fbpx

自閉症児が再び話すのを助けるCBDオイル

Pocket

自閉症児が再び話すのを助けるCBDオイル

 

 

Kalel Santiagoは幼児の頃に神経芽腫と呼ばれる癌になったそうです。
しかも大人が治療する厳しい治療をしたあとに自閉症と診断されたそうですが・・・これって、薬や手術の影響ですよね?
体の細胞を削って治療してきた彼がCBDを利用することで本来の代謝、抵抗力が復活したみたいです。

 

Kalelに経口CBDスプレーを2日に2回与えた後、学校でいきなり何も喋れなかった彼が発声をしたのですから先生はびっくりしたに違いありません

 

過程を考えても彼の自閉症の原因はがん治療だったはずです。
元々、彼は体力がある体だったのでしょうあのような厳しいがん治療をすれば自閉症と診断されたそうですが体力かせなければ亡くなっています。
自閉症の診断をされたそうなので癌と同じようにキツイ薬を飲んでいたと思います。
今後、キツイ石油化学合成薬を利用しないことを祈っています。

 

 


自閉症児が再び話すのを助けるCBDオイル

 

 

プエルトリコのKalel Santiagoが神経芽腫と呼ばれるまれな癌を生き延びたとき、両親のAbielとGladysは、2年間の激しい手術、放射線療法、化学療法の治療がうまくいったことを嬉しく思っていました。
大丈夫になるだろう。
しかし、病院にいる​​間、彼らは手の羽ばたきや足指の歩行など、それらを邪魔した行動に気付き始めました。
最悪の場合、彼は全く話すことができませんでした。
3歳の時、カレルは重度の自閉症と診断された。

 

 

AbielとGladysは、自閉症に関するすべてのことについてクラッシュコースを与えました。
そして、Kalelが彼らの小さな男の子が繁栄した地域の特別なサーフセラピー学校に受け入れられるほど幸運でした。
彼の新しい学校で楽しく暮らしても、Kalelはまだ完全に話すことができませんでした。

 

 

その後、サンティアゴの家族は、自閉症の治療のCBDオイルの可能性について読んで、それを試みることに決めました。
彼らが購入したCBD油は、米国では合法的な大麻油に由来していました。
Kalelに経口CBDスプレーを2日に2回与えた後、その結果は奇跡的ではありませんでした。
彼らはKalelの先生から、彼らが何を治療しようとしているかを聞いてきました。
その日、Kalelが突然学校で話したからです!最初、彼はA、E、I、O、Uの母音だけしか言えませんでしたが、両親の喜びには、子音、母音、完全な文章がすぐに追加されました。

 

 

 

「彼は世界に目を覚ますように目を覚ますようにつながっている」とアビエルは語った。
“彼はあなたの目であなたを見ている、彼はさまざまなことを言いようとしていると私たちが言っているものを模倣。
彼は私の2人の子供の名前、「叔母」、「叔母」、と言っています。私が説明できない素晴らしいことだ」

 

 

このような事件の証拠は、ウェブ全体で見出すことができます。
何千もの親が、子供の衰弱した健康状態の治療において、麻とマリファナの両方から得られるCBDオイルの奇跡的な治癒能力を確認しています。

 

 

2013年に、スタンフォード大学の神経学科の研究者は、重度のてんかんの治療におけるCBD強化マリファナの使用を調査するための調査を行った。
調査に参加した両親は、この子どもの治療方法に関する情報を共有するために献身したFacebookグループのメンバーでした。
19の反応が試験の基準に合致した:CBDが豊富な大麻を用いたてんかん診断と治療。
癲癇の原因は多岐にわたっていました。
子供の13人はDravet症候群であり、4 人はDoose症候群であり、1人はLennox-Gastaut症候群であり、最終的な子供は特発性てんかんであった。

 

 

両親の80%以上(19人のうち16人)が、CBDが豊富なマリファナを使用している場合、子供が発作を起こした頻度を減らすと報告しています。
2人の子供が発作を完全に止めた。
発作頻度は子供の8人で80%減少し、6人は発作頻度を25〜60%低下させたと報告している。
両親は、発作の頻度を減らすことに加えて、覚醒度の向上、気分の改善、睡眠の質の向上など、他の有益な結果も報告しました。
観察された唯一の副作用は眠気と疲労でした。

 

 

研究者や科学者は、CBD油がこのような壊滅的な診断を受けた子供たちにどんな奇跡的な利益をもたらしているのかを発見するために研究を進めようとしています。
それでも、ClinicalTrials.govに現在登録されている400件の臨床マリファナ試験のうち、1つではなく、この可能性を検討しています。
なぜだろう?

 

 


 

少子化の原因は石油合成化学薬品汚染なのか?

 

野生のレタスは自然の最も強い鎮痛剤

 

毎日2つの卵を食べることで体に起こる23の事柄とは?

 


                

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »