fbpx

喘息のためにCBDオイル利用しますか?

Pocket

喘息のためにCBDオイル利用しますか?

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。
喘息はCBDの炎症を抑える特性を利用することが出来ます。
肺の炎症などで引き起こされる喘息が炎症を抑えることから一部の喘息患者がCBDを利用して効果を実感しているそうです。
下記の内容では直接肺に取り込むわけではなくCBDオイルを利用して体全身にCBDを巡らせる方法を紹介しています。

 

腸から取り込むCBDは吸気で取り込むCBDより体内に長く留まることが判明しています。
吸気からCBDを取り込むと肺を経由してすぐにCBDは血中を流れて全身を巡ります。
体に回る時間は2時間程度です。
吸気からCBDを取り込むとロスがなく体全身に巡りますから発作を持った方が一時的に利用するには良い方法かもしれません 吸気からCBDを取り込む目的は急な発作や激しい痛みを和らげるのに有効かもしれません

 

第二次大戦敗戦前の話です。
日本は麻(大麻)の栽培が非常に多い国でした 江戸時代、麻の栽培、収穫が世界一だったのでは? 言われています。
非常に生活に密接な植物でした。
打箱の代用品としても吸われていたそうです タバコより多く吸っていたのでは? と言った憶測もあるほどです。

 

当時の人は麻(大麻)を吸って痛み、落ち着きを得ていたのでしょうか? 江戸時代、大麻を吸って麻薬みたいに依存になったという話を聞きません 麻の植物を利用したからと言って特に問題が起きたわけでもなさそうです。

 

江戸時代、麻は薬として使われていました「てんかん」発作を抑えることは今の時代でも証明されていますが江戸時代でも薬として麻の葉が神社で売られていたそうです。
タバコの様に煙を吸うことでてんかんの発作を弱くしたり発作の回数を減らしていたようです。

 

喘息に関しては現代病なので昔、流行った病気だとは思えませんから記述がなさそうです もし、当時喘息が病としてあったならてんかん同様に麻の煙をキセルに入れて吸っていたでしょう 気道などの炎症が原因ですから炎症を抑えるために利用されたはずです。

 

 


 

 

 

 

喘息のためのCBDオイル:それは助けることができます&使用方法

 

世界保健機関(WHO)の報告によると、喘息は世界中で3億3900万人に影響を及ぼしています。
効果的で自然な治療法を使用できる慢性疾患の1つとして間違いなくスポットを獲得しています。

 

CBDの人気が高まるにつれ、一部の喘息患者はCBDに信頼を与えることを決定しました。
しかし、多くの人々は、CBDと喘息が実際に良い一致であるかどうかを心配しています。

 

CBD(カンナビジオール)は、麻またはマリファナ植物の無毒化合物です。
その汎用性と優れた安全性プロファイルのおかげで、ウェルネス業界で最新のゴールドラッシュを生み出しました。

 

麻由来のCBDは、2018年の農業法案の下で50州すべてで合法です。
あなたは健康小売店、薬局、そしてアークショップの店頭でそれを見つけることができます。
それはチンキ剤、カプセル、食用、局所、アーク、さらにはペット製品で提供されます。

 

しかし、CBDは実際に喘息患者が自分の病気の症状を軽減するのを助けることができますか?

 

これに飛び込みましょう!

 

 

喘息を理解する
喘息は、炎症や腫れのために気道で始まる肺の一般的な慢性障害です。肺の気道が狭くなり、収縮し、粘液で満たされ、人が適切に呼吸できるようになります。

 

喘息にはいくつかの種類があります。アレルゲンが現れたときの免疫系の過剰反応であるアレルギー性喘息は、最も一般的なものです。
喘息を引き起こす可能性のあるアレルゲンには、花粉、ダニの排泄物、カビの胞子、寒さ、細菌に覆われた汚れ、ペットの皮屑などがあります。

 

喘息患者は米国の一般人口の約8%を占めています。米国疾病予防管理センター(CDC)の報告によると、10人のアメリカ人が毎日この状態と診断されています。

 

 

喘息の症状は何ですか?
喘息が慢性的であろうとアレルギーによって誘発されたものであろうと、この状態の人々は通常、次のような同様の範囲の症状を経験します。
・呼吸困難
・喘鳴
・入眠困難
・咳
・胸の痛みおよび/またはきつさ
上記の症状は、運動時、寒い時期、アレルゲンにさらされたときなど、特定の時期に目立つことが多いため、通常は個人によって異なります。

 

一部の患者にとって、喘息は軽度の病気です。しかし、他の人は、人の生命を危険にさらす可能性のある重度の喘息発作などの深刻な健康問題を経験する可能性があります。

 

喘息発作は、症状の突然の悪化を伴うエピソードを指します。
これらの再燃は、人々が通常それらと呼ぶように、毎年およそ200万の緊急治療室への訪問に寄与し、患者の生活の質を深刻に悪化させる可能性があります。
適切な治療と即時の医療がなければ、喘息発作は死に至る可能性があります。

 

 

 

 

喘息はどのように診断されますか?
医師は通常、症状をチェックするだけでなく、喘息を診断するためのいくつかの簡単なテストを注文します。
おそらく別の根本的な障害のために医師が必要と判断しない限り、呼吸器専門医に診てもらうことはまずありません。

 

身体検査は、人が喘息を持っているかどうかを確認するための最も一般的な方法です。
あなたの医者はあなたに次の質問をするかもしれません:
・どのような症状がありますか?
・これらの症状はいつ、どのくらいの頻度で発生しますか?
・他に何がそれらを引き起こしている可能性がありますか?
・あなたの近親者の中に喘息を患っている人はいますか?
・あなたはアレルギーがありますか、湿疹やCOPDのような状態がありますか?
喘息を診断する別の方法は、ピークフローテストや肺活量測定などの肺機能テストを実行することです。

 

ピークフローは、肺から空気を吐き出すことができる力を測定します。
スコアが通常の測定値を下回っている場合は、肺が適切に機能していないことを示していることがよくあります。
それはまたあなたが喘息を持っていることを意味することができます。

 

肺活量測定では、吸入できる空気の量と、空気を排出できる力と速度を測定するガジェットに息を吹き込む必要があります。
この検査は、肺がどのように機能しているかの全体像を提供します。

 

その他の喘息検査には以下が含まれます:
・FeNOテスト:呼吸の一酸化窒素レベル(肺の炎症の一般的なマーカー)を測定します。
アレルギーテスト:これらは、喘息がアレルギーによって引き起こされているかどうかを確認するために行われます。
・画像検査:感染症を方程式から取り除くために、CTスキャンまたは胸部X線スキャンを行うように求められる場合があります。
・喀痰好酸球:喘息の症状を増幅する特定の白血球の存在をチェックします。
メタコリンチャレンジ:このテストでは、隠れた喘息または無症候性喘息の兆候をチェックします。
・挑発的なテスト:挑発的なテストにより、医師は、身体活動や低温にさらされる前後に気道の狭窄や閉塞をチェックできます。

 

 

一部の人々が喘息のためにCBDに目を向けているのはなぜですか?
喘息の症状を管理することは、公園を散歩することではありません。
それはあなたがあなたの肺の健康に万能のアプローチを取ることをあなたに要求します。
喘息の発作を防ぎ、症状を和らげるために服用できる特定の処方薬がありますが、それらの多くには、落胆させる可能性のある危険な副作用があります。

 

予防吸入器を定期的に使用すると、喉の痛み、声の悪さ、口腔真菌感染症を引き起こす可能性があります。
ロイコトリエン修飾物質であるジロートンのような物質は、うつ病のリスクを高めたり、幻覚や自殺念慮を引き起こしたりすることがあります。

 

CBDは喘息患者のボトルのことわざの奇跡である可能性がありますか?
喘息症状の代替治療としてのCBDの可能性を対象とした新たな研究があります。
いくつかの研究は、CBDが喘息患者に利益をもたらす可能性があることを実際に示唆しています。

 

医学界の注目は、CBDが喘息の症状を治すのではなく緩和できるかどうかについての好奇心から生じています。

 

 

 

CBDが喘息をどのように助けることができるか
植物全体としての大麻はかなり長い間医学研究者のレーダーに乗っていますが、最近彼らの目にリンゴになったのはCBDです-そして正当な理由があります。
CBDを服用することが喘息の症状にどのように役立つかを次に示します。

 

 

CBDオイルは抗炎症作用があります
肺の炎症は喘息発作の主な原因です。
喘息患者がアレルゲンまたは他の刺激物にさらされると、免疫系は炎症反応を送り出します。

 

炎症を起こした気道は、筋肉のけいれんや粘液の分泌を引き起こす可能性があります。
粘液で満たされた詰まった狭い気道が呼吸を非常に困難にするため、結果は危険です。

 

これはCBDが輝くかもしれないところです。

 

科学者たちは、CBDの抗炎症特性を、C繊維や肥満細胞などの炎症誘発性細胞のレベルを低下させるのに役立つ内在性カンナビノイド受容体CB2との相互作用に起因すると考えています。

 

2019年の研究薬理学のヨーロッパジャーナルに発表されたがCBDの使用が炎症反応を軽減し、アレルギー誘発性喘息(1)の患者の肺機能の回復を促進することができることを見出しました。

 

同様の発見が数年前の2012年の研究(2)で報告され、研究チームはCBDや他のカンナビノイドが呼吸器疾患、炎症性疼痛、虚血性脳卒中の人々を助けることができる強力な抗炎症剤であると結論付けました。

 

 

CBDオイルは鎮痙薬です
喘息発作の際、肺の筋肉が収縮することにより気管支や細気管支に影響を与えるけいれんが起こり、呼吸が困難になり、喘鳴を引き起こします。

 

最近の研究では、CBDが筋肉の痙縮を和らげるのに役立つ可能性があることが示されています。
筋肉のけいれんを軽減することで、気道を開き、喘息の症状を和らげます。
この特性は、てんかんに対するCBDの治療可能性を決定することを目的とした研究でも証明されています。

 

多発性硬化症患者に対するSativex(THCとCBDを50:50の比率で含む経口スプレー)の有効性をテストした2015年の研究(3)で、研究者は筋肉の痙縮と可動性の両方のかなりの改善を報告しました。

 

喘息に対するCBDの有効性を確立するには、より大規模な臨床試験が必要ですが、カンナビノイドは、筋肉のけいれんを経験しているMS患者に潜在的な利点を提供します。
CBDは肺の筋肉をリラックスさせ、結果として喘息患者が簡単に呼吸できるようにするのにも役立つ可能性があります。
それでも、喘息のためにCBDオイルを服用する前に医師に相談することをお勧めします。

 

 

CBDオイルは喘息薬による不安を軽減する可能性があります
不安は、メンタルヘルスと幸福を損なうことにより、生活の質を著しく損なう可能性があります。
従来の吸入器のような喘息治療薬の大部分には覚醒剤が注入されています。
これらの化合物は、効果的な気管支拡張薬ですが、不安を引き起こしたり悪化させたりする可能性があります。

 

CBDは、いくつかの実験モデルにおけるその顕著な抗不安(抗不安)の特性によって認識されているので、あなたが受益できる可能性がありますトンを従来と連動して、それから、不安に防止するための治療エピソード(4)。

 

 

CBDと従来の喘息治療
喘息患者には、個々の状況に応じて、短期間の投薬と長期的な治療の2種類の投薬があります。

 

短期間の投薬には以下が含まれます:
・レスキュー吸入器
・ネブライザー
・抗炎症剤
・コルチコステロイド
レスキュー吸入器とネブライザーは比較的安全ですが、抗炎症薬とコルチコステロイドの定期的な使用は有害な副作用をもたらす可能性があるため、短期的に使用する必要があります。

 

上記の短期的な解決策は、多くの場合、次の長期的な薬のいくつかと組み合わせて服用されます。
・ロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)
・長時間作用性ベータ作動薬
・テオフィリン
・吸入コルチコステロイド
・複合吸入器
・アレルギー治療薬
・注射(重症喘息の場合)
他に何も役に立たないと思われる場合、医師は最後の手段として気管支熱形成術を勧めることがあります。
この特別な手順はまれですが、効果的で比較的安全です。

 

在宅療法は、症状の悪化や再燃を防ぐために、従来の喘息治療と組み合わせて使用​​されることがよくあります。
一般的な家庭薬には、ハーブからのエッセンシャルオイル、カフェイン入り飲料、マスタードオイル(軟膏として)が含まれます。

 

 

CBDは喘息の人にとって安全ですか?
喘息にCBDを使用すると、CBDの抗炎症作用と気管支拡張作用の可能性を考えると、多くの興奮がもたらされます。
初期の研究は、CBDが従来の薬によって誘発される不安、炎症、および筋肉の痙縮を軽減するのに役立つ可能性があることを示唆しています。

 

 

 

喘息のためにCBDをどのように摂取すべきですか?
これは、喘息があるときにCBDを使用する上で最も難しい部分です。
喫煙と蒸気を吸うことは問題外であることをすでに明らかにしましたが、喘息のためにCBDを服用する最良の方法は何ですか?

 

適切な投与量と消費形態の選択には、多くの場合、次のようないくつかの要因が関係します。
・あなたの体重
・あなたの代謝
・あなたが持っている喘息の種類
・CBDの以前の経験
・喘息の症状の強さと頻度
・あなたが服用しているかもしれない他の薬。
繰り返しになりますが、どのCBD製品があなたの状況に適しているかを判断するために医師と協力することが最も重要です。

 

覚えておくべきもう一つのことは、カンナビノイドスペクトルです。CBD製品は、フルスペクトル、広域スペクトル、または分離株のいずれかです。
フルスペクトルCBDは植物全体を使用して作られ、カンナビノイド、テルペン、フラボノイド、脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど、麻に含まれるすべての化合物が含まれています。
これらの化合物は相乗的に作用して、CBDオイルの効能を高めます。
この現象は、側近効果として知られています。
広域スペクトルCBDはほとんど同じですが、最終製品にTHCが含まれていません
分離物は、他の化合物から分離された純粋なCBDです。
分離株はTHCフリーです。
また、無臭で無味なので、より用途が広くなります。ただし、それらは側近効果を促進しません。

 

すべてを考慮して、喘息に使用できる最も人気のあるCBDの形態は次のとおりです

 

 

 

 

CBDオイルドロップ
CBDオイルはCBDの最も一般的な形態です。
正確な投与のためにスポイトが取り付けられたガラス瓶で販売されています。
CBDオイルには、ヘンプシードオイル、MCTオイル、オリーブオイルなどのキャリアオイルに懸濁されたヘンプ抽出物が含まれます。

 

CBDオイルドロップは、幅広い効力オプションといくつかの異なるフレーバーで利用できます。
舌下に数滴垂らし、60秒間保持してから飲み込むことで、舌下に服用するか、食べ物に加えることができます。

 

舌の下の領域は、CBDを血流に急速に吸収する小さな血管でぎっしり詰まっています。
このように取られたとき、CBDは消化器系を通過する必要はありません。最初の影響は通常、摂取後15〜30分以内に起こり、最大6時間続きます。

 

CBDカプセルとピル
CBDは標準的なカプセルの形でも入手可能であり、事前に測定された用量のCBDを一貫して補給するのに役立つ可能性があります。
ただし、CBDカプセルは初回通過効果を経る必要があり、バイオアベイラビリティが低下します。
摂取されたCBDの最大20%だけがあなたの血流に到達します。

 

CBDカプセルの効果を体験するには、通常40〜90分かかります。しかし一方で、それらはCBDオイルのものよりも長持ちします—10時間ですら。

 

 

CBD食用
食用食品は、CBDを消費する方法として最近非常に人気があります。
それらは、グミからクッキー、チョコレート、ミント、トリュフ、さらにはロリポップにまで及びます。

 

CBDの食用食品は、美味しく、目立たず、持ち運び可能で、一般的にCBDオイルよりも安価です。
グミは、各グミに固定用量を提供するため、喘息患者によって一般的に使用されます。
投与量は1個あたり5mgから50mgのCBDの範囲です。

 

カプセルと同様に、食用は消化器系を通過する必要があるため、効果が感じられるまで最大2時間待たなければならない場合があります。

 

発症が遅れるため、食用が最善の消費方法ではないことは言うまでもありませんが、予防のためにCBDルーチンの裁量を重視する場合は、試してみる価値があります

 

 

CBDトピックス
CBD局所は、皮膚に直接適用する製品の総称です。
CBDは、軟膏、クリーム、ジェル、軟膏、香油、ローション、および経皮パッチに含まれています。

 

局所用製品は、関節や筋肉の炎症や痛みなど、局所的な問題を対象とするように設計されています。
それらのいくつかは、CBDを樟脳、ラベンダー、ペパーミント、メントール、またはユーカリ油などの他の治療成分と組み合わせています。

 

あなたはあなたが救済を必要とするところに直接CBD局所薬を使うべきです。
喘息患者は、胸部にクリームや軟膏をこすりつけて気道を開き、呼吸困難を和らげることで、局所投与の恩恵を受けることができます。

 

 

最終的な考え:CBDオイルは喘息の実行可能な選択肢ですか?
喘息は慢性疾患であり、治療せずに放置すると生命を脅かす可能性があります。その明らかな症状には、喘鳴、咳、息切れ、胸部圧迫感などがあります。

 

現在、喘息の治療法はありません。
つまり、症状を軽減し、発作を防ぐことを目的とした治療法です。吸入器、ピル、ステロイド、注射、およびその他の喘息治療薬を使用すると、症状を管理し、通常の生活を送るのが簡単です。

 

しかし、従来の薬には不安神経症からうつ病に至るまでの副作用があり、時には自殺念慮のようなより重篤な症状があります。
ますます多くの喘息患者が、副作用なしに症状に対処するための安全な代替手段としてCBDに目を向けています。それらのいくつかは、CBDと喘息薬を組み合わせることのプラスの効果を見てきました。

 

WHOからの最近の報告によると、CBDは一般的に安全で、忍容性が高く、効果的ですが、喘息患者におけるその有効性に関する研究は行われていません。

 

さらに、CBDには気管支拡張作用があり、筋肉のけいれんを軽減し、肺をリラックスさせるのに役立ちます。フルスペクトルのCBDオイルを服用すると、肺機能が改善され、呼吸が楽になる可能性があります。

 

喘息のためにCBDの服用を開始したい場合は、潜在的な薬物相互作用を避けるために医師に相談することをお勧めします。そこから、個々の状況に最適なCBDの形態を選択できます。
ただし、喘息の症状を悪化させるリスクがあるため、CBDを吸ったり喫煙したりすることはお勧めしません。

 

 

参照元https://www.weednews.co/

 

 


 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
アメリカの医療治験の話です。
CBD単体成分の利用で治療薬として治験の場合、
1回に50mg、100mg利用するとか・・平均すると100~200mg一日で摂取することで治療効果を確認しているそうです。
CBDは人によって効果の差があります いきなり多く摂取すれば便が緩くなる副作用が起きる場合もあります。
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。

 

 

CBDは、体の伝達物質「ホルモン」のバランスを正常に整えます。
 バランスが整える事で臓器が正常に働き、自己治癒能力の正常になり、結果 治癒につながるように思えます。
海外で多くの治療報告がされています 色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDを利用する家庭療法にて治癒報告が多い理由はホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。

 

現在、個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

 

 

ドリームスペルオリジナルCBDオイル500mg(5%)
オーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 
〇〇〇タロットカード 星 正義 カップの2〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 世界 恋人 カップのA 運命の輪 〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 女帝 星 ペンタクルA 太陽 〇〇〇

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて


 

 

・私が思うに体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 細胞単位の痛みを感じられない小さな痛みがストレスとして感じられている気がします。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD大麻 
 #CBD在庫 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBD喘息 
 #CBDコロナウイルス 
 #医療大麻 
 #CBD炎症
 #CBD痛み 
 #CBD抗生物質  
 #CBD肺炎 
 #大麻エキス  
 #CBD 
 #抗生物質 
 #CBDコロナウィル治療 
 #CBDコロナウィル治療薬 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »