fbpx

CBDの最適な使用法、効果、海外治療情報紹介

Pocket

CBDの最適な使用法、効果、海外治療情報紹介

 

 

 

 

 

CBDは海外の研究で多くの症状が改善されることが判明されてきました。
本来の体の治癒力は強いのですが色々な理由で体の持つ治癒力を下げてきました。

 

CBDは体の伝達物質であるホルモンのバランスを良くすることで体の治癒力の正常化する事で動作できなかった治癒力を動作させ、体を正常な状態に持って行くことが出来ます。
本にも細胞の腫れを抑えたり痛みの緩和、不安、てんかん、肥満、ガン、睡眠などにCBDを利用する事で効果がある事が証明されています。

 

 

CBDとフルスペクトラムCBDの違いは?
単体成分CBDだけを利用したCBDオイル、大麻茎を抽出したフルスペクトラムCBDオイル 
現在、製品として出回っている2つのCBDですが違いはあるのでしょうか?

 

CBDオイルブームの利用の多いアメリカの状況を例にして2つの製品の違いを紹介します。
CBD単体を利用するCBDオイル、アメリカに多く流通している商品です。
精神高揚効果のあるTHC0.3%以下と言う条件でアメリカはCBDオイルが流通しています。
多くのメーカーは大麻全ての部位を砕き、液状にしてCBDだけ取り出します。
99%純度のCBD結晶をオイルに混ぜることで製品化しています。
製品的には効率の良い方法です。
CBDは茎より他の部位にCBD濃度が高い場所があります。
大麻全てをミキサーなどで砕きCBDだけを抽出する方法だとTHC濃度は検出できないほど0%に近くなります。
CBDオイルのアメリカで製造された物はCBD結晶を使ってオイルに溶かしている製品が多いのが事実です。

 

効率が良い以外に銀行が企業に融資してくれる条件としてTHC(麻薬扱い)成分が検出されていないことが条件で融資される場合が大きいようです。

 

他にもアメリカの趣向的なものですが苦み、植物的な臭い、辛みなどのあるフルスペクトラムCBDオイルの需要が少ない事も理由かもしれません

 

 

※緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートが新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用がある事が判明、治療薬のクロロキン以上に抗ウィルス作用がある事が論文で公開されました。
https://dreamspll.com/blog/8354

 

 

 

 


 

 

 

CBDの最適な使用法

 

 

ヘンプ植物は、その薬効と治療特性のために何千年もの間利用されてきました。しかし、その違法な地位はその潜在的な用途に関する医学研究を遅らせており、植物の潜在的な健康上の利益への関心が高まった結果、大規模な臨床研究が現在行われています。

 

カンナビジオール(別名CBD)は、ヘンプ植物に含まれるカンナビノイドとして知られる数百の天然化合物の1つにすぎません。
近年、さまざまな病気の治療薬としての使用の可能性が世界中で注目を集めています。

 

カンナビジオールは、成熟した大麻植物から抽出され、フルスペクトルのCBDオイル(大麻茎エキス)をそのままで、または蒸留、分離、ろ過後にさまざまな形態で販売されます。
グミ、カプセル、チンキなど。
消費者は、業界の緩い規制を念頭に置き、有効性を裏付けることができる企業が生産する製品を選択する必要があります。

 

 

CBDは体にどのような影響を与えますか?
CBDは、すべての人間および他の多くの動物に存在する複雑な生物学的システムであるエンドカンナビノイドシステム(ECS)と相互作用します。
その主な責任は、さまざまな生物学的および認知プロセスの調節を通じて、全身全体で恒常性(バランス)を維持することです。

 

本質的にメッセンジャーである内因性カンナビノイドは、体のすべての領域にある受容体間を移動します。
麻工場で見つかったphytocannabinoidsはまた、CBDの潜在的な健康効果がで蹴るところであるECS、と相互作用することができます。

 

ECSが一般的な幸福のための複数のプロセスと機能で重要な役割を果たすという事実により、CBDは多くの方法で有益になる可能性があります。
たとえば、体内でのカンナビノイドの生産が増加し、ECSがホメオスタシスを効果的に維持するのに役立ちます。
ECSは、余分なエンドカンナビノイドを必要な場所に誘導し、全体的な健康を促進します。

 

また、CBDは、弛緩に関与する神経伝達物質であるガンマアミノ酪酸(GABA)の産生を増加させます。
心拍数が低下し、血圧が低下するため、ストレスや不安が和らぎ、睡眠の調節にも役立ちます。
一貫して低いGABAレベルは、消化器系の問題や免疫力の低下、慢性的なうつ病、不安、不眠などの深刻で継続的な問題を引き起こす可能性があります。
研究はまた、CBDが特定の状態や病気の治療と緩和に特に優れていることを示しています。

 

 

 

 

痛みを和らげる
慢性疼痛は、怪我、病気、またはライフスタイルが原因であるかどうかにかかわらず、世界中の何百万人もの人々を衰弱させています。

従来の薬物療法は、通常、多数の有害な副作用を伴い、しばしば非常に中毒性があります。
CBDは、痛みの管理と緩和に効果的であることが示されているが、最小限の軽度の副作用(吐き気や疲労を含む)を伴うことが示されているため、強力な処方薬の代替案として浮上しています。

 

神経因性疼痛は、伝統的に従来の薬で治療するのが非常に困難であり、それに苦しむ人々のわずか40%〜60%が症状の部分的な軽減を経験しています。
全身の神経や身体センサーの機能不全または損傷の結果として発生します。
これは、傷害または多発性硬化症などの自己免疫状態が原因である可能性があります。
ある研究の結果は、CBDが神経因性疼痛の治療に効果的であることを示唆しています。
これは、疼痛受容体をブロックし、筋線維を弛緩させることにより、全体的な筋肉痙縮を軽減できるからです。

 

 

炎症を減らす
通常、強力な処方薬による治療を必要とする別のタイプの慢性疼痛は炎症性疼痛です–繰り返しますが、CBDはその強力な抗炎症特性により効果的な治療法である可能性が示唆されています。
さまざまな病気や症状の中心に炎症があり、それが慢性疼痛の根本的な原因であることがよくあります。
CBDはアナンダミドの分解を停止し、アナンダミドは全身の炎症を調節するのに役立ち、慢性炎症の原因となる細胞のアポトーシス(プログラム細胞死)を引き起こします。
また、自己免疫関連炎症を維持する特定の免疫細胞の活性化を遅らせます。

 

したがって、CBDは炎症に直接取り組むのに効果的であり、パーキンソン病、アルツハイマー病、関節炎、腎臓病、炎症性腸疾患などの炎症関連状態の治療にも有効です。
また、身体の痛み受容体をブロックし、これらの状態と一緒にしばしば経験される慢性の痛みを和らげます。

 

 

肌の状態の治療
CBDは、日焼け、小さな切り傷、刺激または乾燥肌、筋肉や関節の痛みや痛み、炎症の局所治療として局所的に適用できます。
その抗炎症特性の結果として、湿疹などの炎症が根本的な原因である状態を治療するために使用される場合、それは一般的に最も効果的です。
CBDはまた、主にケラチノサイトの過剰産生の結果として起こる乾癬の治療にも効果的です。
ある研究は、CBDがケラチン生成細胞の増殖を阻害することにより、状態の進行と重症度を低下させることを示しました。

 

アレルギー性皮膚炎は、皮膚がアレルゲンと接触すると刺激を引き起こし、場合によっては湿疹さえ引き起こす可能性があります。
このため、CBDの抗炎症特性は治療に効果的です。
さらに、最近の研究では、アレルギー反応中に内因性カンナビノイド活性が増加することが示されており、ECSがその調節に関与していることが示唆されています。
他の研究では、ECSが最適に機能していないと症状が悪化することが示唆されています。
したがって、内因性カンナビノイドの産生を刺激し、その分解を抑制することにより、CBDは状態を緩和するのに役立ちます。

 

いくつかの皮膚の状態は、複数の要因によって引き起こされます-例えば、炎症だけでなく、にきびの原因には、軽度の細菌感染および/または皮膚の皮脂の過剰生産が含まれます。
CBDは、毛穴での細菌の増殖を抑制し、皮脂の生成を減らすことにより、これらの両方に対抗する働きをします。
これらのすべての状態の軽度の症例では、局所適用は十分な緩和を提供するのに十分かもしれませんが、より深刻な症例は効果的であるために内部消費も必要とするかもしれません。

 

 

 

 

不安を和らげる
おそらく、不安は今まで以上に多くの人々に影響を及ぼしています-おそらく私たちのストレスの多いペースの速い生活のために-睡眠不足、栄養不足、消化不良、外傷性イベント、代謝の問題を引き起こしています。

 

この研究はまだ初期段階ですが、研究により、CBDがさまざまな方法で不安の症状を緩和できることが示唆されています。
これらには、炎症の軽減、セロトニンの産生の促進、睡眠衛生の改善、筋肉の緊張の軽減などが含まれます。
これは、スピーチを提供するように求められた社会不安障害のある人々は、CBDを摂取した後に不安の有意かつ急速な減少を経験したが、プラセボを摂取した人々はそうではなかったことを示す1つの研究によって裏付けられています。

 

 

てんかんの治療
てんかんの治療は、おそらくいくつかの大規模な臨床研究がすでに完了または進行中であり、CBDの潜在的な健康上の利点の中で最も探求されている分野です。CBDはこの状態の効果的な治療法であることが示されており、これはしばしば発作を引き起こす脳内の電気的活動のバーストを引き起こします。
てんかんには複数の種類があり、その多くは従来の薬では治療や管理が困難です。
CBDは、神経保護の性質を持つ、つまり脳全体の健康をサポートする天然の抗けいれん薬である可能性があります。
また、さまざまな神経活性を制御する脳内の受容体を調節するだけでなく、GABA活性を改善し、脳内の電気的活性を低下させると考えられています。
これらの仮説を確認するにはさらなる研究が必要ですが、現在利用できる証拠は確かにそれを裏付けています。
さまざまなタイプのてんかんの670人の最近の分析では、CBDを治療として使用した場合に顕著な結果が得られました。
合計で、71%が発作の頻度が減少し、約40%で発作の頻度が50%減少し、4分の1で70%が減少し、10%で研究の時点までに完全に発作がなくなったと報告されています結論が出ました。
2016年の別の研究では、CBD強化ヘンプオイルが治療抵抗性てんかんの患者74人に約6か月間投与されました。
なんと89%が、経験した発作の数の減少を報告しました。

 

 

肥満への取り組み
近年、一部の専門家は、ECSが食欲調節に影響を及ぼし、その結果、肥満において極めて重要な役割を果たすと主張しています。
これは世界の多くの地域でますます問題になっています。したがって、CBDを使用して食欲に影響を与えることができますが、この分野ではさらに研究が必要です。

 

ある研究では、脂肪細胞(脂肪細胞)への影響を通じて肥満を直接治療するためにCBDを使用できる方法を説明しました。
CBDは、白色脂肪細胞(エネルギー源として脂肪を貯蔵する)を茶色脂肪細胞(エネルギー生産と熱分配に使用される)に変えることができるかもしれないと述べました。
また、CBDは脂肪分解(体が脂肪を分解するプロセス)を促進し、脂質生成(脂肪貯蔵の生成)を減​​らし、熱生成(熱生成)を改善することを意味しました。
これらのプロセスはすべて、肥満に取り組む上で有益であると考えられています。
さらに、他の研究では、CB1受容体を欠く動物には少量の脂肪組織があることが示唆されています、CB2受容体がほとんどまたはまったくないものでは、脂肪組織が発達する可能性が高かった これらの発見は、CB1受容体を遮断し、CB2受容体に拮抗することが肥満の潜在的な治療法であることを示唆しています。

 

 

 

 

がん性腫瘍の標的化とがん治療の副作用の緩和
業界の個人や企業からのいくつかの誇張された主張にもかかわらず、CBDは癌の治療法ではありません。
しかし、がん治療を受けている人やその副作用を経験している人にプラスの効果があり、衰弱させる可能性があることを示唆する研究が増えています。

 

ある研究は、内因性カンナビノイドが腫瘍の成長を遅らせることができることを示唆しているため、この性質の病気に対する体の反応においてECSが重要な役割を果たしていることを示唆しています。
したがって、内因性カンナビノイド産生を促進する能力により、CBDは腫瘍の成長を遅らせる可能性がありますが、副作用はほとんどありません。
CBDはまた、身体から癌細胞を検出、特定、除去することを任務とする重要な免疫細胞を調節することが示されています。
激しい痛み、吐き気、嘔吐などのがん治療の副作用の観点から、CBDは緩和を提供できる可能性があります。
また、睡眠パターンを改善し、がんの診断と治療に伴うことが多いうつ病、ストレス、不安の治療に効果的です。

 

現時点では、CBDを含むカンナビノイドをベースとする2つの承認されたがん患者用医薬品が米国にあります:ナビロン(セサメット®)とドロナビノール(マリノール®)。
Sativex(Nabiximil®)は、米国、ヨーロッパ、カナダ、オーストラリア、およびニュージーランドでも承認されています。

 

無限の可能性または真実であるには余りにも良いですか?
ヘンプとその派生物の現代史における禁止がその研究の進歩を遅らせたことは残念ですが、1つのことが今明らかになっています:CBDはさまざまなアプリケーションで大きな可能性を秘め、ますます多くの研究の焦点になっています。
これまでのエビデンスは、CBDが一般的な幸福から状態の症状の緩和や特定の痛みの標的化まで、さまざまな利点に適していることを確かに示唆しています。技術と研究の進歩により、可能性は広範囲に及びます。

 

リンク先

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ENDOCA  
 #ドリームスペル 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBD
 #CBD抗生物質 
 #医療大麻 
 #CBD アレルギー 
 #CBD健康 
 #CBD 肌  
 #CBD抗体 
 #大麻エキス  
 #コロナウィルス 治療薬 
 #CBD 炎症 
 #CBD 痛み
 #CBD てんかん 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »