置く独自のテルペンおよび植物製剤のブランドであるLucidMoodの最高科学責任者である Tristan Watkins博士によると、CBGが実際に人間のセロトニン系にどのように影響するかを示す十分な証拠はありません。

 

 

 

「セロトニン1Aが何をするかを見ると、それは潜在的な行動のすべての洗濯物リストのようです」と彼は説明しました。
「だから、私たちはそれを絞り込んで、この特定の効果を引き起こすと言うことはできません。なぜなら、その段階に到達するためのCBGに関する行動研究が十分ではなかったからです。」

 

医学的観点からCBGが提供するものを完全に理解するには、さらなる研究が必要ですが、既存の研究は、CBGの治療可能性について楽観的であるいくつかの理由をすでに示しています。

 

抗菌性:CBGは、優れた抗菌性と抗菌性を備えていることが確認されています。
たとえば、Journal of Natural Productsに掲載された2008年の研究で、研究者は、CBGが特定の抗生物質に非常に耐性のあるブドウ球菌感染症の一種であるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の潜在的な治療薬になる可能性があることを発見しました。

 

緑内障:Journal of Ocular Pharmacology and Therapeuticsに掲載された1990年の研究では、研究者はTHCとCBGが猫の目の眼圧を下げるのにどのように役立つかを調べていました。調査結果は、CBGおよび関連するカンナビノイドが緑内障に苦しむ患者に治療効果をもたらす可能性があると結論付けました。
炎症:Journal of Dermatological Scienceに掲載された2007年の研究で、研究者たちは、CBGは他のカンナビノイドと共に、過敏な免疫系によって引き起こされる慢性皮膚病である乾癬によって引き起こされる炎症を治療する可能性があることを発見しました。
生化学薬理学で発表された2013年の動物研究では、CBGはラットの結腸炎症を軽減する能力も実証しており、CBGは炎症性腸疾患(IBD)症状の効果的な治療法である可能性を示唆しています。

 

神経変性状態:Neurotherapeuticsで発表されたラボマウスで行われた2015年の研究で、研究者はCBGが「神経保護剤として非常に活性があり」、抗酸化防御のレベルを高めることを発見しました。
調査結果は、CBGがハンチントン病などの特定の神経変性状態の実行可能な治療法である可能性を示唆しています。
抗腫瘍成長:CBGが癌細胞の成長を阻害できることもいくつかの研究で発見されており、ドイツのジャーナルで発表された実験用ラットに関する2016年の研究で発見されたように、食欲刺激薬として作用し、化学療法患者。Journal of Neuroimmune Pharmacologyで発表された2016年の研究で、研究者は、CBGを含む「非精神活性植物由来」カンナビノイドが腫瘍の進行を直接阻害する可能性があると結論付けました。
これらの発見は、発がんに関する2014年の研究によって裏付けられており、CBGは結腸がんの腫瘍成長を妨げる可能性があるという同様の結論に達しました。
2006年の研究も同様です。 The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics.thatで、CBGは乳癌の効果的な治療法である可能性があることがわかりました。
CBGはどのように使用されていますか?
市場で入手可能なものから判断すると、CBGの抗菌および抗菌特性は、業界が最も有望であると考えているもののようです。

 

 

 

これまでのところ、ニューヨークに本拠を置くカンナビノイドの製薬会社であるAxim Biotechnologiesのほとんどは、大麻を注入した歯磨き粉とうがい薬、およびCBDとCBG。
アトピー性皮膚炎または湿疹に関連する症状を軽減することを目的としています。さらに、同社は最近、カンナビノイドを含む抗菌組成物の特許を取得し、水虫と真菌の症状を治療するためのCBGベースの粉末を作成する計画を立てています。

 

Aximが採用した医療アプローチとは別に、他のカンナビノイド中心の企業がCBGの使用を開始し、成人向け製品の効果を強化しています。
たとえば、LucidMoodは、このマイナーなカンナビノイドをParty vape pen lineに統合しました。Watkinsによると、同社はアナンダミドの摂取を阻害する明らかな能力のために、CBGを成分として追加しました。これは、THCの離脱と無気力を軽減し、より社会的な体験をもたらします。

 

CBGを注入したパーティーペンをテストするために、LucidMoonは実際のパーティーをスローし、1日の終業を終えた後、被験者に社交的にしてもらいました。
出席者の社交性とエネルギーレベルを追跡するために、LucidMoodはコード化されたプッシュピンを提供して、大きなムードボードに配置しました。

 

「本当に興味深かったのは、人々のエネルギーレベルと社交性レベルが使用直後に実際に急上昇し、約3時間の一貫した使用を実際に維持したことです」とWatkins氏は言いました。「一般的に、THCであっても、約2時間後に嗜眠が始まると予想されます。」

 

ワトキンスは、この研究を査読付きジャーナルに投稿すべきではないことを公然と認めていますが、CBGが雑草製品でどのように機能するかについてのアイデアを与える「現実世界の実験」として機能します。

 

「CBGは非常に興味深いものであり、CBGが他に何をするのか楽しみです」とWatkins氏は続けます。

 

 

現在コストが高すぎるCBG
CBGまたはTHCが経験した莫大な誇大広告にCBGが到達するかどうかについて、決定要因の1つはCBGの価格が下がるかどうかです。Huemoellerによると、CBGの価格は2.2ポンドあたり20,000ドル、つまり1キログラムで、CBDの価格は約3,600ドルで、CBGは5〜6倍高くなります。

「多くの人がそれで遊んでいるとは思わない理由は、CBGのコストのためです」と彼は説明しました。

栽培者がCBGに集中することを妨げるもう1つの抑止力は、このカンナビノイドの収穫可能な量を最大化するために、植物を早期に刈り取らなければならないことです。
CBDとTHCの需要が非常に高いため、大麻やマリファナの栽培者のほとんどは、植物を早期に収穫することを望まず、CBGを支持する他のカンナビノイドを放棄します。
CBGへの関心が高まると、それは非常によく変わる可能性があります。

 

「より多くのCBGパーセンテージを得ることができるように、それらの種のいくつかを育てる方法を見つけ始めているブリーダーがいると思います」とHuemoellerは言いました。「ある時点で変化することを期待しています。」

 

小児てんかんを治療するために設計されたCBDベースの薬剤であるEpidiolexの開発を担当する英国のバイオ製薬会社であるGW Pharmaceuticalsが実施した2005年の研究で、研究者はCBGが優勢なプロファイルを示した南イタリアの大麻植物を分析しました。

 

これらのマイナーなカンナビノイドについてより多くの研究が行われているため、消費者はより多くの大麻製品にCBGが見つかることを期待する必要があります。
ただし、少なくとも現時点では、これらのマイナーなカンナビノイドの1つがTHCを業界の換金作物として奪うと信じる理由はほとんどありません。

 

「これらの微量カンナビノイドでは、それらの主要な作用は内因性カンナビノイド系の外にあり、人間がTHCを選択している理由は理にかなっています」とワトキンスは言いました。「THCは、これらの他の微量カンナビノイドを選択するのではなく、実際に強い幸福感を与えてくれるので、それらは知覚できるほど強い効果を持たないように見えるためです。」

 

特徴画像:カ​​ンナビゲロール(CBG)は、大麻植物に含まれる400種類以上のカンナビノイドの1つです。研究者は、細菌感染症、緑内障、神経変性疾患、腫瘍の治療のためにCBGを検討しています。

 

引用先  news.weedmaps.com

 

 

 


 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
CBD単体成分は多く摂取しないと実感が沸きません・・1回に50mg、100mg利用するとか・・
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。
多く使わなければ実感しない方も居ますが単体成分はほかの大麻成分との相乗効果が期待できません

 

フルスペクトルCBDオイルは麻の茎をそのまま抽出した製品です。
100種類以上の成分がCBDと相乗効果を生み出し利用量が少なくても実感が出来る可能性が高い製品です。
※CBDを実感できる量が人によって20倍程違いがあります。

 

CBDは、体の情報送信の役目「ホルモン」のバランスを整えます。
 バランスが整える事で自己治癒能力が正常に働き、結果 治癒につながるように思えます。
ネットでも治療報告がされています 色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDで家庭療法にて治癒報告が多い理由は人間のホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。
個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

 

 

フルスペクトルCBDオイルをオーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。
加熱による成分破壊を避けて生のまま、大麻茎を抽出した手間を掛けた製品です 大麻茎の中でCBDa(CBD酸)として多く存在している状態で抽出されています。 ※CBDに変化する1つ前の成分です CBDに近い効果とCBDと相乗効果が期待できます。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

他にも電磁波がかなり問題であるようです。
電磁波は電化製品を利用以外にもスマートフォンなどの電波発信機器にもかなり問題があります。
利用には体から1m離して利用するように警告する研究者が居るくらい問題が多いのです。
電磁波問題を解決できる機器は交流電流を発明したニコラ・テスラの研究内容を研究、現代の電磁波問題に対応したアイテムをオーストラリアの研究者が開発、販売しています。
私はヘンプオイルと電磁波を解決できるアイテムを使って現在生活しています。
都心環境でも生活が問題なく送れる最強の組み合わせだと実感しています。
ブログで紹介予定です。

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD在庫 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBD入荷 
 #CBD関節炎 
 #医療大麻 
 #CBDスポーツ
 #CBD痛み 
 #CBD炎症  
 #CBD鎮痛剤 
 #CBD代謝  
 #CBD湿布 
 #CBD食欲 
 #CBDホルモンバランス 
 #CBD睡眠 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »