fbpx

CBDは抗生物質に強化された菌、バクテリアにも効果

Pocket

CBDは抗生物質に強化された菌、バクテリアにも効果

 

 

 

 

アメリカサイトからの紹介です

 

CBDは強力な抗生物質としての一面も見られるようです。
精神的興奮を起こさないCBDは多くの効果がある事が知られています。
細胞炎症改善、精神高揚を抑えて安眠に導きます、アメリカではてんかん症状のひどい幼児にCBDを薬として認可されています(効果的な石油合成薬が無かったため)
ガンの細胞の繁殖を抑えるなど海外の研究で多くの症状に利用可能であることが判明しています。

 

 

今回発見された効果は抗生物質としての効果です今までの抗生物質と比べると効果が強く、しかも菌、バクテリアに耐性が付きにくいとの研究結果があります。
菌を死滅させる速度も速く、バクテリアが作る集団でコロニーを作り膜を張るのですが膜を破りバクテリアを攻撃していることを確認されています。

 

CBDは多くの効果があるのに対して個人で気軽に利用が出来るほど安全な成分だということです。

 

多くの石油合成薬は効果が強ければ強いほど副作用や違う症状に対応が出来ず、ひどい時には体調が悪化してしまいます。
CBDにはそれがありません
大量に利用すると副作用で便が緩くなりますがCBDを利用し続けると体が慣れるため副作用の便が緩くなる効果は長期間続くわけではなさそうです。
抗生物質として利用も可能ですが何に効果があるのか?
利用量は? などの情報が無い事からしばらくは治療として使われる予定はなさそうです。
抗生物質としての面がある事、CBDの多くの効果に菌、バクテリアに対して効果がある事が分かったことは事実だということです。

 

 

 


 

カンナビジオールはスーパーバグ感染に対して有望です

 

マリファナを喫煙すると、感染症と戦う身体の能力が低下すると考えられています。
しかし、大麻から抽出された化合物であるカンナビジオール(CBD)は、特定の薬剤耐性菌に対する強力な抗生物質として働く可能性がある、とオーストラリアの科学者は発見しました。

 

大学のマーク・ブラスコビッチ率いるチームによると、オーストラリアのバイオテクノロジーボタニックスファーマシューティカルズによって開発されている新しいCBDベースの治療法であるBTX1801は、研究室の皿や動物モデルで、黄色ブドウ球菌や肺炎連鎖球菌を含むいくつかのグラム陽性菌に対して効果的ですクイーンズランド州。

 

前臨床試験の結果は、サンフランシスコで開催された米国微生物学会の年次会議で発表されました。

 

 

 


カンナビジオールは強力な新しい抗生物質です

アメリカ微生物学会

 

カリフォルニア州サンフランシスコ-2019年6月23日-新しい研究により、カンナビジオールはグラム陽性菌に対して活性があり、多くの重篤な感染症(黄色ブドウ球菌や肺炎連鎖球菌など)の原因となるものを含め、確立された抗生物質と同様の効力を持つことが判明しましたバンコマイシンまたはダプトマイシンとして。この研究は、米国微生物学会の年次総会であるASM Microbeで発表されています。

 

大麻および麻植物から抽出された主要な非精神活性化合物であるカンナビジオールは、てんかんの一形態の治療のためにFDAによって承認されており、不安、痛み、炎症を含む他の多くの病状について調査されています。
カンナビジオールが細菌を殺すことができることを示唆するデータは限られていますが、この薬は抗生物質としての可能性について徹底的に調査されていません。

 

クイーンズランド大学の分子生物科学研究所のスーパーバグソリューションセンターのマークブラスコビッチ博士が率いる研究は、さまざまな皮膚状態に対する合成カンナビジオールの局所使用を調査している初期の創薬企業であるBotanix Pharmaceuticals Ltdと共同で、カンナビジオールが発見されました他の抗生物質に耐性になり、長期間の治療後に効果を失わなかった細菌を含む、広範囲のグラム陽性細菌を殺すのに非常に効果的です。

 

「カンナビジオールの文書化された抗炎症効果、ヒトの既存の安全性データ、およびさまざまな送達経路の可能性を考えると、さらなる調査に値する有望な新しい抗生物質です」とブラスコビッチ博士は述べています。
「固有の抗菌活性と、感染に対する炎症反応によって引き起こされる損傷を軽減する可能性の組み合わせは、特に魅力的です。」

 

重要なことに、この薬剤は、他の一般的な抗生物質に対して高度に耐性になった細菌に対する活性を保持していました。
バンコマイシンまたはダプトマイシンに対する耐性をもたらす長期暴露条件下で、カンナビジオールは有効性を失いませんでした。
カンナビジオールは、治療が困難な感染症につながる物理的なバクテリアの成長であるバイオフィルムの破壊にも効果的でした。

 

このプロジェクトは、新しい製品、プロセス、サービスを商業化するためのオーストラリア政府の助成金制度であるBotanixとInnovation Connectionsが共同出資しました。
この論文は、6月23日日曜日の午前11時から午後1時まで、サンフランシスコのMoscone Convention Centerで開催される米国微生物学会年次会議ASM Microbe 2019で発表されます。

 

 

ASM Microbeは、米国微生物学会の年次会議で、6月20日から24日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催されます。

 

米国微生物学会は、30,000人を超える科学者と医療専門家で構成される最大の単一のライフサイエンス学会です。ASMの使命は、微生物科学を促進し、前進させることです。

 

ASMは、会議、出版物、認定、教育機会を通じて微生物科学を進歩させます。
トレーニングとリソースを通じて、世界中の実験室の能力を向上させます。
学界、産業界、臨床現場の科学者にネットワークを提供します。
さらに、ASMは微生物科学のより深い理解をさまざまな対象者に促進します。

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2019-06/asfm-cia061719.php

 

 

 

 

 


低濃度でも、治療が困難なメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)など、黄色ブドウ球菌の臨床分離株132種の多様なパネルに対して作用を示した、と研究者らは報告しました。
さらに、細菌は21日間の連続治療後も薬剤に対する耐性を発現しませんでした。
このような業界標準の長時間暴露の課題は、一般的な抗生物質バンコマイシンおよびダプトマイシンに対する耐性につながることがよくあります。

 

Botanixによると、この薬は皮膚感染のマウス創傷モデルでも有効でした。

 

CBDの抗菌効果の正確なメカニズムは100%明確ではありません。
研究者は、細菌が抗生物質から身を守るために使用するバイオフィルムをCBDが破壊したことに気付きました。
しかし、乾癬におけるボタニックスの他の治療法であるBTX1308に関する第1b相試験の結果は、感染症にも関連する可能性のある手がかりを提供しました。

 

フェーズ1b試験に登録された15人の患者のうち10人から収集された皮膚生検に基づいて、ロックフェラー大学の研究者ジム・クルーガーと同僚は、p38 MAPキナーゼ経路とインターロイキン-6(IL-6)、乾癬は、BTX1308での治療で有意に低下しました。

 

「この抗炎症および免疫調節活性により、BTX 1308は、乾癬だけでなく、炎症および/または免疫応答成分を有する他の皮膚疾患の患者にとって非常に重要な治療選択肢になる可能性があります」とクルーガー氏は述べています(PDF)ステートメント。

 

 

 

GW PharmaceuticalsがてんかんにおけるCBD薬Epidiolexの最初のFDA認定を獲得して以来、マリファナベースの薬への関心が高まっています。
Kalytera Therapeuticsは、例えば、移植片対宿主病におけるCBD療法を第3相試験でテストしています。

 

 

 

 

 

抗生物質耐性菌、またはスーパーバグが急速に発達するにつれて、抗生物質の兵器庫に新しい武器を追加することが急務となっています。
そして、投資が続きました。ノボノルディスクの持ち株会社は最近、REPAIR Impact Fundの下で3つの抗生物質耐性スタートアップへの投資を発表しました。
各店舗には、基金の1億6500万ドルのプールのうち、抗生物質とワクチンの研究用に約1600万ドルが割り当てられています。

 

Botanixの探求はまだ初期段階であり、前臨床結果のみです。バイオテクノロジーは現在、BTX1801の臨床開発に最適な投与戦略を見つけることを目的とした研究を行っており、皮膚感染症を標的とする計画を立てています。

 

「カンナビジオールが薬剤の新たに検証された抗炎症特性と組み合わされると、耐性細菌を迅速に殺すという事実は、BTX 1801が皮膚やその他の感染症に使用する強力な新しい抗菌薬として大きな可能性を秘めていることを確信させます」 、マット・キャラハンは声明(PDF)で述べた。

 

 

https://www.fiercebiotech.com

 

 


 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD大麻 
 #コロナウイルス 対策 
 #ウィルス感染 
 #ウィルス除去 
 #CBD
 #CBD関節炎 
 #医療大麻 
 #CBD炎症
 #CBD痛み 
 #CBDフルスペクトラム  
 #CBD抗生物質 
 #大麻エキス  
 #コロナウィルス 治療薬 
 #CBD抗体 
 #アビガン 
 #コロナウィルス 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »