fbpx

CBDが耐性細菌の膜を破り他の抗生物質より速く殺す

Pocket

CBDが耐性細菌の膜を破り他の抗生物質より速く殺す

 

 

 

 

アメリカのサイトからの紹介です。

 

コロナウィルス、インフルエンザ 今、細菌・ウィルス感染に対してCBDが効果的だということが判明されつつあるのでご紹介します。

 

今まで主に肉体の炎症や精神的安定に関しての紹介記事が多かったのですがウィルス感染に対しても効果がある事を認識、評価していただきたく紹介させていただきます。

 

CBDは抗生物質の面があるのです。
菌は単独で居る事より集団で環境を作り生活します。
この集団で居る環境を作るためにバイオフィルム(膜)を作り環境を安定化させます。
同じ種類ではなく、色々な菌が集まり集団で生活できるようにするために膜が張られます。
CBDはこの膜を壊し、侵入することで菌を石油合成で作られた抗生物質より早く、しかも菌に耐性を作らせにくいまま菌を殺すことができるみたいです。

 

これがCBDの抗生物質としての面なのです。
今までの薬より体に安全で菌を早く殺し、耐性を作らせにくいのです。
良いことづくめですね~
肺炎を起こす菌にも効果が高いそうで・・コロナウィルスの研究結果ではありませんが期待が高まります。
下記の実験データーはCBD利用量が多く使用しているはずです。
CBDオイルを数滴利用して結果が体感できないと思いますのでご理解お願いします。

 

 

 

 


 

スーパーバグ抗生物質としてのCBD?

2019年6月24日- 不安、不眠、てんかん、痛みにすでに研究され使用されているカンナビジオール、またはCBDは、耐性感染症の次のスーパーバグファイターになるかもしれない、と新しい研究が示唆しています。

 

研究者らは、「最も一般的に使用される抗生物質に耐性になった細菌を含む」多種多様な細菌に対してCBDをテストしました」と、分子生物学研究所のスーパーバグソリューションセンターの上級研究責任者であるMark Blaskovich博士は述べていますオーストラリアのクイーンズランド大学。

 

世界保健機関によると、抗生物質耐性は危険なほど高いレベルに達しているため、開発は重要です。

 

研究が示すこと
CBDは大麻と麻から取られた非精神活性化合物です。
通常のマリファナほどの精神高揚はありません。
現在までに、FDAはまれで重度の発作の治療についてのみCBDを承認していますが、他の多くの健康上の利点のために推進されています。

 

ブラスコビッチは、米国微生物学会年次総会で日曜日に研究を発表しました。
この研究には、試験管および動物モデルでの作業が含まれます。
会議で発表された研究は、査読済みの医学雑誌に発表されるまで予備的なものとみなされるべきです。

 

「私たちが最初に見たのは、細菌を殺すCBDの能力です」と彼は言います。
「すべての場合において、CBDは一般的な抗生物質と非常に類似した効力を有していました。」

 

研究者は、いくつかのブドウ球菌の菌株に対してCBDをテストし、原因の連鎖球菌性咽頭炎の原因の皮膚感染症、および連鎖球菌、。

 

彼らは、バンコマイシンやダプトマイシンなどの一般的な抗生物質と比較して、CBDの有効性を比較しました。
「CBDがバクテリアを殺す速さを調べました。3時間以内に非常に速く、かなり良いです。
バンコマイシン(バンコシン)は6〜8時間で殺します。」

 

また、CBDはバイオフィルム、バクテリアの周囲の「輪」の層を破壊し、抗生物質が浸透して殺すことをより困難にします。

 

 

 

 

最後に、ラボの研究では、「CBDは既存の抗生物質よりも耐性を引き起こす可能性がはるかに低い」とBlaskovich氏は述べています。

 

CBDは「バクテリアのタイプに選択的です」と彼は言います。

 

彼は、グラム陽性菌に対しては効果的であるが、グラム陰性菌に対しては効果的でないことを発見した。
グラム陽性菌は、他の症状の中でも特に深刻な皮膚感染症と肺炎を引き起こします。
グラム陰性菌には、サルモネラ菌(加熱が不十分な食品に含まれる)や大腸菌(尿路感染症、下痢、その他の病気の原因)などが含まれます。

 

また、会議で発表された別の研究では、研究者は局所CBDをテストして、マウスの皮膚感染症を治療しました。
Blaskovichによれば、感染を解消することはできませんでしたが、48時間後に細菌の数が減少しました。
その研究は進行中です。

 

仕組み、注意事項
研究者は、CBDがどのようにスーパーバグ感染ファイターであると証明できるかを正確に言うことはできません。
「細菌の外膜に損傷を与えることで機能し、漏れやすくすることができると考えました」とブラスコビッチ氏は言います。
「それはそうではないようです。それは全く新しい行動メカニズムかもしれません。」

 

彼は、研究結果は有望であるが初期段階にあると言います。
また、感染症をCBDで自己治療するのは時期尚早であると人々に警告しています。

 

この研究は、肌の状態に対するCBDの使用を研究しているBotanix Pharmaceuticals Ltd.とオーストラリア政府によって資金提供されました。
BlaskovichはBotanixのコンサルタントです。

 

遠近法
オレゴン州ポートランドのリードカレッジの微生物学研究者であるブランドンノヴィーは、この結果は細菌がCBDに対する耐性を形成できず、細菌が形成できなかったため、研究結果を「非常に有望」と呼んでいますバイオフィルム。

 

 

 


 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD大麻 
 #CBDコロナウィルス対策 
 #コロナウィルス対策 
 #ウィルス対策 
 #CBD
 #ウィルス感染対策 
 #医療大麻 
 #感染治療
 #ウィルス感染治療 
 #CBDフルスペクトラム  
 #最強抗生物質 
 #大麻エキス  
 #コロナウィルス 治療薬 
 #CBD抗体 
 #インフルエンザ対策 
 #コロナウィルス 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »