fbpx

フルスペクトラムCBD利用は免疫力が増える?

Pocket

フルスペクトラムCBD利用は免疫力が増える?

 

 

 

 

 

イギリスサイトの紹介です。

 

大麻を利用する事で白血球数が増えることが確認されています。
言い換えると免疫力が上がるようです。
しかし、条件もあるようです 多く利用する人にこのような白血球数の増加が確認されたそうです。

 

決まった時間に多く利用する事が今回の調査結果になりました。

 

これは大麻を利用した方の調査結果です。
治療として?
娯楽として?
食品として?
利用条件は書かれていませんが大麻を普段から多く使うことが条件のようです。

 

日本では大麻をそのまま利用する事は不可能ですし、治療に大麻を利用する事も禁止です(成分も薬として認められていない)

 

CBDオイル単体成分の製品では多分、白血球数値が上昇する事は難しいかもしれません
しかし、大麻の茎をエキスとして利用するフルスペクトラムCBDオイルならどうでしょうか?
白血球数値を上げ、抵抗力を上げられる可能性が高い製品です。

 

 


 

大麻の使用と免疫システム:白血球数

 

 

ある研究では、大麻使用者の総白血球数は、非使用者と比較して、重い使用者の方が多いことが示されています。
発表された研究、大麻研究誌、カバーの研究の数を見cが使用してannabis 免疫システムをその少しは白血球数と大麻使用を循環させるには知られている注意して、。

 

研究者は、米国の非制度化人口を全国的に代表するように設計された国民健康栄養調査(2005–2016)を見て、大麻の大量使用と白血球数の増加との間にわずかな関連性があることを発見しましたしかし、以前の大麻の使用も時折の大麻の使用も、WBCの総数または差に関連していなかった。

 

 

白血球
白血球は、骨髄に由来する免疫細胞として主に機能する体内の細胞です。

 

今日、タバコの喫煙は酸化ストレス経路と全身性炎症に関与するいくつかの化学物質を生成し、タバコの喫煙者の白血球数の増加が十分に実証されていることが知られていますが、タバコの禁酒は白血球数の持続的な減少と関連しています。

 

この研究は、大麻がカンナビノイド-1(CB1)およびカンナビノイド-2(CB2)受容体を介してその効果をどのように媒介できるかを強調しています。

 

CB2受容体は、骨髄、胸腺、扁桃腺、脾臓など、免疫系に関連する身体の多くの部分に見られます。
CB1受容体は中枢神経系に存在し、免疫系ではより低いレベルで存在します。

 

大麻の使用と免疫システム
造血に対するカンナビノイドの影響、および動物および細胞ベースのモデルを使用した免疫細胞増殖が広く実証されており、多くの研究が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)における大麻使用と白血球数の関連を調べています。

 

この研究は、大麻を使用したHIV陽性男性の白血球数が多いことを示しています。

 

昨年、ある研究により、腫瘍細胞の免疫原性を高める特定のカンナビノイドが発見され、免疫系による認識の影響を受けやすくなりました。
このチェックは重要です。
「チェックポイント阻害剤」と呼ばれる新しいクラスの新しい抗がん剤が免疫系を活性化してがん細胞を破壊するからです。

 

 

 

 

 

カンナビノイドで癌細胞の認識を高めると、この薬物クラスの有効性が大幅に改善される可能性があります。
パスカル研究は、カンナビノイドが免疫療法に直接的な利益をもたらすメカニズムを特定した最初の研究でした。

 

白血球数を見ると、この研究は次のように述べています。
研究の観察的性質により、因果推論が制約されました。
NHANESは血液と尿の検体を収集しますが、薬物検査は実施されておらず、大麻の使用は自己申告であり、非差別的な誤分類バイアスにつながる可能性があります。
大麻の投与経路(喫煙、摂取など)または大麻の調製/効力に関する入手可能な情報はありませんでした。

 

「さらに、この研究は、最近のNHANES調査(2005〜16)に基づいています。これは、NHANES III(1988〜1994)の調査と比較して、大麻の効力の増加をよりよく表している可能性があります。

 

カンナビノイド投与による免疫反応の抑制を報告する多くの実験室研究があり、一部の疫学的研究では、成人大麻使用者のフィブリノーゲン、C反応性タンパク質、インターロイキン-6などの炎症性バイオマーカーのレベルが低いことがわかっています。

 

また、この研究では、報告されている大麻の抗炎症効果は体重を制御すると大幅に減衰することを指摘し、大麻と体重の逆相関が成人大麻使用者の循環炎症性バイオマーカーの低レベルを説明できることを示唆しています。

 

相関は因果関係ではありません
この研究は、大麻の使用による免疫反応のこれらの変化が感染症に対する感受性の増加、したがって白血球数の増加と関連している可能性があることを強調していますが、白血球数の増加と最適以下の健康状態が寄与した可能性があることに注意します大麻の使用ではなく大麻の使用が、最適ではない健康を引き起こしました。

 

研究では次のように述べています。
「しかし、NHANESは大麻使用の動機に関する情報を収集していないため、この仮説は検証できません。
別の潜在的なメカニズムは、幹細胞に対するカンナビノイドの効果によるものです。
前臨床試験では、カンナビノイドが造血を刺激するため、この骨髄組織への刺激は、大麻使用者の循環白血球数の増加と関連している可能性があります。

 

 

 

 

‘大麻の大量使用と、総白血球数および好中球数との正の関連が検出されました。臨床医は、白血球数の増加を示す患者に大麻を大量に使用することを考慮すべきです。

 

大麻の使用と免疫システムに関する研究は不足しており、この研究は、大麻使用のさまざまなモードの免疫関連効果を理解するためにさらなる研究が必要であることを示唆しています。

 

この研究では、「全身の炎症、心血管リスクの増加、死亡リスクの増加はすべて、正常な生理学的範囲内の白血球の上昇に関連しているため、大麻の大量使用と心血管の健康に関する研究が必要です。

 

「大麻使用者の免疫調節の変化、および大麻使用のモードが免疫反応に差別的に影響を与える可能性があるかどうかを研究するには、繰り返し測定する研究が必要です。

 

「大麻使用のさまざまなモードの免疫関連効果を理解し、大麻喫煙から生成される炎症性化学物質の役割を解明するには、追加の研究が必要です。」

 

引用元

https://www.healtheuropa.eu


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ENDOCA  
 #ドリームスペル 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBD
 #CBD抗生物質 
 #医療大麻 
 #CBDウィルス
 #CBD健康 
 #CBDフルスペクトラム  
 #CBD抗体 
 #大麻エキス  
 #コロナウィルス 治療薬 
 #CBD抗体 
 #アビガン 
 #コロナウィルス 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »