fbpx

大麻成分は病院の細菌と戦うのを助けることができます

Pocket

大麻成分は病院の細菌と戦うのを助けることができます

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。
抗生物質を補助する効果、菌やウィルスの繁殖阻害などCBDを利用することで有効な効果があることがわかりました。
石油合成医療薬として作られている抗生物質はかなりの有毒な面があり、腸内細菌を殺します。
脳と腸はリンクされていることが判り、腸内細菌で気分が変わることも確認されています。

 

また、抗生物質を利用することで腸内細菌が減る事も確認され抗生物質を子供が利用すると鬱の症状が出ることが確認されています。
体外から侵入してきた菌、ウィルスを殺す目的ですから腸内細菌も被害に合うことは当然でしょう

今まで抗生物質を多く利用してきましたが抗生物質に耐性菌が生まれてしまい効果が無くなってしまうことがあります。
CBDは抗生物質を効果を上げることが確認されています。
CBDと少量の抗生物質を利用することで体の負担を減らし、抗生物質耐性菌を作らせない有効な治療が出来るようになります。

 

 

 


大麻成分は病院の細菌と戦うのを助けることができます

 

 

デンマークのシドダンスク大学の研究者たちは、麻の大麻に含まれる物質で抗生物質の効果を改善できることを発見しました。

カンナビジオール(CBD)です。
研究者らは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(mrsa)の増殖を阻害するために使用される薬物バシトラシンの試験を成功させました。

これは「病院のバクテリア」としても知られています。

 

CBDおよびおそらく他の物質の助けを借りて、細菌の増殖が阻害されるだけでなく、より少ない抗生物質の投与量を使用できることも判明しました。

世界中で使用する抗生物質の数を減らすことで、耐性のプロセスが遅くなります。

 

 

 

 

耐性菌による2050年の1000万人の死亡

抗生物質への耐性菌は21世紀の最大の問題の1つです。
毎年、世界中で約70万人の患者が耐性菌で死亡しています。
WHOによると、2050年までに、この数は年間最大1,000万人に達する可能性さえあります。

単純な日常業務、怪我、感染症はすでに致命的となる可能性があります。

肺炎や淋病などの一般的な細菌感染症は、すでに多くの国で抗生物質耐性による複合治療で治療されています。

 

しかし、使用の増加に伴い、細菌はこれらの治療法に対する耐性も高まっています。
科学者たちはこれに対する解決策を見つけるために努力しています。
新しい抗生物質だけでなく、ナノテクノロジーも数年以内に有害な細菌と戦うことができるかもしれません。

 

カミソリのように鋭い金属ナノ粒子
オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学の研究者は最近、バクテリアを物理的に破壊する技術を開発しました。

液体金属ナノ粒子は、バクテリア細胞とバイオフィルムの粘液カラーを物理的に破壊する可能性があります。

バイオフィルムは、微生物の層と自己生産の保護粘液カラーとの組み合わせで構成されています。

バイオフィルム中の細菌は、抗生物質に対してより高い耐性があります。
これらの金属ナノ粒子は、低強度の磁場を適用することによって変形し、最終的にバイオフィルムと細菌細胞を突き刺すことができる鋭いエッジを発達させます。

テスト結果は、これらの液体金属ナノ粒子に90分間曝露した後、細菌の99%が破壊されたことを示しています。

同様に重要なのは、体内の他の健康な細胞に影響を与えなかったことです。

研究者は、彼らはまた、この方法を使用して真菌感染症、コレステロールおよび腫瘍を戦うことができることを期待しています。

治療として使用されるまでには時間がかかる場合がありますが、この手法を使用すると、抗生物質への耐性に革新的な方法で取り組むことができます。

 

 

最大の発明の1つ

抗生物質は、1928年にアレクサンダーフレミングによってペニシリンの発見とともに偶然発見されました。

それは、20世紀の最大の発見の1つでした。

スコットランドの医師研究者は、細菌を別のペトリ皿で増殖させることを許可していましたが、ある菌では菌が細菌の増殖を阻害していることを発見しました。

結局、これは抗生物質の開発の始まりでした。抗生物質は、身体の他の部分に影響を与えることなく有害な細菌を攻撃します。
抗生物質の開発後まもなく、バクテリアは急速に適応し、その影響を低減することが明らかになりました。

危険因子には、抗生物質の不適切で過剰な使用が含まれます。

それらがより多く使用されるほど、細菌はより速く順応できます。

この薬の使用は必ずしも必要ではありませんが、ますます耐性を増している微生物の急速な変異に貢献しています。

 

 

 

 

現在の抗生物質の改善

既存の抗生物質はもはや役に立ちませんか?はいといいえ。

多くの感染症は抗生物質でしか治療できません。これらの薬の研究は耐性のプロセスを遅くすることができます。

新しい抗生物質の開発に加えて、既存の抗生物質の有効性を維持するためのさまざまな方法での取り組みが行われています。

たとえば、オランダのバイオテクノロジー企業は、細菌をより早く殺すことができるペプチド(アミノ酸の短鎖)を開発しました。

 

さらに、オランダのアムステルダムにある大学医療センターは、数千人の患者の匿名治療データ(許可あり)を研究者と共有することを決定しました。
コンピューターモデルを使用して、適切な抗生物質と適切な投薬量が患者に処方されているかどうかを判断できます。

これにより、これらの薬剤をさらに効率的に処理することが可能になり、抗生物質に対する耐性が一時的に防止されます。

 

イノベーションが欲しかった
現在の抗生物質のさらなる開発と新しい抗生物質の発見は、遅かれ早かれ細菌が適応して薬剤に反応しなくなる可能性を考えると、依然として重要なままです。

負けた戦いと戦うように感じることもありますが、上記の金属ナノ粒子の助けを借りて、直接物理的な攻撃を行うと、細菌が耐性を持つことができなくなります。

このナノテクノロジーの実際の適用には時間がかかりますが、非常に望ましいです。それは潜在的に多くの命を救う可能性があります。

 

また興味深い:
耐性菌と戦うための新しい抗生物質
感染症に対する新しい戦いは抗生物質なしで行うことができます

 

 

https://innovationorigins.com/

 

 


 

 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
アメリカの医療治験の話です。
CBD単体成分の利用で治療薬として治験の場合、
1回に50mg、100mg利用するとか・・平均すると100~200mg一日で摂取することで効果を確認しているそうです。
人によって効果の差があります 多く摂取すれば便が緩くなる副作用も出やすくなります。
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。
多く使わなければ実感しない方も居ますが単体成分はほかの大麻成分との相乗効果が期待できません

 

 

CBDは、体の情報送信の役目「ホルモン」のバランスを整えます。
 バランスが整える事で自己治癒能力が正常に働き、結果 治癒につながるように思えます。
ネットでも治療報告がされています 色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDで家庭療法にて治癒報告が多い理由は人間のホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。
個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

 

 

ドリームスペルオリジナルCBDオイル500mg(5%)
オーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 
〇〇〇タロットカード 星 正義 カップの2〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 世界 恋人 カップのA 運命の輪 〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 女帝 星 ペンタクルA 太陽 〇〇〇

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 細胞単位の痛みを感じられない小さな痛みがストレスとして感じられている気がします。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD大麻 
 #CBD在庫 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBD入荷 
 #CBD関節炎 
 #医療大麻 
 #CBD炎症
 #CBD痛み 
 #CBDフルスペクトラム  
 #CBD鎮痛剤 
 #大麻エキス  
 #CBD 
 #抗生物質 
 #コロナウィル治療 
 #CBDコロナウィル 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »