fbpx

CBDを使って安眠方法とは?

Pocket

CBDを使って安眠方法とは?

 

アメリカサイトからの紹介です

 

 

 

安眠に貢献できるカンナビノイド(CBDの仲間、総称)としてCBN(カンナビノール)があります。
実はCBNの変化前のカンナビノイドがTHCなのです。

 

THC→CBN(酸化後の物質)
CBNには幻覚作用がありません
以前にもCBDa→CBDに変化することを書いたのですがそれは茎の中の酵素や紫外線で変化が起きると伝えました。

 

CBNは酵素・紫外線では変化せずに酸化により変化するそうです。
海外ではTHCオイルなるものが存在するそうです。
長期間保存すると変質するらしくTHCとしての効果(幻覚などの精神的効果)が薄れることを知っていました。
その原因が酸化が原因のようです。
大麻茎にもCBNは微量ですが存在しています。
大麻茎の品種によって含有量も若干ですが増減します。

 

CBNの特性は精神的安堵効果があるようです。
まだCBD、THC以外の微量成分の研究はこれからになります。
CBNも安堵効果があることは分かっただけで他の効果があるのか?研究の結果待ちです。
THCが酸化してCBNになると精神高揚効果はなくなります。
睡眠導入剤の代わりに使えるのでは?期待されている成分でもあります。
CBNも他のカンナビノイド同様に相乗効果があるらしく、1種類だけの利用ではなくフルスペクトラム(大麻茎エキス)などの多種類カンナビノイドが存在する状態で一緒に利用することで効果が強くなることが判明しています。

 

 

 

ドリームスペルオリジナルCBDオイルにはCBNも微量ですが含まれています。
利用している大麻茎がカンナビノイドを多く含む品種を利用しているためCBNも微量ですが他の大麻品種と比べると多く存在している大麻品種を利用した製品を提供しています。

 

 

 

 


 

 

CBDは睡眠を助けますか?ここに研究が教えてくれるものがあります

 

あなたは今どのくらい疲れていますか?あなたが多くのアメリカ人のようであれば、あなたの答えはおそらく睡眠不足の側に傾いています。

 

National Sleep Foundationによると、5,000万から7000万人が睡眠障害に苦しんでいます。
そして、私たちを悩ますのは、ただ眠りに落ちるだけではありません。
米国疾病対策予防センターは、米国人口の3分の1(1億人)が夜中眠っていないことを発見しました。

 

「国家として、私たちは十分な睡眠を得ていません」と、CDCの人口衛生局の常任理事であるウェインジャイルズ博士は言います。
その重要性を高めるために、睡眠不足は全体的な健康に悪影響を及ぼします。
最近の研究では、不眠症を持つ個人は、不安や抑うつに苦しむ可能性が高い5倍であり、うっ血性心不全の二重の危険性を持っていることがわかりました。

 

睡眠の治療法を見つけることが有利な産業であることは驚くことではありません。
何百人もの数十億ドル年間をされている医師の訪問や睡眠障害に関連する医療費に費やさ。

 

残念ながら、市販の睡眠補助薬には、眠気や化学物質への依存など、よく知られているマイナスの副作用があります。
2019年、FDAは睡眠薬AmbienとLunestaに、夢遊病や「睡眠運転」などの負の副作用のために、新しい「箱入り警告」を要求しました。

 

 

 

 

CBDに入る
近年、CBD製品は、ほとんどまたはまったく副作用のない睡眠緩和の約束を提供する市場に出回っています。
カプセル、チンキ、グミがあります。BrookestoneはCBDを注入した枕も宣伝しています。

 

夢のように聞こえますが、これらの製品は動作しますか?

 

現在発表されている発見を裏付けるにはさらに研究が必要ですが、不眠症と睡眠の補助としてCBDを示すいくつかの有望な研究が現れ始めています。

 

 

科学が言うこと
CBDは、カンナビノイドシステム(ECS)のCB1およびCB2受容体と間接的に相互作用することがわかっている1つのカンナビノイドです。
現在の研究では、これらの2つの受容体は、痛みの緩和、炎症、リラクゼーション、したがって睡眠を支援するECSの一部であると考えられています。

 

2019年1月に発表された「不安と睡眠におけるカンナビジオール:大規模な症例シリーズ」と呼ばれる1つの研究は、希望に満ちた睡眠補助としてCBDを指摘しています。
わずか72人の大人の小さなプールを調べましたが、この研究では、患者の66.7%、大人48人で、CBD使用の最初の1か月以内に「睡眠スコアが改善」したことがわかりました。
これは、睡眠の緩和をCBDの「中枢神経系の鎮静効果」に起因します。
時間が経つにつれて、効果は変動しました。56%は、約2か月の継続使用後に睡眠の改善を報告しました。

 

プロジェクトCBDが実施したもう1つの注目すべき調査では、転倒して眠りにつくためにCBDを使用した1,521人の大規模なプールを調査しました。
CBDにより、これらの個人が眠りにつくまでの平均時間が62分から20分に短縮されたことがわかりました。
ユーザーはまた、夜中の目覚めが少なく、平均で4回からCBDで1回まで起きたと報告しました。また、CBDを使用していないユーザーの75%が疲れて目覚めたと報告しています。CBDを使用しているユーザーの数は9%に低下しました。

 

「現在のところ、証拠は明らかに限られています」と、Pure Capsules CompanyのCEO兼創設者であるScott Christ氏はGreen Entrepreneurに語りました。
キリストは、ビジネスオーナーとしてのCBDの利点と、10年間にわたる不眠症の個人的な経験から語ります。
「眠りにつくのに苦労し、夜中に何度も目を覚ます問題がありました。睡眠を数年間追跡しているので、毎晩寝る時間、ライト、レム、ディープスリープに費やした時間、および費やした時間の良いベースラインデータがありました。
FitBitは、睡眠を追跡する1つのアプリです。これにより、線量の発見も見つけやすくなります。

 

「CBD により、以前の30〜45分と比べて、ほとんどの夜5分以内にずっと早く眠りにつくことができました」とキリストは言います。
「レム睡眠にかなり多くの時間を費やし、夜中に目覚めた後、眠りに落ちやすくなります。」キリストは、PureCapsulesを服用している顧客を通して、魔法の数字が睡眠のために約25ミリグラムであることがわかりました。

 

 

 

 

眠りに落ちると眠り続ける
CBDの利点は、長時間眠り続けるのに役立つというデータがあることを示しています。CBDとニトラゼパムと呼ばれる睡眠補助薬を比較した2012年の研究では、160ミリグラムの高用量CBDが被験者の睡眠時間を延長することがわかりました。

 

高用量のCBDが不安、不眠、てんかんの治療薬であり、CBDが「精神的鎮静」を可能にすることを示唆し続けています。

 

2つ以上のカンナビノイドの組み合わせが、睡眠にどのような影響を与えますか?CBDは、ドシスト製品でよく宣伝されているように、カンナビノイドTHCと混合して有効にする必要がありますか?

 

2年間で409人の成人を対象に行った2018年の研究では、不眠症と各個人の症状緩和レベルを調査しました。
カンナビノイドCBDとTHCはどちらも不眠症に対して「統計的および臨床的に有意な改善」を示したと結論付けました。
この睡眠の改善と陰性症状の軽減は、サティバ株よりもインディカの方が強かった。

 

この研究では、さまざまなTHCおよびCBDの割合の影響も分析しました。
「THCの効力は、あらゆるレベルの症状緩和においてCBDの効力よりもはるかに高い傾向があることがわかりました。
この研究は、2つのカンナビノイドの相互作用効果または最適範囲が異なる可能性があることを示している可能性があります。

 

側近効果に関しては、2007年に「大麻、痛み、睡眠」と呼ばれる1つの研究で、 THCとCBDの両方の効果が一致してポジティブであることがわかりました。
この研究では、睡眠補助剤としてCBDとTHCを測定し、「CBDの軽度の活性化効果と、THCを主成分とする抽出物によるわずかな鎮静作用」を示す結果を見出しました。
研究の著者は、「催眠効果」ではないが、痛み、炎症、不安が少ない人が実際に睡眠の改善に役立つと言っています。

 

全体的な睡眠の改善は期待できますが、まだ決定的なものではありません。
CBDを見る信頼できる研究(この記事の執筆時点でPubMedは 6,810をリストしています)では、CBDの使用に関して睡眠のマイナスの副作用は見つかりません。
ワン2018年の研究サンパウロ、ブラジルの大学の神経科学と行動科学の部門からは、27人の健康な成人へのCBDの300ミリグラムを投与します。
この研究は、健康な成人の「睡眠覚醒サイクルに影響を与えない」ことを発見しました。
それは小さなプールであり、この研究は最初に睡眠障害のある人に焦点を合わせていませんでした。だから塩の粒でそれを取る。

 

 

 

 

CBDとメラトニン、CBN、および睡眠補助薬の混合
CBD睡眠補助薬のもう1つの傾向は、CBDとメラトニンおよび他の天然の睡眠補助薬の混合物との組み合わせです。
これらの混合物には、CBNのようなあまり知られていないカンナビノイドが含まれ始めています。

 

これらの組み合わせの背後にある科学は何であり、安全ですか?

 

CBDと天然睡眠補助薬のメラトニンの組み合わせに関しては、そうです。
CBDとメラトニンの間に知られている負の相互作用はありません。
両方とも「内因性」として認識されます。つまり、体内で自然に発生します。
体はすでにCBDとメラトニンの両方を産生しているため、副作用が大幅に少ないもう1つの理由です。

 

CBNは、未開発の睡眠補助薬の可能性を秘めているカンナビノイドです。
ジェレミー・リグル博士は、メアリーのすべてのブランドの主任研究員です。
この指導的役割で、Riggle博士は品質管理研究所、新製品の研究、開発、革新、原材料と完成品の社内および第三者試験、および生化学者の内部チームを監督しています。

 

「残念ながら、ほとんどのマイナーカンナビノイドの場合と同様に、研究は非常に限られており、特に人間を対象とした研究が行われています」とRiggle博士は起業家に語りました。
「1976年からMustyらによる研究があります。そこでは、彼らは人間のボランティアにCBNを投与し、それがTHCよりも大きな鎮静作用をもたらすことがわかりました。
動物モデルを使用した別の研究では、CBNがげっ歯類の睡眠サイクルを延長したことがわかりました。」

 

「CBNは、他のカンナビノイドと組み合わせるとより効果的であることが示されています」とRiggle博士は説明しました。
これは、メアリーのメディは、CBDおよびCBNの両方が含まれている組み合わせ製品は、に焦点を当てた打ち上げはこのためだsedation.Dr。Riggle氏は、メアリーの顧客からのフィードバックは「眠りについたり、一晩中眠り続けるのに効果的である」と述べました。

 

「CBNの興味深い点は、プラントがそれをあまり自然に作らないことです。」とRiggle博士は言います。
「CBNはTHCから間接的に供給されているため、Mary’s Medicinalsラインの一部です。
CBNはTHCの分解生成物です。
そこで、粗THC抽出物から始めて、THCのCBNへの分解を促進します。
Maryが使用するプロセスの素晴らしい点は、酸化剤、酸、溶剤などの追加の化学物質を使用せずにそれを実行することです。
上で述べたように、それはTHCの分解生成物です。時間の経過とともに、THCが熱や光にさらされると、ゆっくりとCBNに変換されます。このプロセスを加速するだけです。」

 

あなたの内因性カンナビノイドシステムは自然に発生し、THC、CBD、CBNを含むすべてのカンナビノイドは単にそれらの受容体に差し込まれています。
CBDとCBNがどのように相互作用するかを見ると、短い答えはそうではありません。
「彼らは実際には互いに相互作用せず、受容体結合部位をめぐって競合することもありません。
実際、それらは実際に全く異なる薬理学を持っています…身体への異なる効果は完全に異なる生化学的メカニズムを持っています。」

 

THCの精神活性効果は、CB1受容体に結合するためと考えられています。
「CBNは、THCよりもCB1およびCB2受容体で弱いアゴニストです」とRiggle博士は述べています。これは、CB1 CB2受容体への結合に対するCBNの親和性が低いことを意味します。
「CBNは、THCよりも程度は低いがこれらの受容体に結合するため、潜在的に精神活性効果を示す可能性があります。
これは、より頻繁に消費する人よりも経験の少ない消費者の方が高い可能性がありますが、可能性は確かに存在します。

 

Riggle博士は、ヘンプ由来のCBN材料が徐々に利用可能になり始めていると説明した。
しかし、欠点もあります。
通常、麻由来のCBNは、化学物質と何らかの酸化を使用して分離されます。
メアリーのようなCBN製品が大麻由来であるため、薬局で販売されているのはそのためです。

 

 

 

 

規制のないCBD市場
2019年7月、FDA はCBD企業に、製品を販売するために根拠のない健康強調表示を行うことができないと警告しました。
この警告は、CBDが癌、アルツハイマー病、不安、痛みの緩和を「治す」または助けることができるという特定の主張を指摘しました。
この警告は、スリープについては言及していません。

 

一方、FDAは自身の研究においても実質的な動きをしておらず、支持または否定を主張しています。
残念ながら、規制されていないCBDはオンラインで販売されているため、慎重に、信頼できるメーカーからのみ購入してください。
医師に相談し、CBDの投与量と使用法に関しては、あなたの体に耳を傾けてください。

 

 

 

https://www.greenentrepreneur.com

 


 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
アメリカの医療治験の話です。
CBD単体成分の利用で治療薬として治験の場合、
1回に50mg、100mg利用するとか・・平均すると100~200mg一日で摂取することで効果を確認しているそうです。
人によって効果の差があります 多く摂取すれば便が緩くなる副作用も出やすくなります。
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。
多く使わなければ実感しない方も居ますが単体成分はほかの大麻成分との相乗効果が期待できません

 

フルスペクトルCBDオイルは麻の茎をそのまま抽出した製品です。
100種類以上の成分がCBDと相乗効果を生み出し利用量が少なくても実感が出来る可能性が高い製品です。
※CBDを実感できる量が人によって20倍程違いがあります。

 

CBDは、体の情報送信の役目「ホルモン」のバランスを整えます。
 バランスが整える事で自己治癒能力が正常に働き、結果 治癒につながるように思えます。
ネットでも治療報告がされています 色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDで家庭療法にて治癒報告が多い理由は人間のホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。
個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

 

 

フルスペクトルCBDオイル
オーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

加熱による成分破壊を避けて生のまま、大麻茎を抽出した手間を掛けた製品です 大麻茎の中でCBDa(CBD酸)として多く存在している状態で抽出されています。 ※CBDに変化する1つ前の成分です CBDに近い効果とCBDと相乗効果が期待できます。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD麻 
 #CBD在庫 
 #CBNオイル 
 #CBDリラックス 
 #CBD緊張 
 #CBD不安 
 #医療大麻 
 #CBD睡眠不足
 #CBD治療 
 #CBD治癒  
 #CBD安心感 
 #CBD安眠  
 #CBD湿布 
 #CBD食欲 
 #CBDホルモンバランス 
 #CBD睡眠 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »