fbpx

2CBDは処方薬と相互作用の可能性があるのでしょうか?

Pocket

CBDは処方薬と相互作用の可能性があるのでしょうか?

 

 

アメリカではCBDオイルだけではなくTHCとCBD濃度の高い製品も存在しています 医療大麻も扱う州があり、治療で利用する濃度が高いものを使っている場合もあります。
カンナビノイドは肝臓で作る酵素が薬の効果を阻害する効果がある酵素の効力を下げる効果があることが知られています。
石油合成医療薬と併用するとCBDは肝臓のチトクロームP450酵素が医療薬を代謝する効果を阻害して、薬の効果を強く発揮される可能性があります。

 

CBD単独で利用する話です 薬と併用の話ではありません
・不眠、不安、ストレスの改善(心拍数、血圧の低下によって改善されると推測されています)
・細菌を死滅させます 石油合成医療抗生物質では破壊しにくい菌のバイオフィルムを浸透、破壊します 実験では3時間以内で死滅したそうです。
・強力な抗炎症特性(痛みを和らげる特性があります)
・てんかん発作の減少(発作数減少確認89%発作が減ったという報告者も居たそうです)
・白色脂肪細胞(貯蓄型の脂肪)→茶色脂肪細胞(エネルギー用、すぐに燃焼される細胞)変換される可能性があるそうです。
まち、脂肪分解を促進、脂肪生産減少、熱生成の改善できるそうです。

 

 

 

 


 

CBDを含むカンナビノイドは処方薬と相互作用する可能性があります

研究者たちは、カンナビスやカンナビジオール(CBD)オイルなど、カンナビノイド製品と相互作用する可能性のある57種類の薬剤のリストを公開しています。
このリストには、抗凝固薬、鎮痛剤、避妊薬などの一般的に処方される薬が含まれています。

 

大麻の合法化の問題は、議論の余地のある問題です。
2013年の調査結果は、米国の成人の半数強(52%)が大麻の合法化を支持していることを示唆しています。
しかし大麻は、連邦レベルでは違法のまま、33件の米国の州が今合法化された1または大麻植物のより多くのコンポーネントを持っています。
一部の国では医療用大麻も合法です。

 

喫煙などの大麻を使用する従来の手段だけでなく、CBDのみを含み、大麻の精神活性成分であるデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)を含まないCBDオイルへの関心が高まっています。

 

CBDオイルには、不安や痛みの管理など、いくつかの利点があるとされています。
ヘンプに由来するCBDオイルは、2018年に米国全体で合法化されました。
最近のデータは、国内のCBD製品の販売が、2014年の1億ドル強から2019年の8億4,500万ドルに大幅に増加したことを示しています。

 

より多くの人々がカンナビノイド製品を消費していますが、これらの製品が他の薬物とどのように相互作用するかについての情報は限られています。

 

この知識のギャップに対処するために、ペンシルバニア州ハーシーのペンシルバニア大学医学部の研究者は、医療用カンナビノイド、CBDオイル、または医療用またはレクリエーション用大麻と一緒に服用すると意図どおりに機能しない可能性がある処方薬のリストを公開しました。

 

メディカルカンナビスとカンナビノイドジャーナルに掲載されている詳細は、カンナビノイド製品を使用している人々に医師がより安全に薬を処方するのに役立つ可能性があります。

 

薬物間相互作用
市場での大麻由来製品の増加により、さまざまな濃度のカンナビノイドTHCおよびCBDを提供できます。
新しい研究の共著者であるケントブラナ教授が説明するように、この変動は規制されていない製品にとって特に懸念事項です。
「規制されていない製品には、多くの場合、医療用カンナビノイドと同じ有効成分が含まれていますが、異なる濃度で含まれている場合があります。」

 

これらの製品がたとえ規制されたものであっても、処方された他の薬剤の機能にどのように影響するかについての情報は現在ほとんどありません。
したがって、Vrana教授と彼の臨床薬剤師の同僚であるPaul Kocisは、カンナビノイドと処方薬の間の相互作用の可能性のリストを作成しました。

 

彼らは、体が別の薬物を分解する速さに影響を与えるか、同じ標的をめぐって競合するカンナビノイド薬を探しました。彼らは、CBDのみの製品やTHC含有製品(ドロナビノール、ナビロン、CBD、ナビキシモール)を含む4つのカンナビノイドを評価しました。

 

これを行うために、彼らはTHCとCBDを処理する酵素のリストを見て、これを一般的な薬物の処方情報と比較して、薬物間相互作用としても知られている重複を特定しました。

 

彼らは、処方されているかレクリエーションであるかにかかわらず、カンナビノイドの使用が影響を与える可能性がある57の処方薬のリストを提供しています。

 

 

リスト
リストには、抗うつ薬(アミトリプチリン、クロミプラミン、ロフェプラミンなど)を含むさまざまな医薬品が表示されます。
経口避妊薬(エチニルエストラジオール); オピオイド鎮痛薬(フェンタニル); 甲状腺ホルモン(レボチロキシン); 鎮静剤(プロポフォール); 抗凝血剤(アセノクマロールとワルファリン)。

 

薬の完全なリストは、ペンシルベニア州のウェブサイトで入手できます。

 

治療係数の狭い医薬品が含まれているため、治療用量と毒性用量の間にわずかなマージンがあります。この小さなマージンは、これらの薬物の作用を増加させる可能性のある相互作用を医学的関心事にします。

 

研究者らはまた、カンナビノイドの相互作用を持つ可能性があるがリスクが低い139種類の医薬品のより長いリストを公開しています。
著者らは、新薬が承認され、新しい証拠が出てきたら、これらのリストを定期的に更新するとしている。

 

心臓のリスク
研究者のリストに記載されている処方薬とカンナビノイドの混合により起こりうる副作用には、めまい、錯乱、鎮静作用がありますが、心臓への影響など、より深刻な問題についても警告しています。

 

彼らは、人々が心血管系に同様の影響を与える薬でカンナビノイドを服用すると、血圧と心臓のリズムの変化が起こる可能性があると言います。

 

彼らは、医師が薬物を処方する際に人がカンナビノイドを使用することを考慮に入れ、患者にカンナビノイドの摂取について医療やその他の方法について率直に勧めることを勧めています。

 

 

参照元 https://www.medicalnewstoday.com

 


 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
アメリカの医療治験の話です。
CBD単体成分の利用で治療薬として治験の場合、
1回に50mg、100mg利用するとか・・平均すると100~200mg一日で摂取することで治療効果を確認しているそうです。
CBDは人によって効果の差があります いきなり多く摂取すれば便が緩くなる副作用が起きる場合もあります。
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。

 

 

CBDは、体の伝達物質「ホルモン」のバランスを正常に整えます。
 バランスが整える事で臓器が正常に働き、自己治癒能力の正常になり、結果 治癒につながるように思えます。
海外で多くの治療報告がされています 色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDを利用する家庭療法にて治癒報告が多い理由はホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。

 

現在、個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

 

 

ドリームスペルオリジナルCBDオイル500mg(5%)
オーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 
〇〇〇タロットカード 星 正義 カップの2〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 世界 恋人 カップのA 運命の輪 〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 女帝 星 ペンタクルA 太陽 〇〇〇

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 細胞単位の痛みを感じられない小さな痛みがストレスとして感じられている気がします。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD大麻 
 #CBD在庫 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBD販売 
 #CBDコロナウイルス 
 #医療大麻 
 #CBD炎症
 #CBD痛み 
 #CBD抗生物質  
 #CBD鎮痛剤 
 #大麻エキス  
 #CBD 
 #抗生物質 
 #コロナウィル治療 
 #コロナウィル治療薬 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »