fbpx

脳と腸の繋がりとは?それに対するCBDの影響とは?

Pocket

脳と腸の繋がりとは?それに対するCBDの影響とは?

 

 

 

 

内因性カンナビノイドシステム(ECS)
わかりやすく言うとホルモンです。
体内分泌物質ホルモンは体の伝達物質です。
このECSシステムのホルモンバランスを正常にするのが大麻成分CBDです。

 

ホルモンバランスを正常にすることで体内臓器が正常に動くことが出来るのです。
CBDを利用して体調が良くなったと感じる方はECSシステムが正常に動き、体調が良いと感じるのだと思います。

 

ホルモンバランスを取り戻し、リラックス効果もあるCBDはストレスなどで体調を崩した方が体調を取り戻しやすいのかもしれません(利用量、症状の重さにもよります)内因性カンナビノイドシステムに作用し、伝達物質であるCB1およびCB2受容体と相互作用して、睡眠、記憶、食欲、痛み、代謝、生殖システムなどの多くの機能を調整できるようです。

西洋医療の治療といった感覚とは違い、神経伝達物質の量を増減させ、正常な量に調整することがCBDの効果だと言えます。

 

今回紹介する内容はCBDの作用効果が超、脳をリンクしていることを書かれています。
伝達物質ホルモンが大きく関与しているように思われます。
まず、体のホルモンバランスを体調の良い状態に戻すことを試してみませんか?実感していただけると思います。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

心/腸/ CBDのつながり-チン博士が腸の健康に対するCBDの影響を説明

 

あなたがストレスを受けているときにあなたがなぜあなたの胃の中に蝶を持っているのか疑問に思ったことはありますか?
または、なぜ聴衆の前で話す前にトイレに走るのですか?これらは、腸がストレスにどのように反応するかを示す明確な例です。神経系と消化器系をつなぐ腸と脳のつながりがあります。

 

神経系には2つの競合する要素があります。
交感神経系と副交感神経系です。
交感神経系は「戦闘または逃避」反応です。このシステムは、公の場で発言したり、締め切りに間に合ったり、エクササイズをしたりするときに必要になります。
交感神経系は、瞳孔の拡張、心拍数の増加、血圧の上昇、体の発汗を引き起こします。

 

副交感神経系は、食べ物を消化し、睡眠をとり、夢を見て、リラックスするのに役立ちます。
特にこれらのストレスの多い時期に、私たちの多くは「戦闘または飛行」の永遠の状態に住んでいます。
私たちは働きすぎで疲れ果てており、未来がどうなるかを心配しています。
この絶え間ない「闘争または逃避」状態は、膨満、不規則な排便、酸逆流、急速な体重増加/減少などの消化器系の病気を引き起こします。
交感神経系の過度の運動は、胃への血流と酸素の減少を引き起こす可能性があり、けいれん、炎症、または腸内細菌の不均衡につながる可能性があります。

 

 

ECSシステムのますます重要性
内因性カンナビノイドシステム(ECS)は、全身の他のすべてのシステムを調節およびインターフェイスする、広範で不可欠なシステムです。
運動、痛み、免疫反応などの身体機能や、知覚、気分、記憶などの認知能力や精神能力を調節します。
ECSは、体のカンナビノイド受容体を刺激するカンナビノイドのような分子を自然に生成します。
これらの受容体は、脳、筋肉、胃腸(GI)管など、体の多くの領域にあります。

 

 

 

 

CBDはなぜそしてどのように神経系に影響を与えますか?
私たちの脳が独自の内部大麻分子(内因性カンナビノイド)を作ることをご存知ですか?
アナンダミド(至福、アナンダというサンスクリット語にちなんで名付けられました)は、ストレスを和らげ、神経系のバランスを整えるのに役立ちます。
そのため、高い交感神経オーバードライブの制御不能に陥りません。
交感神経のオーバードライブは体に負担をかけ、治療しないまま放置すると最終的には副腎疲労の状態につながります。
副腎疲労は、免疫システムの障害からストレスや記憶の問題を処理する能力の低下まで、あらゆる原因をもたらします。

 

この不安、ストレス、慢性的な睡眠不足はすべて、GABAを阻害します。
GABAは、ニューロンに発火を遅くしたり停止したりするように指示する天然の脳内化学物質です。
この神経伝達物質は、睡眠を誘発し、筋肉をリラックスさせ、落ち着かせるのにも役立ちます。本質的に、GABAは体を冷やすように指示します。

 

GABAを調節することにより、CBDは体を通常の機能に戻すのに役立ちます。
CBDは、穏やかな状態を引き起こす副交感神経系を活性化するように脳に指示します。
エンドルフィンが自然に痛みを和らげるのと同じように、あなた自身の体によって生成されたカンナビノイドはストレスへの抵抗力を高めます。
CBD製品を統合することで、身体をバランスの取れた状態に戻すことができます。

 

腸内細菌叢と私たちの概日リズムの間にも関係があります。
概日リズムは、脳内の24時間時計であり、その信号を脳の他のすべての領域と体のすべての臓器に伝達します。
この体内時計は、睡眠だけでなく、感情、食欲、ホルモン、代謝、体温を制御します。

 

私たちの腸と脳のつながりの主要なプレーヤーは、消化管に存在する微生物のゲノムのコレクションである腸のマイクロバイオームです。
睡眠不足と私たちの概日リズムの混乱は、微生物叢の全体的な調整を変更します。
これは、微生物叢の調節不全を促進し、ひいては睡眠を変更する可能性があります。

 

消化器病における大麻とCBDの使用の増加消化器病週間で発表された横断研究によると、炎症性腸疾患の患者の約3分の1は大麻を積極的に使用しており、45%はIBDの管理に大麻を使用していると報告しています(過敏性腸疾患)症状。他の多くの人は、医療用大麻が胃の痛み、膨満感、吐き気、食欲の管理に役立つと伝えています。

 

私の見解では、CBD、腸、脳の間には、より詳細な研究が確かに明らかになるであろう関連性があります。
CBDは強力な抗炎症剤および鎮痛剤であり、IBDおよび関連する胃腸疾患の治療に役立つ可能性があります。
消化管の炎症を軽減し、胃腸障害に関連する不安やストレスを和らげるのに役立ちます。

 

CBDと麻油(CBDと同じではありませんが、オメガ脂肪酸の豊富な供給源)は、炎症を減らし、不幸な腸を助ける2つの優れた方法です。
消化器系の問題にCBDを組み込むことを考えている場合は、処方された薬の服用を中止しないでください。
代わりに、医療提供者に相談して、低FODMAPダイエットを試してください。

 

 

 

参照先 https://www.greenentrepreneur.com

 

 


 

 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
アメリカの医療治験の話です。
CBD単体成分の利用で治療薬として治験の場合、
1回に50mg、100mg利用するとか・・平均すると100~200mg一日で摂取することで治療効果を確認しているそうです。
CBDは人によって効果の差があります いきなり多く摂取すれば便が緩くなる副作用が起きる場合もあります。
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。

 

 

CBDは、体の伝達物質「ホルモン」のバランスを正常に整えます。
 バランスが整える事で臓器が正常に働き、自己治癒能力の正常になり、結果 治癒につながるように思えます。
海外で多くの治療報告がされています 色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDを利用する家庭療法にて治癒報告が多い理由はホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。

 

現在、個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

 

 

ドリームスペルオリジナルCBDオイル500mg(5%)
オーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 
〇〇〇タロットカード 星 正義 カップの2〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 世界 恋人 カップのA 運命の輪 〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 女帝 星 ペンタクルA 太陽 〇〇〇

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 細胞単位の痛みを感じられない小さな痛みがストレスとして感じられている気がします。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD大麻 
 #CBD在庫 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBDホルモン 
 #CBD不安 
 #医療大麻 
 #CBD炎症
 #CBD不眠 
 #CBDストレス  
 #CBD鎮痛剤 
 #大麻エキス  
 #CBD 
 #抗生物質 
 #コロナウィル治療 
 #コロナウィル治療薬 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »