fbpx

癌療法にはいくら必要?部位や治療法によりかかる費用

Pocket

治療費

 

癌療法にはいくら必要?部位や治療法によりかかる費用

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

癌は身近な病気の一つです。現代は医療の進歩と共に癌治療も様々な方法が開発されており、基本的には手術、放射線治療、薬物療法の三つの治療があります。この中で、部位や癌の種類、患者の体質に合わせた治療が行われます。不治の病というイメージから心的負担の大きい癌ですが、同時に気になるのが費用面の負担です。軽い病気や怪我と比べて、治療期間が長くなる癌は、患者にかかる治療費も比例して増加します。しかし、自分の癌を理解し、治療費がどのくらいかかるかを事前に調べておくことで、計画的に治療を受けることができます。今回は、癌治療にかかる費用をご紹介します。

 

手術をした場合にかかる費用

 

手術は、癌となった部位やその周辺組織を取り除く治療法です。癌治療の多くは手術により治療が行われます。早期発見の場合や部位が小さい場合などに行われる治療法で、近年では技術の発展と共に患者への負担が少ない手術法も開発されており、多くの癌治療で手術という方法が選ばれています。手術にかかる費用は、方法により大きく異なります。内視鏡など部位の切開が最低限の術式は数十万円で済みますが、部位を丸ごと取り除く場合、百万円以上かかることがあります。手術方法が大掛かりになればなるほど、かかる費用も比例して大きくなります。また、体を切開する術式の場合、治療法にかかる費用だけでなく入院費もプラスされます。治療費が大きく異なる手術は、手術給付金で段階的に給付金額が変わるものがあります。自分の癌はどの術式で治療がおこなわれるのか、治療にかかる費用はどのくらいか、事前にチェックしておきましょう。

 

 

点滴

 

放射線治療をした場合にかかる費用

 

放射線治療は、癌を発症した部位に放射線を当てることで、癌細胞を破壊するという治療法です。癌の治療法の中でも比較的新しい方法で、手術と比べると患者への負担が少なく、癌の根本的治療や再発防止に使われています。ただし、放射線を浴びせることで周辺組織を傷つけてしまうので、出血や皮膚のただれ、場合によっては二次的な癌の発症につながる可能性もあります。放射線の照射方法は、体の外側から行う外部照射と、放射性物質を体に入れることで内側から行う内部照射があります。癌の部位により方法が異なりますが、いずれも体にかかる負担はゼロではないということを念頭に置いておきましょう。放射線治療にかかる費用は手術と同様で、方法によって費用が大きく異なります。部位が小さい場合は定位放射線照射により治療を行いますが、この場合は六十万円が目安です。一方、重粒子線治療や陽子線治療を行う場合、治療費が大きく跳ね上がり場合によっては三百万円かかるケースもあります。放射線治療は新しい治療法のため、保険適用がどうなっているかを事前にチェックしておきましょう。場合によっては治療費を抑えることもできます。高額になりやすい放射線治療のために、専用の保険も登場しています。これらを活用し、費用を最小限に留めましょう。

 

相談する医者

 

薬物療法をした場合にかかる費用

 

薬物療法は、手術前に患部を縮小させて患者にかかる負担やリスクを軽減させたり、手術で癌の部位を全て取り除けない場合に使われる治療法です。また、術後に癌の再発を予防するためにも用いられます。癌治療で必ず行われる治療法です。癌に使われる薬物療法は、抗がん剤治療と呼ばれます。抗がん剤治療には様々な種類があり、患者の体質や癌の種類によって、その場に適した薬が使用されます。抗がん剤治療は癌の部位だけでなく、全身に対して影響があるのが特徴です。このため、癌周辺の組織だけでなく、目に見えないところで増殖をしている癌細胞に対して効果が期待できます。転移や再発を防ぐためにも、抗がん剤治療は必要不可欠なものです。ただし、全身に影響を及ぼす治療法のため、副作用が起こりやすく患者への負担が大きくなりがちな点があります。抗がん剤治療にかかる費用は、治療計画に基づき大きく左右されます。投薬と休止を繰り返す一つのサイクルを行い、癌に対して効果があるかどうか経過観察を行います。一つのサイクルでかかる費用は、部位や使用する抗がん剤により大きく異なり、最低でも十万円、最高で百万円が目安とされています。

 

医療費

 

おおよその費用の目安

 

癌治療にかかる費用は、部位や治療法により大きく異なります。ここでは癌の死亡率と羅患数を男女別に取り上げ、おおよその費用(医療費総額)の目安をご紹介します。まず、男性の場合、癌の死亡率トップなのが肺癌です。肺癌の場合、入院費用は約六十四万円、入院外費用は約四万円となります。羅患数トップは胃癌で、入院費用は約六十万円、入院外費用は約三万円となります。女性の場合、癌の死亡率トップは大腸癌となります。大腸癌の場合、結腸と直腸で治療費が異なります。結腸癌の入院費用は約六十万円、直腸癌の入院費用は約七十二万円となります。入院外費用は、結腸癌の場合は約四万円、直腸癌の場合は約六万円となります。羅患数トップは乳癌で、入院費用は約五十四万円、入院外費用は約五万円となります。このように癌治療は費用面の負担が大きい病気です。ここで挙げた費用はあくまで目安で、これ以上かかることもあります。癌は治療したら終わり、という病気ではなく、一度発症したら再発のリスクを抱えることになる病気である、ということを知っておきましょう。

 

癌治療に入る前の準備や予防策

 

癌治療は費用面で大きな負担となるものです。部位や治療法によりかかる費用も大きく異なってくるので、治療を行う前に情報収集をしたり医師に確認をするなど、総額でどのくらいの費用がかかるのかを詳しくチェックしておきましょう。また、自分が加入している保険も確認しておきましょう。場合によっては安く治療を受けることができ、費用面の負担を軽減させることができます。総額費用を確認しておくことで、支払い計画を明確にすることができ、事前の心構えもできます。しかし、費用面でも身体面でも大きな負担となる癌は、発症する前に予防することが一番です。健康に気を使い、日常生活の中で気を付けるだけでも、癌の発症リスクを下げることは可能です。

 

がん予防ガイドラインを参考に生活習慣を見直す

 

国立がん研究センターが提示する「科学的根拠に根ざしたがん予防ガイドライン」では、禁煙、節酒、適度な運動、適正体重の維持、食生活の見直しの五つが取り上げられています。この五つの予防ガイドラインを実践した場合、男性は43%のリスク低下、女性は37%のリスク低下と、大きな成果が出ています。禁煙では、肺癌を始めとした胃癌、乳癌、大腸癌といった、死亡率と羅患率が高い癌を予防することができます。たばこは吸わない、受動喫煙も避けるといった生活習慣が、癌発症のリスクを軽減してくれます。節酒は、食道癌と大腸癌の発症リスクを抑えることができ、その他様々な病気の予防にも繋がります。飲酒が日常的になっている方は摂取量を見直し、節酒に繋げるように努力しましょう。適度な運動は、癌全体の発症リスクを下げることができます。身体運動量が多い人は、少ない人に比べ癌の発症率が少ない傾向にあります。階段を使う、通勤や通学に徒歩を取り入れるなど、普段の生活の中で体を動かす習慣を身に付けましょう。

 

適正体重の維持も運動と同様に、癌全体の発症リスクを下げる効果が期待できます。太りすぎも良くないですが、痩せすぎも問題です。癌だけでなく健康のことを踏まえた場合、男性はBMI値を21~27、女性は21~25を維持することが最も良いとされています。食生活の見直しは、塩分の摂りすぎ、熱すぎる食べ物や飲み物を摂取する、野菜や果物を食べない、といった三つのことを改善することで、癌全体の発症リスクを抑えることができます。食事は体を作る資本です。癌だけでなく、健康のためにも自分の食生活を見直してみましょう。

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »