fbpx

CBDを利用する健康法、目安 抗がん剤と併用は?

Pocket

CBDを利用する健康法、目安 抗がん剤と併用は?

CBDを利用する健康法、目安

お客様に印刷したものを同封して送っています こちらが全文ですりあえず見てください
不適合な内容は今後、変更します

CBDヘンプオイル専門ショップ「ドリームスペル」です 今回、ご利用いただきありがとうございます。

ヘンプオイルの飲み方、摂取量の目安を紹介させていただきます。
初めてCBDヘンプオイルを使う方は、体調に合うか確認のためオススメの量のから開始してください

※3000mg、2000mgの方は濃度が濃くいきなり多くの摂取はお勧めできません 米粒サイズの量から始めて3日間、倍の量で3日間、繰り返して体調に合わせて量を摂取ください

※健康維持の方は300mgですと食後4~6滴を目安に その後、1,2週間で体調の良さを実感出来なければ更に1,2滴増やして摂取ください
摂取量を探しだすために 自分の体との相性確認→オススメの量から摂取開始→体調により使う量の増減 手探りだと思いますが見合う使用量を探してみてください

※飲み方-舌下に垂らして1分間、飲み込まずに口内に留めます 1分後、飲み込む又は放置して自然に飲み込みます。(舌下に留める感覚で1分間の圧着 濃度の高いものはすぐに飲み込むと喉に刺激を感じむせます)又は肌に湿布として利用します。

※クリームタイプは患部に多めの量を乗せてその上から大判タイプの絆創膏でパック(1日2,3回交換)することで結果が出たと報告がありました

※ヘボライザー用は吸収率が高いのですがオススメの量がありませんCBD 2mg(1滴1mg)程度摂取から増やしていき体調に合った量を探してください
まずはお勧めの量から開始して1週間経っても感じられない場合、2倍、3倍の量を多く使ってください(急ぎの場合3日間で倍増する方法もあります)体調が良くなったと感じたらしばらく同じ量で使い続けて様子を見ましょう
使用量を増やす場合、回数を多くして量を増やすことが理想かもしれません ご自分の体調に合わせてご利用、お願いします。
口から蒸気が白く出るように吸わないようにします 電気タイプの場合、ダイヤルゲージを一番低く設定して使います。
ゆっくりと気長に吸って、肺に長く留めるように深く、リラックスして吸います(時間を掛けて吸ってください)


CBDを抗癌剤 等の薬と併用することについて記載がありましたので紹介します。


 
CBDを抗癌剤 等の薬と併用することについて記載がありましたので紹介します。

カンナビジオール(ヘンプオイルCBD)を他のがん代替医療や標準治療に併用する際、その作用機序を考察することが大切です。
マウスの実験ではCBDの投与量は最大で5mg/kgで行われています。体重1kg当たり1~5mg程度で効果があるようです。
マウスの代謝速度はヒトの7倍程度ですので、人間の投与量は体重1kg当たり0.2から1mg程度で良いように思われます。
体重50kgで1日10~50mg程度です。
癌の方はCBDオイルを使う場合の一つの目安になります。
例-体重50キロ 10mg~50mg
3000mg(総量10g) ダイヤル1回転-1グラム(300mg) 体重50kgの場合-ダイヤル1/10~ダイヤル1/6
2000mg(総量10g) ダイヤル1回転-1グラム(200mg) 体重50kgの場合-ダイヤル1/10~ダイヤル1/4
1500mg(300滴) 1滴-5mg  体重50kgの場合-2滴~10滴
300mg(300滴) 1滴-1mg  体重50kgの場合-10滴~50滴
Pharmahemp CBD 5%(500mg)10ml 体重50kgの場合-10滴~50滴 CBDのみ入っていますスポイト半分くらいの量をご利用ください
↑こちらの製品は湯煎して固まったオイルを溶かして使う可能性があります(多少使い勝手が悪いかもしれませんが茎の成分を多く含んだ製品です使い勝手が悪いなら湯煎後、追加でオリーブオイルを入れて使用出来ます。)
カンナビジオールは抗がん剤の効果を、性質の悪い副作用なしで強化させることも示唆されている。
※ヘンプオイルの摂取方法 食後3回(味覚が鈍るためヘンプオイルの味を軽減出来ます)
液体、ゲルタイプどちらも少量から始めます 3滴~・ダイヤル1/4以下(米粒程度) 3日間隔で量を倍の量を増やしていきます。
特にCBDの濃度が高い製品は少量から開始してください 最大摂取量として一日1000mgまで摂取可能と海外の医療サイトで見たことはありますが初めての方は開始量は少ない量から始めてください(体質に合うか確認のため)
(銀座東京クリニック抜粋)


体調不良の原因を消去していきましょう

 

体調不良の原因を消去していきましょう

・寄生虫は癌、体調不良の大きな原因になります 腸のに出来た傷から侵入して細胞サイズの寄生虫が体内に寄生→排泄物が原因で細胞が癌化している可能性があります。
日常生活の品でイソプロピルアルコール、プロパノールを使った製品は寄生虫を体内に居続けられるようにしてしまいます。
代謝、抵抗力が落ちますと一気に寄生虫は増殖、排泄物の影響で細胞が癌化するそうです。
「パラストロイ」を利用してくださいドリームスペルにも取り扱っていますハーブ、漢方の入ったカプセルになります(30日分)
健康維持に効果のある私生活の注意点になります。
・体を弱アルカリ性にすることでがん細胞の増殖を防ぎ、減らしていくことが可能です(同封のクエン酸利用を御覧ください)
・食品添加物、化学薬品は洗剤、化粧品等日曜生活から使わない生活に切り替えることをお勧めします。(化学薬品は抵抗力を下げます)
・歯科治療の水銀が使われている詰め物(銀アマルガム・50%が水銀)交換(水銀イオンが常に体内に流れ出しています)歯科健康診断時に水銀の使われている詰め物を聞きましょう簡単に分かります 使われているなら直ぐに交換してください
・ガン細胞は39.3度以上で死滅するそうです ガン細胞は39.3度以上で死滅する←検索ワード
癌は先進国の病気です発展途上国では見られない病気・・化学物質の影響で抵抗力が落ちる事で病気になる可能性があります。

※体のデトックスとしてひまし油湿布を勧めます 「ケイシー ひまし油湿布」にて検索


※クエン酸利用方法まとめ CBDヘンプオイルと併用することを勧めます

 

 

 

※クエン酸利用方法まとめ CBDヘンプオイルと併用することを勧めます
 
カラダ本来の弱アルカリ性体質にするクエン酸、重曹 利用方法(特に癌細胞には効果あり酸性の状態のみ細胞が増えるため)
クエン酸は、神薬です。万能薬です。
しかし食品ですので、病気が治ると宣伝すると薬事法違反で逮捕されかねません。
しかしほとんどの病気はクエン酸を上手につかえばかなりの予防効果と治療効果があります。
殆どの病気の場合、体液は酸性になります。
これを弱アルカリ性にするものがあれば優れた治療薬になりますが、WHOに登録されている約1500の食品、薬品成分表の中で弱アルカリ性にできるのは、ただ一つクエン酸だけであります。
かつて、日本医師会のドンといわれたT会長の所にクエン酸の絶大な効果を、長田正松氏(国連政治文化大学名誉教授)が話しにいったところ、T会長は、クエン酸はだめだめ、もしクエン酸が世の中に広まったら、医者も病院も薬屋も廃業するしかない。
クエン酸が一番良いのはすでにはっきりと判っている、しかし安すぎて商売にならんし、第一、医者がいらなくなるので、とんでもないことだ、といったといいます。』
クエン酸は胃に到達するまでは酸性ですが、十二指腸に入るとすい臓から出た強いアルカリ性の重曹により、クエン酸ソーダとなってアルカリ性に変わります。
体のゴミを掃除してくれ、疲れを回復してくれます。
〇悪循環を断ち切るには、2時間おきに飲む(病気の方には必須です)
クエン酸内服が悪循環を断ち切るのですが、その状態は2時間くらいしか続きません。
ですから1日3回の飲み方では、1日6時間だけこの悪循環を断ち切ることができますが、あとの18時間は悪循環を繰り返すことになります。
これを1日6回の服用にしますと12時間、8回ですと16時間(2時間ごと)悪循環を断ち切る状態が続きます。ですから当然考えられることは、悪循環を断ち切る時間が長いほど効果も大きく、かつ早く現れるということです。
事実、1回5gで1日3回服用の方法でほとんど効果が認められない人に、1回量はその半分にして、その代わり1日6回服用させることにより病状の改善をみた人はたくさんいます。
病状のある人は必ず、1回量は2gくらいでよいから1日6回以上飲む事を勧めます。
ときには2時間ごとに1日8~9回飲むようにすすめ、それを1ヵ月続けさせます。
1ヵ月というのは、ほとんどの人が必ずといってよいほど、病状の改善を自覚できるようになると確信しているからです。
クエン酸は弱った自然治癒力を回復させます 本来、病気は自己治癒力で直します無理なときに手助けするのが薬です クエン酸は治癒力を回復します。
※頻繁に飲むことを勧めています 必ず食用クエン酸(純度の高いもの)使ってくださいご安心ください負担額は多くないです。
※クエン酸の効果的な飲み方(毎日数回利用します重曹を混ぜて飲めば水扱いで飲めます)
ジュースにして甘味料を加え、美味しく飲んでも効果は全く変わりません。
飲んでいる途中で発疹が出たり、胸やけ、胃痛などを感じるようになった場合、1回量を思い切って半分またはそれ以下にして飲み続けると必ず消えます。
それから少しずつ増量していくとよいと思います。
〇胃弱の人の飲み方←オススメ(コントレックスみたいな重い水になります酸っぱく無いです)
胃の弱い人は、少し飲んでも胸やけ、吐き気、腹痛を感じる人が多いようですが、最初はごく少量(0,5g以下でもよい)から始め、慣れるに従って少しずつ増量していくか、あるいは溶液にしてこれに重曹を加え、酸を消して飲むと胃にやさしく飲めます。
重曹を入れると胃によくないのではないかと心配する方もいるようですが、この場合の重曹はクエン酸の酸を消すために全部使われてしまいますので、胃には全く影響がありません。
重曹を加えてできたものはクエン酸ソーダですが、もともとクエン酸は体内でクエン酸ソーダになるのですから、体の中でできるものを先に体外で作って飲むだけのことですから、クエン酸内服の効果は全く変わりません。
〇歯や骨が心配になる人の飲み方
クエン酸を飲むと骨がボロボロになるから飲まないほうがよいと、他人に言われることがよくあるようですが、現実に20年以上もクエン酸を飲み続けてピンピンしている人が非常にたくさんいることをみても、このことが全くウソであることがよくおわかり頂けると思います。
クエン酸はたしかに胃までは酸として働きますが、胃から腸へ下るときに腸から分泌される重曹で中和され、クエン酸ソーダとなって体内に吸収され、血液の中に入って体内を回り、細胞組織の中に取り込まれます。
このクエン酸ソーダはもう酸としての性質は全くないので、骨に対しても全く影響はありません。
ただ飲むときに歯についた場合、酸として働きますから、長い間歯に付着していますと歯を傷めることはありますので、この点は注意してください。水で洗い流してしまえば問題はないと思います。
〇症状別、私のクエン酸の飲ませ方
(1).乳幼児のアレルギーの場合
クエン酸(粉末)5gくらいを、水またはミルクに溶いて哺乳瓶に入れて、1日10回以上飲ませる。飲ませる間隔は、2時間以内とする。
(2).幼児のぜん息、アレルギーの場合
1日量、クエン酸(粉末)5~10gくらいを6~8回、~10回に分けて飲ませる。
学童の場合は、学校で授業の終わる度にクエン酸(粉末)を1gくらい飲ませる。中学生、高校生も同じ。
下校時は2~3時間ごとに1~2gくらい飲ませる。
(3).成人疾患の場合
1回クエン酸2gくらい(5gのプラスチックのスプーンで、すり切りの半分)を1日6回以上飲ませる。
できれば、初めの1ヶ月は2時間ごとに1日8~9回飲ませる。※2gが無理ならそれ以下でも差し支えない。
(4).末期ガンや難病の場合
①.1時間か1時間半ごとに、1,5~2gくらいを1日13~15回、1ヶ月続けさせる。
②.15~20gを800~1,000mlの水に溶いて、1回に盃1杯くらいを1日20~30回、水やお茶代わりに飲むことを1ヶ月続けさせる。※作った分は、その日のうちに飲み終わること。
●病気治療のための一般的なクエン酸の飲ませ方
(1).1回2gくらいを1日6回、食後と食間、12時間
(2).1回2gくらいを1日7回、食後と食間、14時間
(3).2時間ごとに、1回1,5gくらいを1日8~9回、16~18時間
(4).1時間ごとに、1回1gくらいを1日13~15回、15~17時間
(5).30分ごとに、1回0,5gくらいを1日26~30回、15~17時間
※理由、クエン酸が体内で働く時間が長いほど効果も大きく現れるため。
但し、1回2gにこだわることはない。自分の飲める量で差し支えない。
①.慣れれば自然と1回量を増やしていける。
②.飲み方はどのような飲み方でも差し支えない。また、効果も変わらない。
③.途中で発疹、胸やけ、胃痛などの症状が出た場合、ただちに1回量を半分またはそれ以下にする。但し、回数は変えない。
④.重症ほど回数を多くする。
⑤.一般的には(1)(2)を使用、ときには(3)の場合もある。
⑥.クエン酸2gとは、(粉末で)5gのプラスチックのスプーンですり切りの半分。
⑦. 急性・慢性の病気でも良い結果が出る
クエン酸を飲用すると、急性の患者にはすぐ効果が出ると思いますが、慢性の病気の場合は、自然治癒力を回復させ、悪化していく軌道を修正させるためには、それなりの長期にわたって飲む必要があるように思われます。
この場合、初めは効果はあまり目立たないかも知れませんが、次第にはっきりとした効果が必ず現れてくるように感じています。
(るいネットより抜粋)


※症状の重い方のための重曹を使った方法です

 

※症状の重い方のための重曹を使った方法です 
抗がん剤の副作用を中和するのにも役立ちます(重曹)
緊急医療の世界で最も重要な物質の一つがベーキング・ソーダです。つまり料理に使う重炭酸ナトリュムです。
これまでに環境に放出された毒素と、ジャンクフードの食事が結びついてヒトの身体を酸性にしてしまいました。今日では多くの人類、そして私たちの患者の体質はほとんどが酸性化していますし、環境全体も酸性です。そのためpH医学は医学の中心的存在に近づいています。人々をアルカリ型に戻すための過程、全ての生理学的プロセスはpH感受性にあります。
酸化して炎症をおこしては、健全な状態を保つことはできません。重曹はこの酸性に傾いた身体を中和させ、バランスを取るためには非常に役立つ簡単な方法です。
重曹の利用に関して、あなたの身体のpHを測定するにはpHストリップ(酸性、アルカリ性の濃度を計る試験紙)を使用する必要があります。
癌患者の尿検査でのpH度が8~8・1~8・2と最大値を超える必要はありません。一般的に人々の尿のpH度は5~6~6・2で始まりますが、我々が癌治療する場合は最大pH8の値まで迅速に上げる必要があります。我々はこれを過激なアイデアであるとは思っていません。
癌の専門医は化学療法に加えて重曹を利用しています。彼等は何故そうするのでしょうか?それは抗癌剤などの化学薬品の解毒と副作用を中和するために役立つからです。
あなたも、重曹でウランで汚染された土壌をクリーンアップする事ができます。つまり、重曹がウランで汚染された土壌を除染するのと同様、人間の身体の腫瘍を取り除くことができるのです。
非常に毒性の強い物質で科学治療を受けている患者が、医師の目の前で死ぬことが無いのは、重曹に摂取した毒素の量を減衰する力があるからです。幾人かの癌専門医が重曹を使用していることは賢明です。私たちは重曹が腫瘍の大きさを減少させることを知っています。そしてそれが自然発生的なものであるという事も知っています。
酸性環境での癌状態を、アルカリ性の環境に変えることに重曹は役立ちます。癌はこれを好みません。重曹は非常に便利です。
大人は一日当たり茶さじ8杯半です。一部の人はグラスの水に重曹を入れて混ぜるだけですが、ある人はメープル・シロップを混ぜるそうです。私は重曹と糖蜜が好きです。ローマのシモンチーニ博士はいつも砂糖を使っていますが、私は砂糖の使用はお勧めしません。
時には末期患者の場合静脈に重曹を注入することがあります。癌予防のために普段から重曹風呂に入浴することをお勧めします。
そして栄養をとることもお勧めしますが、pHが酸性に傾いたら1日に茶さじ8杯半分の重曹を最大2週間を目安にバランスを整えて下さい。
我々は身体を過度にアルカリ化するために、あまり多くの重曹を使う必要はありません。我々は、pHテストで正確に状態を把握できるからです。
尿と唾液のテストで迅速に結果が出ます。アルカリ性の食事療法で唾液の変化を見る事です。
そして、通常の人は1日に茶さじ2杯半の使用を3日程度摂ることをお勧めします。また午前と午後にpHテストを行い重曹風呂の入浴をお勧めします。
マーク・サーカス博士 重曹療法
※一口メモ ・重曹は放射能を除去するのにも大変効果がありますアメリカ軍が放射能の土壌汚染の対応方法としても使っています。(科学的には証明できていませんがすぐに放射能量が下がるそうです)
※質の良い海塩を一つまみ、蒸留水に入れて、毎日コップ数杯を飲みます。 これで、体内の放射性物質を除去するのに必要なミネラルと痕跡元素を補給できます。
※こちらの方法はPHを計測(尿や唾液)が前提の方法です 体調の悪い方は小さじ8杯半勧めていますが体調によっては受け付けられない方も居ると思います 無理に摂取いただくことはお勧めしません
※重曹の1日の上限は5gとネットで書かれているものもありますが塩分0.27g相当、重曹5gで塩分1.37g相当←こちらを目安に利用してください(食塩摂取量と高血圧症の関係はまったくなかったことが判明されています それより糖分が有害です)
(るいネットより抜粋)


 

統合失調症について問い合わせをいただいています

 

 

統合失調症について問い合わせをいただいています 

こちらの内容を共有致します
佐野博士独自の「統合失調症完全治癒トリプトファン学説」
驚くべきことに赤道直下の日光が強烈に照り付けるブラック・アフリカに於いては統合失調症なる精神病は短期の羅病後は80%が自然に完治している。
ドクター佐野千遥は医学現象を物理学的根拠から出発して理論付け、欧米・日本に於いても生野菜をミキサーで砕いて飲み込んで強烈な太陽に当たれば時間性・論理性を司る神経伝達物質であるトリピトファンが、
そして更には体内時計の役割を演じるメラトニン・セロトニンが人体内で大量に生成され幻覚症状を伴う統合失調症等の精神的病は悉く完治すると結論付けた。
2009年に亡くなったアブラハム・ホッファーは、6000名以上の精神疾患患者を社会復帰させたという記録がある博士ですが、彼は2006年1月、
(医学会から敵対視されていたため)精神科医と医師であることを辞め、栄養士となったそうです。
ホッファー氏は、「統合失調症の遺伝子、良い遺伝子なのですが、正しく食事を摂る必要があります。それは正しくビタミンB群を摂る事です。
このままでは100万年後、全ての人が統合失調症になります。適切なビタミンB群が私達の食料に追加されれば誰も病気にならないでしょう」と言っていました。
(ビタミンB複合体を勧めます ネット通販「iHerb」お手頃価格で販売されています)
「るいネット」抜粋
※脳の前頭前皮質にあるニューロンの発火が減少する「hypofrontality」は、統合失調症の患者でみられる注意力・記憶力・判断力・口頭での説明に対する理解力の低下の根本的な原因であると考えられています。
(るいネットより抜粋)

※CBD+リモネン CBDを使った統合失調症のケアの組み合わせになりますCBDとリモネンは相性の良い組み合わせになります こちらを是非、試してください


まとめ

 

まとめ

※体を本来の体質、アルカリ化(クエン酸利用)にする方法とヘンプオイルを同時利用していただき、早く体調を調整することをお勧めします。
※紹介していますpH試験紙を利用いただき酸性化を常にチェックして体調を管理してください
※クエン酸(小さじ1/3)+重曹(酸っぱさを中和する量)+にがり(スポイトで1滴)コップ1杯に使う量です。 ←白湯で作ると溶けやすいです その後、冷やして飲んでも構いません体を弱アルカリ化するために2時間おきに飲むことを勧めます体調の悪い方にもオススメします。
※ヘンプオイルCBDは癌に関してネットでも話題になっていますが総合的に体のケア目的になります クエン酸で体をアルカリ性にした上でお使いいただければ単体で利用いただくより良い結果を実感いただけると思います。
※体の不調(癌を含む)まず化学薬品の解毒(食品の保存料、ph調整剤、プロピルアルコールや高級アルコール系が使われているシャンプー等の液体洗剤)体の弱アルカリ性を保つことが大切です基本、それだけで体の治癒機能で修復されます 病気の場合、細胞を通常の状態に戻すことは時間がかかりますCBDを補助としてお使いください
※重曹は必ず食用を使用してください シリンゴル重曹(モンゴル産天然重曹2kg1000円程度で購入可能です)
※血圧を下げれば血の巡りが悪くなって元気がなくなり、疲れやすくなり、ガンにかかる比率が上がります。減塩が必要な方はには必要ですが、普通は気にする必要はありません。※食塩はミネラルの豊富な岩塩をお勧めします(るいネット やらなくても良いことをやらせている政治家・官僚・学者・マスコミより抜粋)
※弱アリカリ性に保っても寄生虫を短期間に消滅は厳しいと思いますパラストロイの利用、お勧めします
※クエン酸水+重曹+にがり3,4滴(体調次第で増やす場合有り)ブレンド水1日分まとめて作っていただき水筒に入れることで持ち運び、作る手間を軽減できます。
※岩塩、にがりを利用することでミネラルを補給してください わかりやすい例として、虫歯は体が酸性とミネラル不足が原因です体の不調にも置き換えることが出来ます(千葉の歯医者さんで削らない治療をしている歯科医があります)
※ブドウ糖は癌を増やす栄養源です出来る限り摂取は控えてください
※CBDヘンプオイルは治癒力補助でもあります併用しても問題ありません 今後もお使いいただき、ショップを利用いただけることを希望します。
※こちらに紹介した内容は個人の判断でのご利用になります個人の責任にてご利用、お願いします。
※塩分を多く摂取すると体調に問題のある方は必要以上の摂取は控えてください(それ以外の方は塩分、特に良質な塩分摂取は問題ありません)ちなみに減塩の食品は塩の代わりに化学合成で腐るのを遅らせてる品が多いですどちらが健康的ですか?
※ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。 免疫系が効率的に機能していれば、免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。(クエン酸+重曹水でアルカリ化、免疫系強化、不要な化学物質は摂取しなければある程度の時間はかかりますが癌は消えるということです)
※キトサンは癌細胞に抗腫瘍効果があると鳥取大学農学部の論文にて発表されています詳しくは検索にて「鳥取大学農学部 キトサン 癌」←検索 キチンオリゴ糖、キトサンオリゴ糖の抗腫瘍効果(PDF)
※ミトコンドリア異常(低酸素・血液のpH7.3以下)で人は病気になり死に至ります酸性は体を壊します



◎吸入用、リキッドを取り扱い始めました プロピレングリコールを20%含有しています こちらは健康食品(食用)ではありません
ご利用の方は直接摂取する行為は禁止されています食用ではない精油ですご注意願います 利用回数も利用量も基準がない製品です 少量から初めて良いと思われるまで滴数を徐々に増やしてください(適量を探すため)
最近、アメリカで価格競争が起きています安く販売しているのですが人工化合製のCBD(多くの副作用があり評価が悪い)混ぜることで価格を下げていたり、表記通りの濃度と違ったり、期限切れのものを記載変更するなどの悪質なものも出回っています。

ENDOCA社は合成物を使っていません
他社メーカーで人工香料にて味を付けたものがあります合成物が入った製品はCBD摂取するとアレルギーの原因になる場合があります。
販売当初から他のメーカーよりも価格が安く、安全な原料から製造、人工物を一切使っていない信頼性の高い品を常に供給しています 製品の検査も製造ロットごとに成分分析検査され、データーは常にHPで公開されています。 

DNA操作していない大麻から抽出され、製造ロットごとの厳しい検査にて安心な製品をお届けしています 今後共、ご利用お待ちしています。

 


症状合にわせてどのくらいのCBDオイルを取るべきか?

 

症状合にわせてどのくらいのCBDオイルを取るべきか?

こちらに紹介する推奨量は平均値です、参考として数字をご利用ください。
CBD摂取量は人により変わってきます。
CBDの摂取量の効果は人によって変化します、希望の結果が得られるまで少しずつ徐々に量を増やしてみてください。

THCを含んだ医療大麻、CBDのみの場合と2通りの紹介があります THCは薬事法にて規制されている薬品になるので参考にはならないと思いますが麻成分THC(動)CBD(静)の本来陰陽一体化の摂取が理想ですTHCの効果も知っていただければと思い今回紹介しました。

がん患者の食欲を増やす方法(医療大麻)※こちらは目安です
経口摂取1日 THC2.5mg CBD1mg(又はだけでTHC)6週間利用します

慢性疼痛
1日CBD2.5〜20mg 経口摂取 約25日間利用します

てんかん
CBD 200〜300mg(1日) 経口摂取4.5ヶ月利用

ハンチントン病関連運動障害
体重1/kg CBD10mg(1日) 目安にて経口摂取6週間

睡眠障害
経口摂取 CBD40〜160mg(1日)

多発性硬化症
THC、CBD混合物 2.5〜120mg(1日)2〜15週間毎日経口摂取

統合失調症
CBD40〜1280mg(1日) 毎日4週間経口摂取

緑内障
CBD20〜40mg舌下摂取 ※40mg以上、眼圧上昇の可能性があります(THCは緑内障に効果的)

※日本ではTHCは薬事法にて個人で使用は禁止されています CBD単体でご利用ください

 
 

まとめ 

症状によってCBD摂取量が違います。
CBDを利用して期待どおりにならなかった方、諦めていた人も、摂取量について見直すことをお勧めします。

CBDは一般の薬と違う理由は、過剰摂取しても命を落とす危険がありません安心して利用いただける利点です。

いきなりCBDの量を多く摂取すると拒絶反応が出る方も居ます。
特に高齢者の方はご注意くださいまずはCBD含有量の少ないものから少ない滴数で初める事を勧めます。

CBDを少量から開始して量を増やしていく内、自分に良いと思える反応がある量があります。
何mgCBDを利用して何㎎から変化を感じ取った、等 日頃からチェックする事をお勧め致します。

最初、CBDを体験した時は、何も感じませんでした。
少しずつ量を増やしていくうちに「CBDの利用しているという体感が起きます」気づく時があります。
人により量が違いますので絶対ではありませんが平均すると1日CBD10㎎〜25㎎程で体感する事が多いみたいです。

私は毎日食後に使っています(味覚が鈍っているため飲みやすい)1回に5滴、6滴(5,6mg)1日10mg~12mg舌下摂取しています 最初の頃はケチって4滴☓2回でした 確かに期待通りでしたが使う量がギリギリ感があり6滴に変更しました多少多い方が良いかもしれません

追記
THCa加熱することで精神に影響の出るTHCに変わります 麻本来の成分はTHCaです日干乾燥、加熱などで嗜好品、医療としての麻に変わります 生の麻は精神に影響のないTHCaであるということをご理解いただければと思い追記しました。

※麻について厚生労働省は人体に害のない植物との見解を発表しています アルコール、タバコと比較したら問題のない植物です

 

 

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Translate »