竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラの「新型コロナウイルス」に関する情報です。これまでもお伝えしているように、コブラ情報は3次元の低層に関しては比較的正確です。高次元に関するものは、ほぼすべて間違いです。彼らは、そもそも高次元の情報に直接アクセスできる術を持ち合わせていません。
 下の記事をご覧ください。今回の「新型コロナウイルス」は、人々にワクチン接種を強要するためのもので、“このワクチンは体内に入るとその人の遺伝子を組み替えその人を白痴にして不妊にさせる”と言っています。記事では、「白雉(白色のキジ)」になっていますが、誤変換でしょう。
 昨日のYutikaさんの「ジョン・ラポポート情報」に、“ワクチン接種した自分の子どもに何が起こったか、胸が張り裂けるような事態”を親たちが語っている動画が添付されていました。ワクチン接種によって、“その人を白痴にさせる”とはどういうことかが、この動画でよくわかるでしょう。
 この記事の引用元では、“国連は自分たちが堕天使であること”を認めており、“白痴の奴隷人間のクローン化というアジェンダ”を推進している。そして、“堕天使らは、人間よりも高次元のシャンバラ(サナット・クマラ=ルシファー)に対する忠誠心について話し合っています”と言っています。
 これはこの通りですが、「高次元のシャンバラ(サナット・クマラ=ルシファー)」に忠誠を誓っているのは、銀河連合やコブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)も国連と同様であることは、言うまでもありません。もっとも彼らは、未だにサナット・クマラ=ルシファーが、すでに滅びたことを知らないのかも知れませんが…。
 今回の「新型コロナウイルス」の件も、関わっているのはコブラのRMの上層部のみで、それ以外の者は何も知りません。彼らは、地球上の人類と大して変わらない存在で、いわば「金魚並み」なのです。