fbpx

アメリカ不正選挙訴訟書類を最高裁判所に提出 PDF訳文⑦

Pocket

アメリカ不正選挙訴訟書類を最高裁判所に提出 PDF訳文⑦

 

 


すべての不在者投票に対する申立人の「一般的な『包括的』異議申し立て」を否定しました。
選挙管理委員会が法定の指示から逸脱したことを根拠に” I d.
同様に、私たちはまた、投票依頼の取り決めが、議論の余地なく
観察者が最適と考えるものを
法令の中で、特に、以下のような場合には、安全性を促進するために手順を変更する必要があります。
COVID-19パンデミックの影響である。そのため、私たちは、私たちの命令で「私たちは以下のことを阻止しないだろう」と述べた。
処分を可能にするための取り決めの実施を検討することから、取締役会は、以下のことを行うことができます。
可能であれば、アンケート調査テーブルの側面に沿って観察のための通路を追加する。
COVID-19および投票プライバシー要件の下での空間的距離の対象となる” In re.
Canvassing Observation, Order of November 3, 2020.
さらに、In’re In re Recanvassing of the First Election Dist.
Jefferson Twp., 12 Pa. D. & C-4th 536 (Pa. Com. Pl. 1991)では、裁判所は、”
選挙法は、不在者投票の投票を行うことだけを話し、単一の投票ではない」とし
“法の意図は、有権者の秘密と匿名性を維持し、保証することである。”
I d. at 538. 実際、もし証人のような監視者が投票所での投票を観察することが許可されていたとしたら
単一の投票用紙に記載された名前と住所を見るために十分に近い投票用紙を使用していた場合、彼らは
選挙権を得るためだけの法律の趣旨を逸脱している。
大々的に書かれた投票用紙の ウォッチャーはまた、秘密と匿名性を脅かすだろう。
法の目的を直接的に挫折させて有権者の ウォッチャーが意図している場合
投票を無効にする意図で投票を観察していることを強調しなければなりません。
“手続きに反する行為で有権者の権利を剥奪したりしない
“郡の共和党委員会” In re In re Canvass of Absentee Ballots ofGen.
Election, 39 Pa. D. & C.2d 429, 433 (Pa. Com. Pl. 1965)

 

 


投票用紙は、”いくつかのマイナーなため “無効にされていないので、”投票の投票を集める
投票用紙の投票集計における不規則性または矛盾」。538, 539。
全体として、ウォッチャーの目的は個々の投票用紙を監査することではない。
“有意義な観察 “や “有意義なアクセス “は法的に認められた理由ではなく
ウォッチャーは十分に近づいてそうしています 実際、「意味のある」という言葉は
の類似事例でも同様の結論が得られていることに注目したい。の類似の事例で同様の結論に達していることに注意してください。
ネバダ州 このケースでは、裁判所は、同法が規定していることを説明している。
郡は、一般の人がカウントを見ることができるようにしなければならない。
投票 “ではなく、”修飾語の “意味のある “を使用していません。Kraus v. Cegavske, First
Judicial Dist. Of Nevada, Case No. 20 OC 00142 1B, Dept. 2, October 29, 2020, at p. 10.
同裁判所はまた、「申立人は、すべての
の有効性を検証できるように、投票の集計プロセスに関わる情報を提供しています。
投票の第二層の投票カウンターおよび/または同時監査人を実質的に作成します。
選挙労働者の投票数を集計している」とし、「法令はオブザーバーではなく、オブザーバーを作成した」と付け加えている。
カウンタ、バリデータ、または監査人」。10-11.

 


IV. 結論
控訴人の証人であるジェリー・マーサーは、次のように正確で豊富な証言をしています。
開票・選別を観察する能力があること 観察者が
投票用紙の観察のみを指示され、投票用紙の監査は指示されていないことから、我々は、証人の
選挙管理委員会が観測要件を遵守していることを証言
控訴人は 求める救済を受ける権利がないとのことです
法廷により

 


付録 I

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Ul ~ I lOC I OF I’E.I’I\S, YJ.V. ,
IN TilE COURT OF CO~l \10~ I’U AS FC>R t-JIILAIH.LI’III,I. ‘I \” I. NoCmlll.r 3.]},]:{f a~d :._t?
‘Y t:I!:9 o~~ice n_ ~u~ic~ed ~&cords
I.F: CTION M,,,, T\l -:,~ ‘-~0 T ~-t_;~ ? ‘-:””.; 2’m
‘~'{JF:.,,,._~o~。
Can ‘f Hin~ Ohsefl’ution _.-…,:.–:. … “‘· ~
~0. i 003
オイワー
And now, this 3rd d~t} orNovcmbcr, 2020. in cnnnc…tton ith the tnaucrof’: petition b) Donald J_ Trump.
for President Inc. 10 投票用紙のスキャンの様子をより近くで見ることができます。
– 口頭陳情及び弁論及びその回答があった場合には、その回答があった場合には

D
n IS IIEIO:BY OIWEIUJ)とDECRU O thilt.
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
‘I’s Pctitiom:t’s 11nc~s provided copious tc:.timon) a~ to In!” abilit) to obscn e the opening and -;orting of ballots lib
懸念~、投票用紙に書かれていることを観察することができなかったことが原因である。Ul’l’n that obscn-o:rs arc
私たちは、このように結論づけています。
P.S. 3146.S. We. h(II)c. cr.
観察イオンのためのアド・ジットナル・コリドーを可能にするための.trrangcment~の実施を検討することを理事会から外します。
実現可能な場合には、CUllのテーブルに沿って、またはCUllのAS!>IIlgのテーブルに沿って、~pntial distancillに従う。
RCQ111REMS
UY Til E COUIH.
P:tj….C I of_l _.
アイムイオリアントノティックE
仝それは、このようなことではありませんが、このようなことではありませんでした。
C:(I IIIJI~I ‘ with the term:- rif tlli.1- order muy.
re.wlt i11 C:llllfempt flrtl<‘t:c-din~s tmtl the impositilllllcifc:rimillal or ti1-i/ pe11altie:… Any illtcrc-.11t’d par~r xlwuld CtJII11/t
rm u/lllrtlt!J’, or rulex of court. for mltlitionul information n-;;:artli11;: !he imp11ct tif tlli~ order and 110111 to reqllt:1.
救済
…. OJB_Ci ilctcourts.phila.g_l”

オーライス・アンド・イットリック・ビル 100 S.l3ロードストリート Second rll10r.l’hil:tddphin. Pi) 1:0111plcting.a Rc<1ucst fbr Transcript
f!1r111. Sec ~’S£O_t!h phi In_. go’ /dcnartmcnt:4<;rulf!reportcr:;.
I he foliO Partu:~ Parttcipated in connection with the nlmn: matter.

 


付録J

ペンシルバニア最高裁判所
2020年10月14日決定
第149号 MM 2020年
レポーター
2020 Pa. LEXIS 5327 *; 2020 WL 6110774 LEXIS 5327 *; 2020 WL 6110774
2020年11月3日の一般選挙について
キャシー・ブックバー事務局長の請願
ペンシルバニア連邦
その後の経緯 訴状は11月3日のIn reによって付与されました。
2020年 Gen. Election, 2020 Pa. LEXIS 5560, 2020 WL 6252803
(2020年10月23日、Pa.)
過去の歴史。ドナルド・J・トランプ大統領対ボックバー
2020 U.S. Dist. LEXIS 147232 (W.D. Pa., August 13, 2020)
裁判官 Dougherty 裁判官は、共同声明を提出します。
ベアー判事は反対意見を提出。セイラー裁判長
とMundy判事は反対している。
意見書
ご注文
パー・クリエイム
2020年10月14日のこの日、本申請は
King’s Benchの救済は、以下に限定してGRANTEDされる。
の問題。
選挙法が郡を認可しているかどうか、または郡を要求しているかどうか
否決投票制度
署名をもとにした事前調査・調査中に
シグネチャー分析
差異があるかどうか?
裁判所は、この問題を現在の提出物に基づいて決定します。
ただし、補足的な申請書の提出は認められています。
2020年10月16日(金)午後5時までに、それ以外の提出物はありません。
その後も認められています。
さらに、以下の事業体が提出した介入の申し立ては
はGRANTED: Donald J. Trump for President, Inc.
ペンシルバニア共和党、共和党ナショナル
委員会、全米共和党議会
委員会。以下の者が提出した介入の申し立ては
個人はDENIED:エリザベス・ラドクリフ、資格を持つ
選挙人 ブライアン・カトラー ペンシルバニア下院議長
ケリー・ベニングホフ下院議長
ペンシルバニア下院、[*2] ジョセフ・B・スカルナティ三世、ペンシルバニア上院議長プロテポア、および
スカルナティ三世、ペンシルバニア上院臨時議長、および
ジェイク・コーマン、上院院内総務。パヤオ州のR.R.C.P. 2329(2)を参照してください。
しかし、介入者の地位を否定された個人は
簡裁許可
531の規定に準拠しています。
によって提出されたアミカス準備書面の提出許可の申し立ては
ブレナン・センター・フォー・ジャスティスはGRANTEDです。
当事者以外の者が裁判所の期限までに提出した提出物、または
non-intervenorは、アミカス準備書面として受理されます。
Dougherty判事は共同声明を提出する
ベアー判事が反対意見を提出。
セイラー主席判事とマンディ判事は反対意見を述べる。
同意する。DOUGHERTY

 


コンサーティングステートメント
ダガーティー裁判長
王様のベンチでの運動は不本意ながら同意します
このユニークで時間的制約のある事件では、司法権の行使が正当化されます。
相当な重要性を持つ。例えば、ダニー・デヴィートの友人を参照してください。
v Wolf, 227 A.3d 872, 884 (Pa. 2020) (レビューを認める)
時宜を得た公共の重要事項
弊害回避のための最終手段としての裁判所による
通常の法の手続きに付随する遅延から」)。) 私の
躊躇は、主にベアー判事の懸念を追跡しています。
私たちの前に明確な事例や論争がないことは議論の余地がある。以下を参照。
反対意見陳述書1(Baer, J. しかし、私は謹んで
然るべきは形を選ばないことだと思う
の実質的なものであり、私は最終的にはベール判事の
本法上の問題が解決されたとの評価
Donald J. Trump for President, Inc. v. Boockvar, No. 2:20-cv966, 2020 U.S. Dist. LEXIS 188390 (W.D. Pa. October filed.
10, 2020).
Ranjan判事は、我々の選挙法には、以下のようなものはないと述べています。
欠席者と欠席者の署名比較を義務付ける
郵送による投票と申請、そしてボックバー長官の
ペンシルバニア州の全郡の選挙管理委員会に対して、この件についての指示書
正確な問題は、そのような主張と一致している。
95-106、Boockvar長官は、「地方裁判所の
判決は、時宜を得て説得力があるとはいえ、権威あるものではない。を参照してください。
訴人の提出後の通信(10月付
11, 2020, 2で、いずれにしても、地裁判決は確かに
上訴の対象となる。ボックバー長官はこのようにして
本法廷からの「州法の権威ある判決であり、州法に拘束力がある
すべての州の選挙管理者と裁判所」。と述べています。したがって
けど、その正確な方法には不賛成だとは思うけど
このケースが我々の審査のために提示されたとき、私は次のように説得されました。
この裁判所は、「この裁判所だけが、このような判決を下すことができる」とする長官の主張は、「この裁判所は、このような判決を下すことができる」としている。
ペンシルバニア州法に関する最終的な決定」としている。と述べています。
私は、本法廷の行使を求める当事者は、本法廷の
並々ならぬ国王裁判権の下での司法権
明確な事例や論争を提示し、それ以上のものを求めなければなりません。
純粋にアドバイス的な意見です。これらの条件が満たされていると信じています
ここでは、私は、裁判所の申請を認める決定に参加します。
重要かつ未解決の法的問題の是非を検討する。
提示された質問。
異議あり BAER

 


不在者投票と郵送投票の署名比較 ドナルド
J. Trump for President, Inc.上、95-106でのスリップオペ. すべての
その際に郡選挙管理委員会が参加しており
連邦裁判所は、ボードが
長官の指導に従う義務があるとした裁判所の
判決は、選挙法は正当化されていないと判断した。
不在署名と郵送署名の比較
投票用紙を使用していた。同氏は、「不確実性があった範囲では
の現状を郡に知らせるものである。
署名の比較に関連する法律。どの郡でも、まだ
のために署名比較の要件を課しています。
からのサポートなしで、投票を許可しないようにする[*7]ことができます。
長官のガイダンスまたは選挙法」)。)
私の見解では、長官が裁判所に
最初は、彼女が私たちに尋ねてくる質問についてのケースで。
アドレスと連邦裁判所が論争を解決したこと。
彼女に有利なコードの解釈を巡って、私は何の根拠もないと思います。
本法廷は、長官の再審請求をさらに受理するために、本法廷の承認を必要としています。
よって、私はキングスベンチの申請を却下します。
をレビューします。

 

 


付録K

いずれかの国が選挙人を選ぶ目的で選挙を行い、かつ
法律で定められた日に選択をしなかった場合、選挙人は
翌々日、その国の立法府が指示する方法で。

 

選挙人の任命のために定められた日より前に制定された法律によって、いずれかの州が定めた場合には
代理人の任命に関する論争または論争の最終的な決定のためのものである。
司法その他の方法又は手続により、当該国の選挙人が決定したものでなければならない。
選挙人の会合に定められた時間の少なくとも6日前に決定されたものであること。
その日に存在するそのような法律に基づいて、前記の会議の時の前に少なくとも6日前に作成された。
選挙人の投票は、選挙人の投票を決定するものとし、選挙人の投票の集計は、次のように規定されているものとする。
憲法で定めるところにより選任された選挙人の確認ができる限りにおいて、以下のとおりとする。
州が関係している

 


§ 15. 議会での選挙人投票の数え方
議会は、すべての会議の後の1月6日に開会する。
選挙人を招集する。上院及び下院は、下院の議場に集う。
その日の午後1時の時点での代表者と
元老院は、その議長を務めるものとする。の一部にあらかじめ二人のテラーを任命しなければならない。
上院と下院の二人の議員が、それぞれの議員に手渡される。
上院議長によって開封された全ての証明書と書類は
選挙人投票の証明書は、証明書と論文が開かれ、提示されなければならない。
と述べ、Aの文字で始まる州のアルファベット順に行動した。
識者は、両議院の立会と聴衆の前でこれを読んだ後、次のように述べなければならない。
決議された票は、当該証明書に記載されているとおりであることを確認した上で、その票を記載してください。
このサブチャプターに規定されている規則に従って確認され、カウントされた結果が
これを上院議長に届け、上院議長は、その状態を発表するものとする。
の場合には、その発表をもって、その者の十分な宣言とみなすことができる。
米国の大統領および副大統領に選出された者がいれば、そのリストと一緒に
投票は、両議院の日誌に記載される。このような証明書が読み上げられると
又は紙面の場合には、上院議長は、異議があるときは、異議を求めなければならない。すべての異議は、次のとおりとする。
書面で作成されたもので、その根拠を明確かつ簡潔に、論拠なしに述べなければならない。
の少なくとも1人の上院議員および下院議員が署名しなければならない。
同じ前に代表者を受けなければならない。投票または投票に対するすべての反対があったときは
上院は、国からの論文が受理され、読まれた後、撤回しなければならない。
を、その決定のために上院に提出しなければならない。
衆議院は、同様にして、その異議を衆議院に提出しなければならない。
その決定のための代表者、およびその決定のための州からの選挙人の投票または投票を行わない。
任命が合法的に証明された選挙人によって定期的に与えられていること。
本タイトル[3 USCS § 6]のセクション6に従って、1つのリターンしか受け取っていないものから
は、否決されなければならないが、両議院が同時に投票又は投票を行う場合には、否決することができる。
選任された選挙人が定期的に行っていないことに同意します。
が認証されていること。州からの申告書または申告書であると称する紙が2つ以上ある場合
上院議長が受領した投票は、その投票のみとする。
によって示される選挙人によって定期的に与えられたものでなければならない。
任命されていると本タイトルの第5節[3 USCS § 5]に記載されている決定は、もし
同項に規定する裁決がなされたとき、又はその承継人若しくは承継人が
選挙人会の欠員が判明した場合の補欠
国の法律の定める方法により、その欠員を補充するために任命された。
何を決定するかを決定するそのような国家当局のうちの2つ以上のうちのいずれのものかという問題が生じなければならない。

 

 


選挙人が任命されていることは、本タイトルの第5節[3 USCS § 5]に記載されているとおりである。
そのような国の法廷の選挙人の定期的な投票と、その選挙人のみの投票
選挙人としての称号は、両議院が別個に行動して、その選挙人としての称号を有する者を数えなければならない。
並行して決定することが、その法律によって認められた当該国の決定によって支持されるものであること。
この場合において、国からの申告書又は申告書と称する紙が二以上あるとき。
前述の国においてそのような決定がなされていない場合には、これらの投票は
選挙の結果、両議院が同時に決定したもののみを数えなければならない。
両議院の場合を除き、国の法律に基づいて選任された適法な選挙人
の適法な議決権ではないと判断した議決権は、別個に行動している場合には、同時に
任命された選挙人である。ただし、両議院の間で意見の相違があった場合には
その場合には、その選任された選挙人の投票を集計し、その場合には、その選任された選
国の執行機関がその印鑑の下に証明したものを数えなければならない。
両議院は、投票をしたときは、直ちに再び会合を開き、議長
役員は、その後、提出された質問の決定を発表する。からの投票や論文は行わない。
他の国は、投票または書類に対する事前の異議申し立てが行われるまでは、これに対処しなければならない。
如何なる国からも最終的に処分されたものとする。

§ 1257. 州裁判所
(a) その国の最高裁判所が下した最終判決又は判決
判決があった場合には、最高裁は、最高裁の判例書により再審することができる。
米国の条約または法令の有効性が疑問視されている場合、または
国法の有効性が問われている。
合衆国の憲法、条約、法律、またはいかなる権原、権利にも適用されません。
憲法や条約に基づいて特別に定められた特権や免除がある場合
または米国の法令、または米国の下で開催された委員会、または権限を行使した委員会がある場合には、その委員会は、その委員会に所属していない。
(b) 本節の目的上、「州の最高裁判所」とは、以下のものを含む。
コロンビア特別区控訴裁判所

 


§ 第14条 不在者投票
(a) 立法府は、一般法により、投票の方法と時間を定める。
選挙の発生の際に、選挙人の資格を有する者であって、選挙が行われた場合には、その選挙人は、その場所において
居住地の市区町村を不在にしている場合。
業務上、他の場所にいる必要がある場合や、選挙の発生時には
欠席者
欠席者
または選挙の日の職務のために投票できない者、郡職員の場合は
選挙区内での投票権の返還と投票権の行使のために
がそれぞれ居住している。
(b) 本項において、「市町村」とは、市、区、社団法人を意味する。
町、郡、またはこれに類する一般目的の政府単位で、以下のようなものがあります。
総会で作成された

 

刑法第25条第2650条
§ 2650. 郡の理事会の会議での監視人または弁護士;候補者は
げんざい
(a) 現在、または将来そうなる可能性のある政党、政治団体または市民の団体。
登録、小選挙区、選挙で監視員を持つ権利を持つ者は、以下の権利を持つものとする。
郡の選挙人の資格を有する監視人またはその代表者である弁護士を任命する。
郡内会派
選挙管理委員会、および第一次または第二次選挙の投票結果の計算と投票依頼において
選挙と投票用紙の再集計、または投票機の再配達は、以下の規定に基づいて行われます。
この行為を行うことができます。このようなウォッチャーまたは弁護士は、以下の場所でウォッチャーと同じ権利を行使することができます。
登録や投票所の数が多いですが、一度に出席することができる人の数は
郡役所が各政党、政治団体、または各政党が3つを超えてはならない。
市民の体を構成する。
(b) すべての候補者は、本人が出席するか、または弁護士が正式に出席する権利を有する。
郡委員会での手続きに参加することを許可されています。
彼の立候補に影響を与える可能性のある事項は、計算や
還暦投票
(c) 立候補に影響を与える投票機に立ち会った候補者、弁護士またはウォッチャー
(c) 投票用紙の再集計または再投票に立ち会った候補者、弁護士またはウォッチャーは、次のことを行うことができる。
投票機は、投票用紙を検査する権利を有するものとし、または投票機と
これについて異議があるときは、郡の理事会がこれを決定する。
この法律に規定された方法で、不服申立ての対象となります。

 


§ 3146.1. 有資格不在者選挙人
次の者は、いずれの場合も不在者投票により投票することができる。
以下に規定する方法で、この連邦で行われる小選挙区又は選挙。
(a) 合衆国の軍務に就いているか、または就いている可能性のある資格のある選挙人。
投票時に選挙区内にいるかどうかにかかわらず、州
彼の居住地がこの連邦内であるかどうか、また、この連邦内であるかどうかにかかわらず、また、この連邦内であるかどうかにかかわらず。
登録されているか、または登録されている。
(b) 同居または同居の配偶者または被扶養者である資格のある選挙人。
の時点で、米国の兵役に就いている人に同行している場合。
投票する場合には、その配偶者または被扶養者が居住地の市区町村を留守にしている場合に限ります。
ただし、当該選挙人は、以下の条件に基づいて登録または登録されているものとする。
法の規定により、または現在または将来の永久登録法の規定により、その権利を有する者
以下、総会で定めるところにより、事前または事後の不在者登録に
投票日と同時に、または
(c) 商人に仕えている、または仕えている可能性のある有資格選挙人
投票の際に、彼が市町村を欠席している場合は、米国の海兵隊員
の居住地であること。ただし、当該選挙人が登録されていること、または
法律に基づいて登録されているか、または恒久的な法律の規定に基づいて、権利を有する。
総会で制定された登録法を欠席者に
投票日前または投票日と同時に登録する。
(d) 同居または同居の配偶者または被扶養者である資格を有する選挙人。
奉公人同行
投票時に配偶者または被扶養者が不在の場合は、その配偶者または被扶養者は、その配偶者または被扶養者が、その配偶者または被扶養者が
居住地の市区町村 ただし、当該選挙人が
法律に基づいて登録されているか、または登録されているか、または法律の規定に基づいて権利を有する者
総会において現在又は以後に制定された永久登録法
投票日前または投票日と同時に不在者登録を行う場合。
(e) 宗教団体又は福祉団体に所属しているか、又は所属する可能性のある有資格選挙人
就役中の方
居住地の市区町村を留守にしていること。ただし、当該
選挙人が法律に基づいて登録されているか、または登録されているか、またはその権利を有しています。
永久登録法の規定
総会に先立って、または時を同じくして不在者登録を行う。
投票

 


(f) 同居または同居の配偶者または被扶養者である資格を有する選挙人は、次のいずれかに該当する。
付添い
投票時に配偶者または被扶養者が軍隊に従軍している場合。
居住地の市区町村を留守にしていること。ただし、当該
選挙人が法律に基づいて登録されているか、または登録されているか、またはその権利を有しています。
永久登録法の規定
総会に先立って、または時を同じくして不在者登録を行う。
投票
(g) 資格を有する選挙人であって、選挙人の領域外にいることを期待している者、または
米国とコロンビア特別区のいくつかの州では、彼の義務のために
罷免されないといけない
は、小選挙区または選挙の当日に投票に応じて開票されているか、または誰が
領土外公務員
アメリカ合衆国およびコロンビア特別区の州は、そのような選挙人の有無にかかわらず
が公務員法や昭和24年の階級法の適用を受けているかどうか、また
投票時に欠席した場合には、議会で充当された資金から支払われる。
居住地の市区町村から ただし、当該選挙人が
法律に基づいて登録されているか、または登録されているか、または法律の規定に基づいて権利を有する者
総会において現在又は以後に制定された永久登録法
投票日前または投票日と同時に不在者登録を行う場合。
(h) 同居または同居の配偶者または被扶養者である資格を有する選挙人は、次のいずれかに該当する。
想定される者に同行し、または領地外の者に同行すること
米国とコロンビア特別区のいくつかの州では、彼の義務のために
罷免されないといけない
が小選挙区または選挙当日の投票のために開かれているか、または配偶者または
の文民職員である者と同居または同行している被扶養者
合衆国数州の領土外合衆国
およびコロンビア特別区では、そのような人が公務員の対象であるかどうかに関わらず
法律と昭和24年の分類法と資金の出納の有無
投票の時点で、その配偶者または扶養家族が、以下の場合には、議会によって充当される。
居住地の市区町村を留守にしていること。ただし、当該
選挙人が法律に基づいて登録されているか、または登録されているか、またはその権利を有しています。
永久登録法の規定
総会に先立って、または時を同じくして不在者登録を行う。
投票
一 資格を有する退役軍人選挙人であって、病気のために寝たきり又は入院しているもの
又は身体障害者が居住地の市区町村を不在にしている場合であって、その者がその市区町村を離れることができない場合
病気や身体障害のために、投票所に出られない場合もありますが、そのような場合でも、投票所に出られます。
登録・在籍しているかどうか。
(j) 資格のある登録選挙人であって、次のいずれかに該当すると見込まれる者、または欠席している者。
任務、職業、事業のため、居住地の市区町村が必要な場合

 


留守番させる
小選挙区または選挙の
(k) 病気または身体的な理由により、資格を有する登録選挙人であって、登録されている者
障がい者は、投票所に出られない、または投票機を操作できないなどの障害があります。
この法律の第1218条で要求されているように、明確で聞き取りやすい陳述による援助が必要である。
(l) 有資格の登録選挙人であって、配偶者または被扶養者である者。
この連邦に雇用されている者に同行していること。
連邦政府勤務
米国およびコロンビア特別区の義務、職業、または
その者の職業のために、その者の居住する市区町村を欠席しなければならない場合には、その者の市区町村を欠席しなければならない。
居住地。
(m) 県の雇用者である選挙人であって、職務上の理由により選挙権を行使することができないもの。
選挙の実施に関する選挙日。
(n) 資格を有する選挙人であっても、以下の理由で投票所に出席しない者。
宗教上の祭日を遵守している場合には、この限りでない。
ただし、「適格不在者選挙人」とは、いかなる場合においても、「不在者選挙人」としてはならない。
禁固刑者
また、以下のような資格を有しない者を含むと解釈されることはないものとします。
の第102条(t)に規定された定義に基づく適格選挙人であること。
本法

 


§ 3146.2. 公式不在者投票の申請
(a) 前第1301条第(a)項から第(h)項までに定義された資格を有する選挙人は、いつでも申請することができる。
連邦政府が提供した用紙を使用して、公式の不在者投票のために直接、選挙の前に、小選挙区または選挙の前に
政府、または連邦の長官に宛てた公式の郡委員会の選挙用紙に記載されている。
(b) ペンシルベニア州、または投票先の郡の郡選挙管理委員会の申請書には、次の情報を記載しなければならない。
(b) 第(a)項に基づく適格選挙人の申請書には、以下の情報を記載しなければならない。本籍地
実際の兵役または連邦政府の雇用に入った時の居住地、市民権を得ている期間、市民権を得ている期間
ペンシルバニア州の居住地、生年月日、投票区の居住期間、投票区がわかっている場合は投票区、政党
一次選挙の場合は、氏名、および軍人選挙人の場合は、自国の軍人の住所、FPOまたはAPO番号、および
通し番号を記載しなければならない。軍人選挙人以外の選挙人は、さらにその雇用の性質を明記しなければならない。
議決権行使書の送付先住所、必要に応じて関係者との関係、その他必要と判断される事項
および連邦の長官が定めるものとする。の長官がそのような申請書を受理したとき。
(b.1)連邦は、適切な郡の選挙管理委員会に転送しなければならない。
(b.1)第(a)項以外の適格選挙人の申請書には、次の情報を記載しなければならない。
生年月日、投票区の居住期間、投票区がわかっている場合は投票区、小選挙区の場合は政党選択、小選挙区の場合は政党選択、小選挙区の場合は政党選択、小選挙区の場合は政党選択
名を明記しなければならない。選挙人は、これに加えて、雇用の性質、投票用紙の送付先の住所を明記しなければならない。
送付された情報、必要な関係性、その他の情報であって、長官の定めるところによる。
連邦。申請書がコモンウェルスの長官に受理された場合は、以下に転送されるものとする。
適正な郡の選挙管理委員会に届け出なければならない。
(c) 資格のある不在者軍人または海外の選挙人。
投票法(公法99-410, 100 Stat. 924)に基づき、不在者投票の申請書を電子的に提出することができる。
送信方式を採用しています。公式不在者投票においては、電子送信方式を認めないものとする。として
本款で使用する「電子送信方式」とは、文書を送信することができる技術を意味します。
ファクシミリ方式を含むがこれらに限定されない、電子的または電気機械的手段を介した文書の画像 また、電子的または電気機械的手段を用いて文書の画像を取得することができる。
25 Pa.C.C.S. Ch. 35(軍人および海外の有権者に関する)の下で認可された方法で公式不在者投票の申請書を提出する権利を有する選挙人は
35(制服軍人および海外の有権者に関する)の下で認可された方法を用いて申請を行うことができる。
本条で認められている方法に加えて、Pa.C.S. Ch. 35.
(d) 前述の第1301条第(a)項から第(h)項に定義されている資格のある選挙人の申請は、以下の通りである。
小選挙区または選挙における公式不在者投票用紙には、申請者が署名しなければならない。
第1301条(a)項の規定により、申請者の直系家族の成人が選挙人に代わって申請書に署名することができる。
(e) 資格のある寝たきりの退役軍人または入院している退役軍人が、居住地の市区町村を不在にしていて
は、そのような病気や身体障害のために、登録・在籍の有無にかかわらず、投票所に行くことができます。
郡の公式選挙委員会の公式不在者投票のための小選挙区または選挙の前にいつでも申請してください。
ペンシルバニア州の長官または郡の郡の選挙委員会宛のフォーム
願書には、以下の情報を記載しなければなりません。
申請書には、次の事項が記載されていること。寝たきりや入院になった時の居住地。
市民としての時間の長さ、ペンシルバニア州での居住の長さ、生年月日、投票区での居住者としての時間の長さ。
投票区がわかっている場合は、投票区、第一次選挙の場合の政党選択、現在の居住地または病院の名前と住所
入院している。そのような申請書がコモンウェルスの長官に受理されたときは、それは、以下に転送されなければならない。
適正な郡選挙管理委員会。
小選挙区または選挙の公式不在者投票の申請は、提供された情報に基づいて行われるものとする。
前条に定める寝たきりの退役軍人または入院した退役軍人の署名。資格のある登録
選挙人(第1301条第(l)項で言及された配偶者または扶養家族を含む)で、欠席する見込みであるか、または欠席している選挙人
任務、職業または事業のために他の場所にいる必要があるため、その居住地の市区町村から
*** 無料版のDeepL翻訳(www.DeepL.com/Translator)で翻訳しました。 ***

 

 


の日、および当日投票所に出席できない有資格の登録選挙人
病気や身体的障害を理由とする小選挙区や選挙の参加者と、寝たきりの資格を持つ登録者、または
居住地の郡内で入院している退役軍人、または郡の雇用者の場合で、職務上の理由で選挙権を行使することができな
選挙日
宗教上の休日のために、彼の郡の郡の選挙委員会に申請することができます。
議決権行使場所が住所地にある場合は、不在者投票用紙を請求することができます。その申請は、正式な申請書に基づいて行うものとする。
郡選挙管理委員会から支給された用紙を使用しなければならない。このような正式な申請書は、次のように決定され、規定されているものとする。
ペンシルバニア州の長官に申請しなければならない。
(1) 第(l)項で言及された配偶者または被扶養者を含む、資格のある登録選挙人の申請は、以下の通りである。
第1301条の規定により、その職務のために居住地の市区町村を離れることが見込まれ、又はその市区町村を欠席することとなった場合。
職業や仕事の都合上、小選挙区や選挙の日に他の場所にいなければならない場合、または
選挙当日に選挙の実施に係る業務のために投票できない郡の雇用者
宗教上の祝祭日を理由に投票所に出席しない場合は
申請者が署名したもので、申請者の姓名または氏名、証明書を含むものとする。
身分証明書、彼の職業、生年月日、投票区の居住者の時間の長さ、知られている場合は投票区。
居住地、投票用紙の郵送先郵便局の住所、欠席の理由等
郡選挙管理委員会に、公式不在者投票を受ける申請者の権利を明らかにするための情報を提供しなければならない。
(2) 投票日に投票所に行くことができない有資格の登録選挙人の申請は、投票日に投票所に行くことができない場合は、投票所に行くことができない。
病気や身体的障害を理由とした小選挙区または選挙、および資格のある登録者の申請。
居住地の郡内で寝たきりまたは入院している退役軍人は、申請者が署名し、以下を含むものとします。
申請者の姓と名または名前、身分証明書、職業、生年月日、居住地
寝たきりや入院になった時、投票区に住んでいた期間、投票区の場合は投票区
判明している情報、居住地、投票用紙が郵送される郵便局の住所、その他必要な情報
郡選挙管理委員会は、申請者の公式投票を受ける権利を明確にする必要があります。さらに、申請者の
選挙人は、障害または疾病の性質を記載した申告書を添付しなければならない。
主治医の住所と電話番号を記入してください。ただし、以下のいずれかに該当する場合には
この款の規定により不在者投票権を有する選挙人が、病気や病気のために申請書に署名することができないとき。
身体的障害がある場合は、1名の立会人による陳述書の提出により署名を免除されるものとする。
実質的に以下のような形で成人の方 私はここに、私の申請書に署名することができないことを表明します。
病気や身体の障害により書けないため、補助なしで不在者投票を行います。I
私の署名の代わりに私の印鑑を作成した、または作成するための援助を受けたことがある場合。
…………………………………………………….. ………………………….(マーク)
(日付)
…………………………………………………….. ……………………………………………………..
立会人の住所) (立会人の署名) (立会人の住所) (立会人の署名

 

(e.1)病気や身体障害のために投票所に行くことができない有資格の登録選挙人
小選挙区または選挙の日に、または投票機を操作して、彼ができないことをはっきりと声に出して述べてください。
この法律の第1218条で要求されているようにするには、いつでも主治医の証明書を要求することができます。
彼は永久的に身体的に障害があり、投票に参加したり、投票機を操作したり、投票を行うことができないこと。
第1218条で要求されている明確で可聴なステートメントを添付し、ここに配置する必要がある前に、ここで必要とされているアプリケーションに必要とされる。
不在者投票用紙リストに記載されている方は、必ず不在者投票用紙を郵送してください。不在者投票申請書は、このような人全員に郵送されるものとする。
受け取る資格がない場合は、毎年2月の第1月曜日までに、または
のいずれか遅い方の請求があった場合であっても、他の方法で求められているように投票に行かなかったことによって議決権を失わない限りにおいては、その請求に応じることができます。
この法律では、このような人は、申請ごとに障害者手帳を提出する必要はありません。そのような人は、必要とされるように、各申請書に障害者の医師の診断書を提出する必要はありません。
この節の第(e)項に記載されている。そのような者が障害を失った場合、その者は郡委員会にその旨を報告しなければならない。
選挙人は、自分の居住地の郡の選挙人でなければならない。本項に基づき選挙人に郵送された不在者投票申請書であって
記入し、選挙人から適時に返送されたものは、すべての初等、一般、特別の申請書として使用されます。
その暦年の残りの期間に行われる選挙と、第3回までに行われるすべての特別選挙のために
翌年2月の月曜日 永続的に障害がある場合の適格登録選挙人の異動は
ある郡から別の郡への不在者投票リストは、資格のある者の要請があった場合にのみ許可されるものとする。
登録選挙人。

 


刑法第25条第3146条第2項
(e.2)この法律の他の規定にかかわらず、選挙人としての資格を有する者であって、選挙人としての資格を有する者であっても、選挙人としての資格を有する者であっても、選挙人としての資格を有する者であっても
の日に職務、職業、業務上他の場所にいる必要があるため、その居住地の市区町村
選挙の実施に関する選挙日の職務のために投票することができない郡の雇用者、または
欠席者は申請可能
郵送による不在者投票を希望する場合は、投票先の郡の選挙管理委員会に書簡を送付することで、不在者投票を請求することができます。
の住居があること。書面には、申請者が署名し、氏名、居住地、証明書を記載しなければなりません。
を識別することができる。
(f) 各政党の郡議長又は各政党の長は、代表者を一人指名するものとする。
各公共機関のために、それぞれの政党または団体から代表者を任命しなければならない。任命された代表者は
選挙の郡委員会によって固定された日に同時に、郡内にあるすべての公共機関を訪問して、そのために郡の
公的機関の申請を受けようとする公的機関の住民の氏名及び住所を取得するため
不在者投票を行い、本項第(g)項に規定された選挙管理委員会として機能する。名前のリストと
このようにして得られた住所は、代表者が申請書を提出する理事会に提出しなければならない。
依頼書に記載された者に個別に依頼する。政党または団体の議長または長が、以下を怠った場合
郡の選挙委員会からの書面による通知から15日以内に代表者を任命する。
選挙管理委員会は、政党又は団体から代表者を任命しなければならない。
ト)郡選挙管理委員会は、各公共機関の選挙に行く三人のチームを任命しなければならない。
第10条 公的機関は、選挙日の前の第1金曜日に選挙を行い、その選挙を行う。理事会の各委員は、次の各号に掲げるものとする。
は、各チームに1名のメンバーを任命する。投票後、各チームは投票用紙を回収して
郡選挙管理委員会の管理下にある安全な封印された容器に未開封のまま置かれるものとする。
第1308条に規定されている不在者投票者の選挙区に配布されるまでの間、理事会は、それらを
(h) 公的不在者投票の申請書には、郡選挙管理委員会が順に番号を付け、他の不在者投票がある場合には、その番号と一緒に数えなければならない。
(h) 県選挙管理委員会は、公式不在者投票の申請書に時系列で番号を付けなければならない。
その番号は、資格のある選挙人の公式不在者投票用紙にも同様に記載されるものとする。番号は、以下のように表示されるものとする。
投票用紙が配布される前に、投票用紙に記載されている番号を、見やすい場所で見やすく表示してから、投票用紙に記載されている番号を切り取るものとする。
郡選挙管理委員会に届け出なければならない。この番号情報は、適切に挿入され、その一部となるものとする。
登録された不在者投票者ファイルおよび軍人、退役軍人および緊急時の民間人の不在者投票者ファイルは、以下で提供されます。
本法第1302.3項
(i)
(1) 不在者投票の申請は、長官が定める物理的な用紙および電子的な用紙を用いて行うものとする。
連邦の。に基づいて不在者投票を申請する選挙人が、その申請書には、以下のように記載されているものとする。
第1301条は、選挙人が選挙日の投票所に選挙人の
不在者投票用紙を選挙人の投票所に提出し、投票用紙と申告書の入った封筒を送金します。
選挙人は、台無しにされる選挙の裁判官に選挙人と18 Pa.C.S.§4904の罰則の対象となる声明に署名します。
(当局への公証されていない偽造に関するもの)も同様の効果がある。このような物理的な申請書は
選挙管理委員会、市庁舎などで自由に利用できるようになっています。
幹事が指定する。このような電子申請書は、以下の方法で自由に利用できるようにするものとする。
一般にアクセス可能な手段。の受信またはアクセスには、書面による申請または個人的な要求は必要ないものとします。
申請書。公式不在者のために記入済みのすべての物理的および電子的な申請書のコピーと記録
投票用紙は、郡選挙管理委員会が保管しなければならない。
(2) この法律のいかなる規定も、民間の団体または個人が白紙の有権者申請書を印刷することを禁止するものではない。
不在者投票用紙を使用する場合、または他の個人による使用を禁止するものとします。
および紙質は、連邦の長官によって承認されています。

 

(j) 本項の規定にかかわらず、資格のある不在者選挙人は、本人確認の証明を必要とする。
の下で不在者投票で投票する権利を有する選挙人の場合は、身分証明書の提出を求められない。
制服外国人不在者投票法(公法99-410, 100 Stat.
高齢者および障害者のための投票アクセシビリティ法(Public Law 98-435, 98 Stat. 1678)に基づく。
(k) 連邦の長官は、すべての資格のある選挙人が投票できる電子システムを開発することができる。
不在者投票を申請し、e.1項に基づく恒久的な不在者有権者としての地位を要求することができるシステムであること。
4ページ中4ページ
刑法第25条第3146.2項
申請者のデジタル化された署名または電子署名をキャプチャすることができる。郡の選挙管理委員会は、申請者が電子化されたまたは電子的に署名したものを
電子システムを介して受信した申請書または要求が、あたかも
郡が使用している紙の形式またはその他の形式。

 


§ 3146.6. 不在選挙人による投票
(a) 第(2)項及び第(3)項に規定する場合を除いては、第(2)項及び第(3)項に規定する場合を除く。
不在者投票ではなく、小選挙区または選挙日の午後8時までに投票しなければなりません。
選挙人は、投票用紙に黒鉛鉛筆で印をつけなければならない。
万年筆やボールペンで鉛筆や青、黒や青黒のインクで
投票用紙に印刷、押印又は捺印された封筒に同封し、確実に封印してください。
“Official Election Ballot “を裏書したもの。この封筒を第2の封筒に入れておくこと。
選挙人の申告書が印刷されており、選挙人の住所が記載されています。
郡の選挙管理委員会及び選挙人の地方選挙区。選挙人は、次のことをしなければならない。
封筒に印刷された宣言書に必要事項を記入し、日付を記入し、署名してください。そのような封筒は
選挙人は、郵便料金を前払いして郵便で送付しなければならない。
選挙管理委員会は、これを、フランクされた場所に置くか、又は直接に当該郡選挙管理委員会に交付する。
(1) (改正により削除)。
選挙人、選挙人の配偶者又は選挙人の被扶養者であって、選挙人の資格を有するもの。
第1301条の規定により、第(e)、(f)、(g)および(h)項から第(e)、(f)、(g)および(h)項のいずれかに該当します。
は、本項に定める不在者投票による議決権行使の場合は、議決権行使書用紙に記載していただきます。
宣言書 書記の定める様式による裏付け宣言書
連邦政府は、部門の長または課長または課長が署名しなければならない。
選挙人の身元を明らかにするために、選挙人が雇用されている局。
選挙人の配偶者又は被扶養者。
(3) 第1302条に基づいて申請した選挙人は、選挙人の配偶者または被扶養者
第(e)項(2)号の場合であって、病気や身体的な理由により署名することができないとき。
障がいがある場合は、次のような宣言をした場合には、署名を免除されるものとします。
成人1名の証人が実質的に次のような形式で証言します。私はここに宣言します
不在者投票の投票宣言書に署名することができません。
病気や身体障害のために字が書けないため、補助を受けたことがあります。
私は、署名に代えて自筆の印鑑を作成したり、補助を受けたりしています。
日付)(印
立会人の住所) (立会人の署名) (立会人の住所) (立会人の署名
(b)
(1) 第1301条の規定により不在者投票を受けて投票した選挙人
は、選挙日に投票所で投票する資格がないものとする。での地区登録簿は

 


各投票所は、受信して投票した選挙人を明確に識別しなければならない。
不在者投票は投票所での投票資格がないとみなされ、地区選挙担当者は投票所での投票資格がないとみなされます。
は、不在者投票を行った選挙人が投票所で投票することを許可してはならない。
(2) 不在者投票を請求した選挙人で、地区の投票用紙に記載されていない選挙人は、投票所で投票することができない。
投票したことを登録した者は、本項の規定に基づく仮投票により投票することができる。
1210(a.4)(1).
第二項の規定にかかわらず、不在者投票を請求する選挙人であって
投票したことが地区登録簿に記載されていない者は、以下の方法で投票することができる。
選挙人が投票用紙と投票用紙の入った封筒を送った場合は、投票所
選挙判事への選挙人の台無し宣言と選挙人の署名
18 Pa.C.C.S.§4904に基づく罰則の対象となる陳述書(宣誓書なしの陳述書に関するもの
当局への改ざん)を実質的に以下の形式で提出してください。
私はここに、私が資格のある登録選挙人であることを宣言します。
私は、不在者投票または郵送による投票を行うことを宣言します。さらに、私は、不在者投票を行っていないことを宣言します。
投票または郵便投票で、不在者投票または郵便投票を送金したこと。
投票用紙と被選挙人の申告書の入った封筒を裁判官に提出します。
私の投票所での選挙は台無しにされてしまうので、私の不在票を要求します。
投票または郵送による投票を無効とする。
(日付)
選挙人の署名) …………………. (選挙人の住所)
選挙の地方裁判官
(c) 25 Pa.C.S.第3511条(投票済み投票用紙の受領に関する)に規定されている場合を除き、以下の通りである。
記入済みの不在者投票は、郡選挙管理委員会の事務所で受け取らなければなりません。
遅くとも小選挙区の選挙日の午後8時までに。

 


刑法第25条第3146.8項
§ 3146.8. 公式不在者投票及び郵送投票の投票依頼
(a) 県の選挙管理委員会は、封印された公式不在者投票用紙を受領した後、次のように述べています。
本条に規定する不在者投票用封筒および本条に規定する郵送投票用紙
第XIII-D条の規定により封印された投票用紙用封筒は、安全に保管されているものとします。
投票用紙は、郡によって投票されるまで、密封またはロックされた容器に保管してください。
選挙管理委員会。民間人、軍人、その他の有権者に発行されているかどうかにかかわらず、不在者投票
通常の申請期間中または緊急申請期間中に、以下の方法で投票を行うものとします。
第(g)項に従って投票するものとする。郵送による投票は、第
(g).
(b) 監視員は、公式の
不在者投票および郵送による投票が開封され、それらの投票が集計されたとき。
を記録しました。
(b.1)(改正により削除)。
(c) 1968年12月11日、P.L. 1183、No.375、§8によって削除された。
(d) 不在選挙人または郵送による選挙人がいることが正当な証拠によって明らかになったときはいつでも
この法律の規定により投票用紙を返送した者が先に死亡したとき。
開票日
選挙人は投票所で否決されたが、不在者の投票の集計は行われない。
選挙人または郵送による選挙人が死亡した場合でも、それ自体が指名または指名を無効にするものではない。
選挙を行うことができます。
(e)(改正により削除)。
(f) 不在者投票の申請に異議を唱える者、不在者投票、不在者投票
本項に定める事由のいずれかに該当する場合は、郵便投票の申請または郵便投票の申請
法は、10ドル(10.00ドル)の合計を現金で郡委員会に預金しなければならない。
は、異議申立が維持された場合、または異議申立が以下の期間内に取り下げられた場合にのみ返金されるものとします。
小選挙区または選挙から5日後。挑戦がいずれかの合法的な方法で却下された場合
の命令が下された場合には、供託金は没収されるものとする。郡議会は、すべての供託金を供託しなければならない。
郡の一般資金の中にある。
第1306条の第(b)項の要件の通知は、以下のように印刷されなければならない。
不在者投票または郵送投票用の封筒をご用意ください。
(g)
(1)

 


(i) 第1301条(a)に定義されている不在者選挙人が投じた不在者投票。
(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(g)および(h)は、本項に基づいて投票するものとする。
に従って投票が投じられ、提出され、受領された場合には、この項を参照してください。
25 Pa.C.C.S. Ch. 35(制服軍人および海外の有権者に関する)の規定を参照のこと。
(ii) 第1301条(i)に定義されている不在者選挙人が投じた不在者投票。
(j), (k), (l), (m), (n)、第1302条(a.3)に基づく不在者投票、または郵送による投票。
郵送選挙人が投じた投票は、本項に従って投票を行うものとする。
の事務所に不在者投票または郵送による投票を受けた場合は、本項の規定に従う。
郡選挙管理委員会は、その日の午後8時までに
小選挙区または選挙。
(1.1)郡選挙管理委員会は、次の日の午前7時前までに会合を開かなければならない。
選挙の日に、会議の前に受信したすべての投票用紙を事前に投票するために。郡委員会
選挙区は、少なくとも48時間前に事前投票会議の通知を行わなければならない。
事前調査会議の通知を公開して、その公開されたアクセス可能な場所に掲示することによって
インターネットサイト。選挙における各候補者の公認代表者1名と
各政党の代表者一名の同席を許される。
不在者投票や郵送による投票が事前に行われている場合。否認された者
事前調査会を傍聴したり、参加したりした場合は、その結果を開示することがあります。
投票終了前の事前投票会議のいずれかの部分を、投票終了前に開催しなければならない。
(2) 県選挙管理委員会は、投票日の投票終了時までに会合を開かなければならない。
選挙の日から選挙後3日目までに開始されます。
不在者投票・郵送投票
会合を行うことができる。本項の会議は、すべての不在者投票が行われるまで継続するものとする。
および投票終了前に届いた郵便投票の投票が行われています。には
郡選挙管理委員会は、投票用紙に反映された票を記録したり、公表したりしてはならない。
投票が終了する前に 投票プロセスは第8回まで続くものとする。
選挙の翌日、25日以内に受領した有効な海外の軍人投票用紙について
Pa.C.S.第 3511 条(投票済み投票用紙の受領に関する)。郡選挙管理委員会は、以下を行うものとする。
公に掲示することにより、少なくとも48時間前までに投票会議の通知を行う。
その公にアクセス可能なインターネットのウェブサイト上での通知。の権限を持つ代表者が一人います。
選挙の各候補者および各政党からの代表者は、それぞれ1名ずつとする。
不在者投票および郵送投票のある部屋に留まることが許可されています。
に投票することができる。
(3) 不在者投票の事前投票又は投票権の行使のために郡委員会が開催されたとき、及び
第一項、第一項第一号及び第二項の規定による郵送投票については、理事会は、その審査を行わなければならない。
第(d)項の規定に基づかない各投票用紙の封筒に宣誓書を記載し、以下のとおりとする。
不在者登録証」と「登記簿謄本」に記載されている情報と比較してください。
郵便投票者ファイル」、不在者リスト、および/または「退役軍人と軍人」のいずれかを選択してください。
緊急民間人不在者投票者ファイル」のいずれかに該当するもの。郡が
理事会は、この法律の下で要求されている本人確認の証明を確認し、納得しています。
に記載されている情報で十分であることを確認した上で、「登録されている

 


Absentee and Mail-in Voters File,” the absentee voters’ list and/or the “Military
Veterans and Emergency Civilians Absentee Voters File” verifies his right to vote,
the county board shall provide a list of the names of electors whose absentee ballots
or mail-in ballots are to be pre-canvassed or canvassed.
(4) All absentee ballots which have not been challenged under section 1302.2(c) and
all mail-in ballots which have not been challenged under section 1302.2-D(a)(2) and
that have been verified under paragraph (3) shall be counted and included with the
returns of the applicable election district as follows:
(i) The county board shall open the envelope of every unchallenged absentee
elector and mail-in elector in such manner as not to destroy the declaration
executed thereon.
(ii) If any of the envelopes on which are printed, stamped or endorsed the words
“Official Election Ballot” contain any text, mark or symbol which reveals the
identity of the elector, the elector’s political affiliation or the elector’s candidate
preference, the envelopes and the ballots contained therein shall be set aside and
declared void.
(iii) The county board shall then break the seals of such envelopes, remove the
ballots and count, compute and tally the votes.
(iv) Following the close of the polls, the county board shall record and publish
the votes reflected on the ballots.
(5) Ballots received whose applications have been challenged and ballots which have
been challenged shall be placed unopened in a secure, safe and sealed container in the
custody of the county board until it shall fix a time and place for a formal hearing of
all such challenges, and notice shall be given where possible to all absentee electors
and mail-in electors thus challenged and to every individual who made a challenge.
The time for the hearing shall not be later than seven (7) days after the deadline for all
challenges to be filed. On the day fixed for said hearing, the county board shall
proceed without delay to hear said challenges, and, in hearing the testimony, the
county board shall not be bound by the Pennsylvania Rules of Evidence. The
testimony presented shall be stenographically recorded and made part of the record of
the hearing.
(6) The decision of the county board in upholding or dismissing any challenge may
be reviewed by the court of common pleas of the county upon a petition filed by any
person aggrieved by the decision of the county board. The appeal shall be taken,
within two (2) days after the decision was made, whether the decision was reduced to
writing or not, to the court of common pleas setting forth the objections to the county
board’s decision and praying for an order reversing the decision.
(7) Pending the final determination of all appeals, the county board shall suspend any
action in canvassing and computing all challenged ballots received under this
subsection irrespective of whether or not appeal was taken from the county board’s

 


を決定します。郡の返礼品の計算が完了した時点で、投票
最終的に決定された異議のある公式不在者投票に投じられた。
(h) 不在者投票または郵送による投票のうち、本人確認のための証明書がないものについては、その旨を記載してください。
(h) 不在者投票または郵送による投票で、本人確認のための証明がなされていないものについ ては、その旨を証明するものとする。
を受信していないか、確認できなかった。
(1)(改正により削除)。
(2) 本人確認のための証明書を6暦年前までに受領して確認した場合
選挙の翌日に、郡選挙管理委員会は、投票を行うものとする。
本款に基づく不在者投票および郵送による投票は、以下のとおりです。
第(g)(2)項を参照のこと。
(3) 被選挙人が、本人確認ができる身分証明書を提出しなかった場合
選挙後6暦日までに郡選挙管理委員会に提出した場合は、その時点で
不在者投票又は郵送による投票は、集計してはならない。
(i) この節の規定にかかわらず、資格を有する不在者選挙人は、その選挙人が投票した投票用紙の数を数えてはならない。
不在者投票の場合は、身分証明書を提出しなければならない
制服外国人不在者投票法に基づく投票用紙
410, 100 Stat. 924)、または、投票のしやすさを考慮した代替投票によるもの。
高齢者・障害者法(公法98-435、98 Stat.1678)。

 


181ページ~210ページまでの翻訳です。

翻訳先になりますこちらで原本の確認ができます

 


 

CBDオイルを節約すると良い結果は遠ざかります。
アメリカの医療治験の話です。
CBD単体成分の利用で治療薬として治験の場合、
1回に50mg、100mg利用するとか・・平均すると100~200mg一日で摂取することで治療効果を確認しているそうです。
CBDは人によって効果の差があります いきなり多く摂取すれば便が緩くなる副作用が起きる場合もあります。
※人により実感できる利用量が20倍までの量の差があります。

 

 

CBDは、体の伝達物質「ホルモン」のバランスを正常に整えます。
 バランスが整える事で臓器が正常に働き、自己治癒能力の正常になり、結果 治癒につながるように思えます。
海外で多くの治療報告がされています 色々な病気を治癒できる可能性があります。
CBDを利用する家庭療法にて治癒報告が多い理由はホルモンバランスを取る能力がとても大きい可能性があるからです。

 

現在、個人の実感、治癒結果はありますが科学的根拠、実験結果が少ない事が医療に利用できない1つの理由でもあります。

 

 

 

ドリームスペルオリジナルCBDオイル500mg(5%)
オーガニック栽培の大麻茎を利用したヨーロッパメーカーにオーダーメイドしました。

                                     ドリームスペルオリジナルCBD500mg/10ml
                                            購入はこちらから

 

 
〇〇〇タロットカード 星 正義 カップの2〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 世界 恋人 カップのA 運命の輪 〇〇〇 
〇〇〇タロットカード 女帝 星 ペンタクルA 太陽 〇〇〇

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 


 

 

・私が思うに体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 細胞単位の痛みを感じられない小さな痛みがストレスとして感じられている気がします。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています 体内に入ると腐食せずに蓄積します) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化をカラダはし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代になりました そちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。

 

ドーピング成分から除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分です 陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #CBD大麻 
 #CBD在庫 
 #CBGオイル 
 #CBD販売 
 #CBD喘息 
 #CBDコロナウイルス 
 #医療大麻 
 #CBD炎症
 #CBD痛み 
 #CBD抗生物質  
 #CBD肺炎 
 #大麻エキス  
 #CBD 
 #抗生物質 
 #CBDコロナウィル治療 
 #CBDコロナウィル治療薬 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

 

Pocket

Translate »